タイ
グルメ
揚げワンタンも美味!

バンコクでタイ風焼き肉&鍋「ムーガタ」を食べてみた


著者撮影

ジンギスカンのような形状の鍋を使ったタイ独特の鍋料理「ムーガタ」を食べに行ってきました。

選んだお店は、ムーガタの有名店「ムーガタヘンヘンヘン」です。

BTSサパーンタクシン駅から徒歩14分ほど。ジャルンクルン通りとチャン通りが交わる交差点にあります。

本文を読む



著者撮影

ムーガタヘンヘンヘンは、オープンエアのローカルな雰囲気のお店です。土曜の夜は、地元のタイ人でお店はいっぱい!

予約をしていなかったので、番号札をもらって外の椅子に座って待ちました。電話かFacebookで予約できるようなので、予約していくのがおすすめです。


著者撮影

しばらく待つと、番号を呼ばれてやっと店内へ。

席に案内されると、以下のメニューを持ってきてくれました。オールタイ語なので、簡単に日本語をつけておきました。


著者撮影

ムーガタは、大セットか小セットのどちらかを注文します。

ムーガタのお店は食べ放題方式を採用しているところが多いのですが、この店はそうではありません。その分、肉や野菜の質が良いのが特徴なんだとか。

私もそんなにたくさん食べる方ではないので、食べ放題じゃないほうがありがたい。食べ放題だと、ついつい無理して食べすぎてしまうので。

私達は2人だったので大セット(259バーツ:約880円)にしました。2~4人用って書いているけど、2人でちょうどの量でしたので、それ以上の人数なら追加具材を頼むのが良さそう。

内臓(クルアン ナイ)はどうするかと聞かれたので、それは入れないようにお願いしました。

しばらく待つと、あのムーガタのお鍋が登場。炭火の上にセットされます。


著者撮影

店員さんが周りにスープを注いでくれます。

スープはこんな感じでヤカンに入った状態でテーブル横にセットされるので、好きなタイミングで追加可能です。


著者撮影

そして、豚肉、イカ、エビ、そして卵と謎のスープが入ったボウルが用意されます。中に入っている卵を溶いてよくかきまぜます。


著者撮影

そして、ボウルの中の脂身を、鍋のてっぺんで焼いて脂をひいて…私達は食中毒が怖いシーフードを先によく焼いて、さらに煮ました。


著者撮影

また鍋の周りのスープの中に、お肉が入っているボウルの中のスープも追加。そこに野菜を投入して煮込みます。


著者撮影

豚肉も焼きますよ。


著者撮影

焼いたり煮たりした具材は、こちらのタレをつけて食べます。


著者撮影

見た目通りめちゃくちゃ辛いけれど、深みのある味で美味しい。

でも、スープやお肉にも味がついているので、このタレなしで食べても十分に美味しいです。ですから辛いものが苦手な方でも楽しめると思います。

もうひとつの名物だという揚げワンタン(70B:約240円)ももちろん注文しました。


著者撮影

カリッと揚がっていて、中のエビはぷりぷりで、とっても美味しかったです!ムーガタヘンヘンヘンに行ったら、ぜひワンタンも頼んでみてください。

飲み物はペプシ1L(35バーツ:約120円)と氷(10バーツ:約35円)を注文しました。このお店はアルコール販売なし。でも、お酒の持ち込みはOKみたいです。

以上、ムーガタヘンヘンヘンについて紹介しました。

ずっと食べてみたかった念願のムーガタを食べられて大満足です。味も美味しかったし、バンコクの夜の熱気の中でみんなで鍋をつつく一体感もあって、すごく楽しめました。こういうところに来ると、異国にいる実感がわきます。

予約なしだとけっこう待ったので、ぜひ予約をしておでかけください。

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.4円で計算(2020年8月現在)



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます