タイ
グルメ
ミシュランバンコク版ついに発行

女性シェフが腕をふるう!星付きタイ料理2軒を食べ比べ

バンコクの食通たちが待ちに待ったミシュランのバンコク版がついに昨年末発行されました。星付きとなったのは全17軒、そのうちタイ料理は7軒。バンコクのレストラン事情に精通している人たちにとってはとくに新鮮な驚きのない結果、というのが一般的な感想のようですが、そんななか個人的に気になったのが女性シェフが活躍している店がいくつか存在していたこと。そこで今回はバンコクのミシュランでひとつ星を獲得した女性シェフのタイ料理店、2軒をご紹介します。

本文を読む


 

ストリートフードで唯一の星獲得!
炎の料理人、ゴーグルおばあちゃんの店「Jay Fai」

70歳を超えても現役のジェイファイ氏  著者撮影

今回発表されたバンコクの星付きレストランのなかで、もっとも注目を集めたと言っても過言ではないのがこの店。星を獲得した唯一のストリートフード店にはメディアと一般客が殺到し、一時は3時間待ちも当たり前と言われるほどの混雑を見せたそう。

そんな『Jay Fai』の厨房を何十年も守り続けているのは、なんと70歳を超えたおばあちゃんなんです。強い火や油から目を守るためのゴーグル姿がなんとも印象的で、一度見たら忘れられないインパクト。

そして、シェフの見ためよりさらに印象的なのがその料理の数々です。食堂とは思えない強気の料金設定に驚く人も多いかもしれませんが、タイ南部から取り寄せている上質なシーフードや新鮮な野菜など食材にこだわり、昔ながらの炭火で仕上げる料理はどれもストリートフードを超越したレベル。下ごしらえから仕上げまで、丁寧に作り上げるため時間はかかりますが、一度食べたら忘れられない料理に出合える食堂です。

カイチアオプー 800〜1000THB  著者撮影

こちらを訪れたら、一度は試してほしいのがカニ入りの卵焼き、カイチアオプーです。大きさ等によって料金は多少前後しますが、日本円で約2400〜3000円と、タイの食堂ではありえないほどの高さ……。

大きなカニの身がゴロゴロと詰まっています! 著者撮影

ですが、食べてみればその料金にも納得するはず。こぶしを2個つなげたくらいの大きさがある巨大な卵焼きの中には、甘みのある柔らかなカニがこれでもか!とギューギューに詰まっているのです。

しかも、油で長時間揚げながら作っているのにも関わらず、油っぽさは一切なく卵とカニの旨みだけが凝縮されたような味わい深さ。さらに卵焼きがのっている皿にもまったく油がついていなことにも驚きです。シンプルなメニューだからこそ、一品にかける情熱がその仕上がりに反映されるのだな、と思わせてくれるひと皿です。

パットパックルアムミット 300THB  著者撮影

卵焼きと並んで、絶対にオーダーするほど好きなのがこの野菜炒め。タイの野菜は味が薄いな、と常々感じているのですが、ここの野菜はひとつひとつの味がしっかりと濃く、それぞれの野菜の火入れも絶妙ですべてが程よい食感に仕上がっています。甘みと塩気のバランスのいい味付けが野菜の甘さをより引き立たせ、ライスとこれだけでも十分満足できるくらいおすすめのメニューです。

ラートナーセンヤイタレー 600THB  著者撮影

エビ、イカ、干しイカなど、新鮮なシーフードがゴロゴロと入った餡かけ麺です。こだわって仕入れているシーフードはどれも弾力があり、プリプリの食感。1人だったら食べきれないほどのボリュームで、満足感あり!

エアコンもない、小さな食堂  著者撮影

 
Jay Fai
・住所:327 Mahachai Rd., Bangkok
・電話:(+66)2-223-9384
・時間:15:00-26:00 日休

 

女性シェフならではの繊細さが印象的なひとつ星タイ料理店「paste」

著者撮影

ミシュランの星を獲得したタイ料理店で、もう1軒女性の活躍が目覚ましいのがここ『Paste』です。こちらはオーストラリアから帰国したタイ人女性、Bee Satongunシェフがご主人とオープンさせたレストラン。宮廷料理などをベースとした伝統的なタイ料理をオリジナルの現代的な解釈とオペレーションで魅せるスタイルが評判を呼び、ミシュランの星を獲得するまでに! 現在デザートを担当しているのも女性シェフということで、他店にはない女性らしい繊細さを存分に感じさせてくれる料理が魅力です。

Roasted Northern Larb 700THB  著者撮影

炒めて作る北部スタイルのラープ。敷き詰められたハーブやエディブルフラワーの美しさに目を奪われるものの、スパイスを存分に効かせて炒めた鶏肉の香ばしさや辛さは本場の味わいそのもの。ふわりと広がるハーブの香りとシャクシャクとした食感がラープとよく合い、止まらないおいしさです。王室プロジェクトの食材を使い彩りよく仕上げたひと皿からは女性シェフならではの感性が溢れ、ここでしか味わえない一品となっています。

Panaeng curry 850THB  著者撮影

穀物肥料で育てられたブラックアンガスビーフを使ったパネーンカレー。フレッシュなスパイスとハーブの香りがパーッと立ち上るような、鮮やかな味わいがとても印象的。ピリッとスパイシーなカレーが、スプーンで小さく切れるほど柔らかなビーフの甘みをしっかりと引き立てていて、まさに極上の味わいです。

Chocolate Dome 500THB  著者撮影

チョコレートドームのなかに、パッションフルーツやマンゴー、バナナなど南国タイのフルーツが隠れた贅沢なひと皿。カカオの香りがしっかりと感じられるチョコレートは、甘いものが苦手な人には少し刺激が強過ぎるかも?と思えるくらいにとてもまろやかで濃厚な仕上がり。柔らかな舌触りの繊細な仕上がりは、タイ料理店のデザートとは思えないほどの完成度の高さです。

天井が高く、広々とした空間  著者撮影

ミシュランの星付き店とはいえ、ショッピングセンター内にあり観光客でも気軽に利用できるのも魅力です。2名〜向けのコース料理もあるので、メニュー選びに迷うことがあれば、まずはコースから試してみるのもおすすめです。

 
Paste
・HP:https://pastebangkok.com
・住所:3rd Floor, Gaysorn, 999 Ploenchit Rd., Bangkok
・電話:(+66)2-656-1003
・時間:12:00-14:00 18:30-23:00

 
(text & photo : 白石路以)

 
知りたい!バンコク最新グルメニュース
その他の記事はこちら>

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム