タイ
観光
東南アジアのおすすめ周遊パターン vol.4

タイにプラス1カ国! バンコクを拠点に周遊旅行を楽しもう【後編】

©︎TRIPPING!

日本から直行便で6時間程とアクセスしやすく、観光にグルメ、ショッピング、マッサージなど見どころが盛りだくさんなタイの首都バンコク。今回は、そんなバンコクから飛行機で片道3時間以内で行ける、東南アジア各国の人気都市を前編・後編にまとめて紹介。東南アジアで楽しむ周遊旅行の参考にしてみて!

★【前編】はこちら

本文を読む


コロニアル建築やパゴダ巡りも!ミャンマー最大の都市ヤンゴン


写真提供:日本アセアンセンター

■飛行時間 : 約1時間15分〜55分
■航空会社 : タイ国際航空、ミャンマー・ナショナル航空、ミャンマー国際航空、バンコク・エアウェイズ、タイ・スマイル、タイ・ライオン・エアなど

ミャンマーの経済の中心地であり、世界中の旅行者が集まる観光都市でもあるヤンゴン。街にはコロニアル建築が点在しており、東南アジアで最も植民地時代の建築が多く残る街と言われている。観光では、敬虔な仏教国として知られるミャンマーならではのパワースポット、パゴダ巡りもおすすめ。地元の人々から拝観マナーを習い、ミャンマー式で願い事をしてみては?

 

ローカルな魅力溢れる世界遺産の街、ルアンパバーン


©︎TRIPPING!

■飛行時間 : 約1時間20分
■航空会社 : バンコクエアウェイズ、ラオス国営航空、タイ・エアアジアなど

世界遺産にも登録されているルアンパバーンは、ラオス北部の古都。かつてランサン王国の都があった場所で、仏教信仰の中枢を担っていたこともあり、ワット・シェーンやワット・マイなど数々の寺院が点在している。また、早朝には僧侶たちによって行われる托鉢を見学することもできる。

 

メコン川沿いに佇むラオスの首都ビエンチャン


写真提供:日本アセアンセンター

■飛行時間 : 約1時間15分
■航空会社 : タイ国際航空、バンコクエアウェイズ、タイ・スマイル、ラオス国営航空、タイ・エアアジアなど

ビエンチャンは、メコン川沿いに佇むラオスの首都。ゆったりとした空気の流れる街だが、パリの凱旋門を模して作られた展望スポットのパトゥーサイや、街のシンボルにもなっている金色のお寺タート・ルアンなどの見どころも多い。夕暮れどきは川沿いで開かれるナイトマーケットにも足を運んでみて。

 

ビーチも世界遺産も楽しめる!マレーシアのペナン島


写真提供:ペナン州観光局

■飛行時間 : 約1時間30分
■航空会社 : タイ・スマイル、タイ・エアアジアなど

マレーシアの北西部に浮かぶペナン島は、人気のリゾート地。ビーチは、降水量が少なくなる12月〜2月にベストシーズンを迎えるが、基本的には1年を通して遊泳可能。また、2008年に世界遺産に登録されたジョージタウンでは、アジアとヨーロッパの貿易の拠点として発展したユニークな街並みを楽しむことができる。

LCCの発展もあり、より速く、より安く移動ができるようになった東南アジア。バンコクを拠点に、周遊旅行を楽しんでみてはいかがだろうか。

【シリーズ】東南アジアのおすすめ周遊パターン


何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム