タイ
観光
癒やしを求めている人におすすめの旅先

タイ東北部のノスタルジックな街「チェンカーン」


著者撮影

タイ東北部・イサーン地方にあるタイ人の若者を中心に人気の街チェンカーンに2泊3日で行ってきました。

早朝は雲海や托鉢を見学し、昼間は川沿いのカフェからメコン川を眺め、そして夕方からはノスタルジックな雰囲気のウォーキングストリートを散策して、のんびりと過ごしました。

癒やしを求めている方にぴったりな旅先だと思います。そんなチェンカーンについて紹介していきます。

本文を読む


 

チェンカーンの場所・行き方:タイ東北部イサーンのラオス国境の街


著者撮影

チェンカーンがあるのは、タイの東北部イサーン地方。ルーイ県のラオス国境沿いにある小さな街です。

バンコクからチェンカーンに行くには、おもに4つの方法があります。

  • ルーイ空港までの飛行機(1時間)とバン(1時間)のジョイントチケットを利用する(エアアジア、ノックエアで購入可能)
  • ルーイ空港まで飛行機で行き、レンタカーを借りる
  • ルーイ空港まで飛行機で行き、ソンテウかバスに乗る
  • バンコクから夜行バス(8時間)で行く

私達は1番のジョイントチケットを利用しました。

ジョイントチケットを利用する方法は効率的にチェンカーンにたどり着けて楽でしたが、早朝のバイクは寒かったし、チェンカーン内でもけっこう移動したので、やっぱりレンタカーを借りればよかったと思っています。

タイでの運転に慣れている方ならレンタカーがおすすめです。

 

チェンカーンの4つの見どころ

ここからは、チェンカーンの4つの見どころを順に紹介していきます。

ノスタルジックなウォーキングストリートでお祭り気分


著者撮影

チェンカーンの街で特筆すべきは、街の中心部にあるウォーキングストリートです。ウォーキングストリートの両脇には木造のレトロな建物が立ち並び、ノスタルジックな雰囲気がただよっています。

昼間は人通りも少なく静かな通りですが、夜になると雰囲気が一変。通りの両脇には屋台が出現し、多くの観光客が集まってきてお祭りのような雰囲気になります。

ごはん屋さんもいっぱい。


著者撮影

屋台で気になるものを買って、食べ歩きをするのが楽しい通りです。


著者撮影

ルーイ県名物、ピーターコン祭りのお面をかぶった人もいました。

 

メコン川の景色に癒やされる


著者撮影

チェンカーンの昼間は、正直に言うとあまりやることがありません。気になる近隣のお寺などを覗いたあとは、メコン川沿いのカフェでのーんびり。ゆったりとした川の流れに癒やされます。


著者撮影

美しいメコン川の夕焼けは必見。刻々と色がかわっていく空をのんびり眺めました。

 

早朝の托鉢体験


著者撮影

チェンカーンの見どころは早朝に有り!

朝6時ごろから7時半ごろまで、ウォーキングストリートにお坊さんが托鉢にやってきます。観光客も通りで売っている托鉢セットを購入して托鉢体験をすることが可能です。

 

乾季はプートックに雲海を見に行こう


著者撮影

乾季(11月~2月)のチェンカーンの見どころは、プートックという山から見る雲海です。

私がプートックを訪れた日は残念ながら雲海は出なかったのですが、日の出を拝んで気分爽快な朝になりました。


著者撮影

私が宿泊したホテルの方によると、今年は12月中旬くらいに雲海が見られたそうです。私が訪れた2020年1月初旬は雲海が出るには寒さが足りなかったのだそう。

でも早朝にバイクで行ったこともあって、十分に寒く感じました。雲海を見に行く予定なら、コートやダウンがあった方がいいと思います。

 

チェンカーン旅行のおすすめの時期


著者撮影

チェンカーンに行くなら、雲海が見える乾季(11月~2月)がおすすめと聞いていましたが、雲海にこだわらなければ他の時期でもいいかもしれません。

ただ、1月でも日中は日差しが強く、暑く感じました。暑季(3月~5月)はものすごく暑くなりそうなので避けたほうが良さそう。

 

チェンカーン旅行はどんな人におすすめ?


著者撮影

チェンカーンはノスタルジックな雰囲気が素敵で、バンコクよりもゆっくりと時間が流れているように感じました。ですから、癒やしを求めている人には最適です。

また、チェンカーンの見どころは早朝か夕方以降に集中しているため、昼間はけっこう暇になります。宿に籠もってだらだらしたり、カフェでのんびりしたりといった感じになるので、パソコン仕事をしながら移動するようなノマドワーカーに向いているように思いました。

チェンカーンで出会った人たちは皆さん親切な方ばかりでしたが、英語を話す人は少ない印象を受けました。基本的にタイ語でのコミニュケーションになるので、タイ語がある程度話せる人の方が向いているように思います。

 

まとめ:チェンカーンは癒やしを求めている人におすすめの旅先

タイ・イサーン地方の小さな街チェンカーンは、のんびりした空気がながれているリラックスムード満点の場所でした。

プーケットやチェンマイなど、タイのメジャーな地方都市は行き尽くしちゃったっていう方はぜひ行ってみては?雲海か托鉢のどちらかを諦めれば、一泊二日でも十分に楽しめます。バンコクから週末土日旅行でサクッと行くのもおすすめです。



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム