ベトナム
グルメ
ベトナム文化の一部に触れよう

ホテルで楽しむ! ベトナムの“お持ち帰り”ローカルグルメ10選

著者撮影 朝食にバインミーを買う人

ベトナムの魅力のひとつに「料理を気軽にお持ち帰りできること」が挙げられます。

ホテルの朝食もいいけれど、現地で生活するように屋台で買って食べてみたいとき、ラフな格好で食事を楽しみたいとき、散策に疲れたとき・・・そんな場合は、レストランや食堂でお持ち帰りをするいう方法も。

お部屋で料理を楽しんだ後は、休憩がてらガイドブックやWEBサイトを見ながら次のプランを考えたり、少しお昼寝してみたり。そんな体験も、きっと旅の良い思い出となることでしょう。

本文を読む


著者撮影 路地裏に並んだ屋台

屋台から高級レストランまで、お持ち帰りができるお店の多いベトナム。注文するときは英語で「take away」、またはベトナム語で「mang về(マンベー)」と伝えましょう。ベトナム語の場合、発音や音の抑揚は特に気にせず、店員さんに「マンベー」とカタカナ読みで伝えても大抵分かってもらえます。

ということで、今回は筆者がベトナムでお持ち帰りした料理やデザート10品をご紹介したいと思います。
 

おつまみ・料理

1.ベトナム版コーンバター・Bắp xào(バップサオ)

著者撮影 

とうもろこしをバター(マーガリン)で炒め、干しエビ・ネギ・砂糖を入れて炒めたおつまみ。お好みで最後にチリソースをかけてもらいます。

 

2.フエ名物の米粉料理・Bánh bèo(バインベオ)

著者撮影
ベンタイン市場内の人気屋台にて購入しました。モチモチ食感のいろいろな米粉料理を楽しめますよ。

 

3.揚げ餅の卵とじ・Bột chiên(ボッチン)

著者撮影

おやつや軽食として学生を中心に食べられているボッチン。お好みで最後にチリソースを。

 

4.ベトナムハム

著者撮影

おつまみにピッタリの豚耳や木耳入りのベトナムハムと、コンビニで購入したベトナムビール「333」。塩こしょう付きです。

 

5.ベトナムのサンドイッチ・Bánh mì(バインミー)

著者撮影

日本でも広く知られるようになった人気のバインミーは、ベトナムハムなどのメインの具・レバーパテ・なますやきゅうり・パクチ―などを挟んだアジアンなサンドイッチ。ベトナムには街の至るところに屋台があります。バインミーコーナーのあるコンビニでは、注文を受けてから店員さんが作ってくれます。気軽に買えて、とっても美味しいので、お持ち帰りを試すならまずはバインミーがおすすめです!

 

6.大衆食堂の定食

著者撮影

店頭にずらりと並んだおかずを指さし注文するシステムの大衆食堂では、このようにパックに詰めてもらえます。写真は揚げ魚と空芯菜の炒めもの。定食がそのまま1つのパックに詰められていて食べやすいです。

 

7.麺料理

著者撮影

麺料理もこの通りお持ち帰りOK。別々に包まれた麺、スープ&具、辛味調味料を器にすべて入れ、お部屋で仕上げていただきます。

 

デザート・ドリンク

8.バナナのチェー・Chè chuối(チェー・チュオイ)

著者撮影

バナナをもち米で包み、バナナの葉にくるんで焼いたものに、タピオカとココナッツミルクをかけた温かいデザート。

 

9.ベトナム版プリン・Bánh flan(バインフラン)

著者撮影

プリン専門店で買ったところ、このようにカップに入れてくれ、スプーンも付けてくれました。食べる頃には少し溶けてしまっていましたが、とろとろでそれもまた美味しかったです。

 

10.ベトナムコーヒー・Cà phê(カーフェー)

著者撮影

アイスのベトナムコーヒーをお持ち帰りでお願いし、初めてこの包装を見たときは「よく考えられているなぁ」と思ったものです。包装に無駄がない上、バイクでも持ち帰れるようにと持ち手が付いています!

 

テイクアウトで買うことはもちろん、食べきれなかった料理をお持ち帰りすることもできますので、ベトナム旅行の際に機会があれば試してみてください。

 

(text & photo:グッチ)

【連載】ぐるりホーチミン歩き 〜美味しいと可愛いを探して〜



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード