ミャンマー
カルチャー
長閑な風景の中に佇む

1140年創建! バガンで一番の高さを誇る「タビニュ寺院」

©︎TRIPPING!

ミャンマーの世界遺産バガンにある「タビニュ寺院」は2層構造の建物に3段の基壇と仏塔がそびえる、バガンで一番高い寺院。1140年にアラウンズィトゥ王によって建てられ、約65mの高さを誇る。

本文を読む



©︎TRIPPING!


©︎TRIPPING!

現在は1階部分のみ見学ができ、寺院の四方に祀られている穏やかな表情の仏像が参拝者を迎えている。また、寺院の向かいに日本人戦没者慰霊碑を祀る「タビニュ僧院」もある。


©︎TRIPPING!

©︎TRIPPING!


周辺には土産店などがある。 ©︎TRIPPING!

寺院の周辺は自然豊かな風景が広がっており、牛やヤギが牧草を食べにやってくることも。

このスポットが紹介されている特集記事はこちら

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム