ラオス
カルチャー
ビエンチャンの街中でアクセス良好

ラオス・ビエンチャンでシルク織物の制作風景を見学しよう

著者撮影

私がラオスのことが好きな理由。一つは食べ物が何でも美味しいところ、もう一つは素晴らしい織物があることです。

ラオスの織物は北タイの織物に似ているけれど、落ち着いた色柄の印象があり、それがまた良いのです。

ビエンチャンの街中にあるLao Textiles by Carol Cassidyでラオスシルクの制作風景を見学できること知り、行ってみました。

本文を読む


Lao Textiles by Carol Cassidy があるのは、ビエンチャンの街中。街の中心にあるナンプー広場からも徒歩3分ほどと近いです。


著者撮影

コロニアル調の歴史ありそうな建物で、フランスの植民地時代からの建物なんだそう。


著者撮影

Lao Textiles by Carol Cassidyは、アメリカ人のCarol Cassidyさんによって1990年に設立されました。彼女が採用した40人のラオスの職人によって手織りされた、ラオスシルク100%の壁掛け、スカーフ、ショール、などが展示・販売されています。

館内に足を踏み入れると、ラオスシルクの織物が所狭しと飾ってありました。販売もされていて、どれも高価だけれど、ほれぼれするほど美しい。

残念ながら館内は写真禁止。外なら写真を撮っていいよってことだったので、お庭の方をご紹介します。


著者撮影

お庭にはシルクの糸が干されていました。陽の光を浴びて上品な光沢を放っています。美しい。


著者撮影

お庭の奥は作業場になっていて、数十人の方が作業をされていました。写真を撮るときには声をかけてくださいという看板がありましたが、声をかけると皆さん快くOKしてくれました。

これはシルクの糸を紡いでいるところ。糸車をリズムよくカラカラと回していきます。


著者撮影

奥の方には機織り機が何台も並んでいて、それぞれ集中して仕事に取り組んでいらっしゃいました。


著者撮影

模様を確認しながら、様々な糸を織り込んでいく様子を見ていると気が遠くなりそう。すごく根気のいる作業です。


著者撮影

こうやって作られたラオスの織物だから、あれだけ美しく、そして高価なんだと納得しました。制作の様子を見てみると、その価値がよくわかります。

以上、Lao Textiles by Carol Cassidy についてご紹介しました。街の中心部にありアクセスが良いので、ビエンチャンに行く機会があればぜひ訪れてみてください。おすすめです。

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます