ミャンマー
観光
今行きたい!ミャンマー周遊旅行 vol.2

ミャンマーで欲張り周遊旅行! 神秘的な世界遺産、バガンへ

写真提供:日本アセアンセンター

空高くそびえ立つ黄金の仏塔や、平原に林立する無数の仏教遺跡が織りなす神秘的な光景が広がる国、ミャンマー。ミャンマーを旅すると心に刻まれる感動の瞬間に何度も出合うことができる。

2018年から試行されていた、日本・韓国の旅行者を対象とした観光ビザ免除が、2020年9月30日まで延長されることも決まり、より渡航しやすくなっているミャンマーは、まさに“今行きたい旅先”。

特集「今行きたい!ミャンマー周遊旅行」第二弾は、2019年に世界遺産に登録されたことで話題のバガンをご紹介! 心奪われる景色を探して仏教遺跡を巡る、ロマンあふれる旅に出かけよう。

※観光目的の30日以内の滞在が対象など、各種条件あり

本文を読む


 

世界遺産の街、バガン

世界三大仏教遺跡のひとつであるバガンは、2019年にユネスコ世界遺産に登録されたアジア最大級の仏教遺跡。平原に無数の仏塔が立ち並ぶ光景は、今までに見たことのない神秘的なもの。バガンが位置するのはミャンマー中央部。空の玄関口はニャウンウー空港で、ミャンマーの主要都市から国内線が運行している。バガンの入域料は、1人1回25,000チャットで3日間の滞在まで有効。支払いは空港や、町にある入域料カウンターで済ませる。

■地図

■アクセス
・ヤンゴンから:飛行機で約1時間〜1時間20分/バスで約8時間
・マンダレーから:飛行機で約30分/バスで約5時間
・インレー湖(ヘーホー)から:飛行機で約40分/バスで約7時間

■ベストシーズン
乾季の11月〜2月(最高気温30度前後 最低気温15度前後)

 

バガンでやりたい4つのこと
【その1】仏教遺跡群巡りとサンセット鑑賞


©︎TRIPPING!

バガンはビルマ族による最初の統一王朝が築いた古都で、都として栄えた11世紀から13世紀の間に、約40k㎡の王都に数え切れないほどの仏塔が建設され、今も3,000を超える仏塔が遺跡として残っている。どこまでも続く平原に遺跡が点在する姿は、ほかではあまり見られない貴重な光景。


©︎TRIPPING!

©︎TRIPPING!

広大かつ昼間には気温の上昇する仏教遺跡群を散策するならタクシーをチャーターするのがおすすめ。遺跡の情緒をさらに味わうなら馬車も一案だ。どちらも旅行会社や宿泊先で手配してもらうとスムーズ。体力に自信がある人は、レンタルサイクルの利用も。

©︎TRIPPING!

仏教遺跡群を一望する場所でサンセットを鑑賞するのもバガン旅行で欠かせないことのひとつ。「バガン・ビューイング・タワー」は、5つ星ホテルの「オーレム パレス ホテル & リゾート バガン」に併設する展望タワー。高さは約60mあり、最上階の13階はオープンデッキになっていて、遺跡群を360度見渡すことができる。入場料は5USD。


写真提供:日本アセアンセンター

©︎TRIPPING!

■バガン・ビューイング・タワー
https://www.aureumpalacehotelandresortbagan.com/experience-bagan/nan-myint-tower

 

バガンでやりたい4つのこと
【その2】寺院巡り

仏教遺跡群の周辺に点在するパゴダは、ユニークなものばかり。バガンで訪れたいパゴダはこちら。

シュエジーゴン・パゴダ


©︎TRIPPING!

「シュエジーゴン・パゴダ」はバガンを代表するパゴダで、仏塔も基壇も金箔で覆われ、太陽の光を反射し黄金に輝く姿は圧巻。11世紀にバガン王朝屈指の征服王であるアノーヤター王によって建設がはじまり、次代のチャンシッター王が完成させた。他のパゴダに比べて太さがありふっくらとしている仏塔のフォルムは、権力の象徴と言われている。


©︎TRIPPING!

約3㎝四方の金箔を購入して貼ることのできる仏像も ©︎TRIPPING!
境内にある小さなお堂に祀られた恰幅のいい仏像は、家内安全、無病息災など、自分の身のまわりのことを祈祷する仏像で、宝くじの当選を祈る人も多いそう。

アーナンダ寺院


©︎TRIPPING!

バガンの中心的寺院として知られるのは、遺跡群の中心に佇む「アーナンダ寺院」だ。約63m四方の建物の上に黄金の仏塔がそびえる佇まいは“バガンで最も美しい寺院”と称される所以。


©︎TRIPPING!

本堂には東西南北に入口がありそれぞれに高さ約10mの黄金の立像が祀られている。そのうち、南北の立像は1091年の創建当時の姿を今に残している。

タビニュ寺院


©︎TRIPPING!

「タビニュ寺院」は2層構造の建物に3段の基壇と仏塔がそびえる、バガンで一番高い寺院。その高さは約65m。現在は1階部分のみ見学ができ、東西南北に仏像が祀られている。


©︎TRIPPING!

©︎TRIPPING!

「タビニュ寺院」の仏像の特徴は大きな顔にあり、表情はどれも穏やか。なお、寺院の向かいには日本人戦没者慰霊碑を祀る「タビニュ僧院」があり、実は日本人に所縁のある場所なのだ。

ダマヤンジー寺院


©︎TRIPPING!

ピラミッドのような規則正しい造りが特徴の「ダマヤンジー寺院」は、12世紀にナラトゥー王によって建てられた寺院。造りは「アーナンダ寺院」に酷似しているが、レンガ造りで重々しい雰囲気は華やかな「アーナンダ寺院」とは異なり、“幽霊寺院”の異名を持つ。


アーナンダ寺院と同じく東西南北に入口があり、
それぞれに仏像が祀られている
©︎TRIPPING!

©︎TRIPPING!

寺院の建設をはじめたナラトゥー王は、王の座を狙い実父と実兄を暗殺した悪名高い人物。そのナラトゥー王も即位して間も無く暗殺されたため寺院はいまだに未完成。その忌々しい歴史から、幽霊が出る寺院と噂されるようになったそう。

 

バガンでやりたい4つのこと
【その3】漆工房を見学する

©︎TRIPPING!

ミャンマーの特産品である漆工芸品はバガン王朝時代から作られていて、今でもバガンには大小の工房が点在している。漆工房のひとつ「ウーバーイェン」は、旅行者も見学できる工房で、漆工芸品のショップも併設している。


©︎TRIPPING!

©︎TRIPPING!

竹と馬の尻尾を編んで器や工芸品の形を作りそこに漆を何度も重ね模様をつけるという伝統的な技法で作られた漆工芸品は、品質の良いものばかり。繊細な作業が多く、ものによっては完成までに数ヶ月かかる場合もあるそう。


©︎TRIPPING!

©︎TRIPPING!

ショップには器やカップ、小物入れなどのアイテムも並んでいるので、お土産探しに訪れるのもおすすめ。

 

ヤンゴンでやりたい6つのこと
【その4】遺跡を望むホテルにステイする

バガンに滞在するなら遺跡群至近のリゾートホテルに宿泊してみるのはいかがだろうか。

オーレム パレス ホテル & リゾート バガン

©︎TRIPPING!

「オーレム パレス ホテル & リゾート バガン」は、仏教遺跡群を一望できる絶好のロケーションが魅力のバガンを代表する高級リゾート。


©︎Aureum Palace hotel and resort

©︎Aureum Palace hotel and resort

“遺跡ビュー”のインフィニティプールからの眺めは贅沢そのもの。夕暮れどきにはプールの水面に仏塔とココ椰子のシルエットが映り幻想的。リゾートのゲストは併設する「バガン・ビューイング・タワー」に無料で何度でも上ることができる。

■オーレム パレス ホテル & リゾート バガン
https://www.aureumpalacehotelandresortbagan.com/

バガン ティリピセヤ サンクチュアリ リゾート


©︎ Bagan Thiripyistaya Sanctuary Resort

オールド・バガンのリバーフロントに滞在するなら「バガン ティリピセヤ サンクチュアリ リゾート」へ。エーヤワディー川沿いに広がる敷地には、ビルディングタイプやヴィラタイプなどそれぞれに特徴が異なる7カテゴリーの客室が揃い、好みや予算によって選ぶことができる。


©︎ Bagan Thiripyistaya Sanctuary Resort

©︎ Bagan Thiripyistaya Sanctuary Resort

■バガン ティリピセヤ サンクチュアリ リゾート
http://www.thiripyitsaya-resort.com/

 
特集「今行きたい!ミャンマー周遊旅行」vol.3では、ミャンマー最後の王朝がおかれた古都、マンダレーへ。

 

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム