フィリピン
観光
フィリピン英語留学に向けてオンライン英会話で実力アップ!

世界遺産でも自宅でも!ハイブリッドに英語を勉強しよう

ドス・パルマス・アイランド・リゾート ©PMES

海外旅行が難しい日々が続いていますが、こんな時こそ英語力をアップするのに絶好のチャンス!今回ご紹介するのは、海外に行けない今のうちにオンラインで英語を勉強しておいて、自由に海外に行けるようになったらフィリピンの世界遺産「プエルト・プリンセサ地下河川」があるパラワン島でリゾート留学を楽しむ!というハイブリッドに英語を勉強するプラン。実際にパラワン島で親子留学を体験した時の様子や、最近始めたオンライン英会話についてご紹介します。

本文を読む


 

フィリピンのパラワン島とは?


ドス・パルマス・アイランド・リゾートで餌付け体験!photo:世界遺産イェーイ!

フィリピン南西部のパラワン島は、アメリカの旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』で「世界で最も美しい島」として紹介されたこともある、手つかずの自然を満喫できる島。世界遺産「プエルト・プリンセサ地下河川」や、フィリピン随一の美しさを誇るエルニドもパラワン島にあります。パラワン島には近年英会話学校も増えてきており、英語も勉強したいし、大自然も楽しみたい!という欲張り派な学生に人気の留学先となっています。私は2年前、当時5歳の娘と一緒に親子留学を体験したので、その時の様子をご紹介します。

 

ボートに乗っての洞窟探検!
世界遺産「プエルト・プリンセサ地下河川国立公園」

まずはお楽しみの部分ということでパラワン島のアクティビティについて。一見遊んでいるようですが、実はアクティビティを通じて英語を使うのが英会話実践編でもあります。旅行代理店でアクティビティを予約する時、ツアーガイドさんとのやりとり、ツアーに参加している他のメンバーとの会話など、英語を実際に使うのが勉強になるんです!


photo:世界遺産イェーイ!

こちらはパラワン島を訪れたら絶対に外せない「プエルト・プリンセサ地下河川」。世界遺産に登録されており、世界中から観光客が訪れる人気のスポットです。地下河川とは、洞窟の下を流れる川のことで、プエルト・プリンセサの地下河川は8.2キロと世界最長です。


photo:世界遺産イェーイ!

ヘルメットを装着し、真っ暗な洞窟に小さな手漕ぎボートで入って行くと、内部には、マリア像にキリスト像、キノコなど様々な形の鍾乳石が!ボートを漕いでいるスタッフが懐中電灯で奇岩や鍾乳石を照らしてくれます。神秘的な世界を堪能しましょう。

 

遊ぶ時は遊ぶ!海に山にアクティビティ三昧

世界遺産以外にも、パラワン島には魅力的なアクティビティが揃っています。


「ウーゴンロック」という鍾乳洞にて photo:世界遺産イェーイ!

こちらは鍾乳洞を登ってジップラインでスーパーマンのように滑り降りてくるジップライン。私は生きた心地がしなかったですが、一度はトライしてみたいですよね。


photo:世界遺産イェーイ!

マリン・アクティビティも充実しています。こちらは1島1リゾートの「ドス・パルマス・アイランド・リゾート」。透明度が高くシュノーケリングをすると、カラフルな魚たちがたくさん見えます。留学中、土日のレッスンがない時を利用して、息抜きにリゾートを訪れるのも思い出に残る過ごし方です。

 

パラワン島でマンツーマン英語留学

私たちはPMESという、日本人の方が経営するマンツーマンの英語学校に留学しました。フィリピン留学というと心配なのが治安ですが、PMESがあるプエルト・プリンセサ市内は、娘と2人で夕食に出かけても問題ないほど安全でした。


巨大ショッピングモールで何でも買えます photo:世界遺産イェーイ!

母親である私は1日5時間のマンツーマン授業を1週間。パラワン島留学は、決して遊んでばかりではなく月曜から金曜はみっちりと勉強です!(土日はお休み。)

レッスン内容は、レストランや博物館への取材を目的とした実践型授業。問答集を考え先生と練習しました。カリキュラムに従ってガチガチに進めていくというよりは、留学生の目的とレベルに合わせて授業をアレンジしていくスタイルです。ちなみに私の英語力は旅行英会話が精一杯なレベルなので5時間のレッスンが終わるとヘロヘロに。


工作をしながら単語を覚えていきます photo:世界遺産イェーイ!

当時5歳だった娘は1日5時間のマンツーマン授業を2週間受けました。留学以前はあまり英語の勉強をしていなかったので、最初はどうなるかと思いましたが、遊びの中で自然に英語と親しむというスタイルのレッスンで先生と打ち解けて、概ね楽しくレッスンを受けていました。


レッスンが終わった後は先生と英語でUNO! photo:世界遺産イェーイ!

この留学が終わり、私は苦手だった雑談が少しずつ楽しくなってきたような気がしました。英語を話すのを嫌がっていた娘も、英語で挨拶をしたり、年齢を聞かれたら答えたりするようになっていました。

1年後、娘が小学1年生の時もPMESで2週間の親子留学へ。2年目ということで、私もだんだん慣れてきて以前よりも口から英語がスラスラと出てくるようになってきました。娘も小学1年生ともなると、5歳の時には難しかった英語の読み書きも少しずつできるように。フィリピンはレストランなどでも英語が通じるので、娘本人も英語が話せると色々な人とコミュニケーションが取れて楽しい!というのを感じていたようでした。

 

自宅でも英語力アップ!オンライン英会話スタート

そして2020年になり新型コロナウィルスの影響で約3ヶ月間休校に・・・これは今しかない!ということで、もともと興味があったオンライン英会話「ネイティブキャンプ」に小学2年生の娘と一緒にチャレンジしてみました。


photo:世界遺産イェーイ!

レッスンは1回25分、月額6480円で受け放題。会員の家族は月額1980円で受け放題というお得なファミリープランを利用できます。先生は毎回選ぶことができるのですが、国籍はフィリピンが圧倒的に多いです。私は基本的な英会話や文法を中心としたレッスンを受けてみました。英語を話すのが久しぶりで頭も口もまわらなかったのですが、褒め上手な先生が表情豊かに教えてくれたおかげで、楽しくレッスンを受けることができました。


photo:世界遺産イェーイ!

娘は「LET‘S GO」と「LET‘S GO Phonics」という世界中で使われている子供向けの教材を使ってレッスンを受けています。

娘のレッスンの感想ですが、こちらも想像していたよりは集中してレッスンを受けていました。先生が子供の扱いにとても慣れていて、例えば動物の単語が出てくるレッスンなら動物のぬいぐるみを用意してくれたり、食べ物ならアイスやピザのおもちゃを見せてくれたりと、子供がわかりやすいように工夫してくれます。クイズに正解したりすると、体全体を使ったジェスチャーで大げさに褒めちぎってくれるので、娘も嬉しそうでした。オンライン英会話ではフィリピンの先生からレッスンを受けることが多かったのですが、以前にパラワン島で教わった先生とジェスチャーが似ているため、娘は親近感を覚えていたようです。

 

フィリピンでも自宅でも!ハイブリッドに勉強するのが効果的


photo:世界遺産イェーイ!

パラワン島とオンライ英会話を体験してみて、やはり両方組み合わせて勉強するのが効果的だと感じました。

オンライン英会話は、いつでもどこでも勉強できますし、ネットのトラブルもほとんどなく、先生が隣にいるように違和感なくレッスンを受講できます。

パラワン留学の魅力としては、英語漬けの環境を作れる、土日はパラワン島ならではのアクティビティを楽しめる、日常で英語を使える、先生と仲良くなれるなどが挙げられます。

海外に行けない時はオンライン英会話でブラッシュアップしておいて、長期休暇の時はパラワン留学で一気に英語力アップというのがおすすめのプラン。両方を組み合わせることによって、英語の勉強を継続することができます。

最近オンライン英会話を始める方が増えているそうです。私も英語がペラペラとは程遠いですが、いつかパラワン島で留学できる日に向けて少しずつオンライン英会話で準備しておこうと思います。

(text : 鈴木かの子)

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます