タイ
観光
タイの元祖ビーチリゾートへ

今、パタヤで “ラグジュアリーな旅” がおもしろい!

photo : Satomi Matsui
バンコクから車で約2時間。40年以上も前から開発が進められたビーチリゾートの元祖、パタヤ。アクセスがいいこともあり世界中から旅行者が訪れる人気観光地のひとつだ。最近では、パタヤで楽しめる“ラグジュアリーな旅”にも注目が集まっている。高級リゾートも続々と進出し、ハネムーナーが訪れるディスティネーションとしても人気上昇中だ。

そこで今回はパタヤで楽しめる“ラグジュアリーな旅”でやりたいアクティビティや最新スポットをご紹介!

本文を読む


 

ヨットをチャーターして東海岸をクルーズ

photo : Satomi Matsui
“ラグジュアリー”をテーマにパタヤを旅するなら、ヨットで行く東海岸のクルーズは一番のハイライトになるはず。タイ最大級のマリーナ「オーシャン・マリーナ・ヨット・クラブ」を有するパタヤには、タイ国内はもちろん世界中のヨットオーナーが集まってくる。ヨットやライセンスを保有していなくても、様々なクルーズ会社がヨットチャーターのサービスを提供しているので、自分たちだけのクルーズを楽しむことができるのだ。


photo : Satomi Matsui

photo : Satomi Matsui
タイ国内にある3つのマリーナを拠点に、ヨットチャーターのサービスを提供しているクルーズ会社「ブルー・ボヤージュ・ヨット・チャーター」では、定員25名(乗船員2名除く)の42フィートのヨットで行く半日クルーズが人気。4時間のチャーターで料金は45,000THB〜(BBQランチ、シュノーケリングセット、保険込み)。


photo : Satomi Matsui

photo : Satomi Matsui
途中、野生の猿が暮らす島「ペッ島」に立ち寄り猿に餌やり体験をしたり、沖合に停泊してシュノーケリングを楽しんだりとアクティビティも充実。新鮮なシーフードを船上でグリルしてくれる豪華ランチもお楽しみのひとつ。

photo : Satomi Matsui
ちなみに、42フィートの船には、リビング、キッチン、バスルーム付の寝室3部屋を完備し、宿泊しながらのツアーも提供している。


photo : Satomi Matsui

photo : Satomi Matsui

 

ワイナリーでぶどう畑見学&ワインテイスティング

photo : Satomi Matsui
カオヤイやホアヒンでタイ産ワインが造られていることは近年話題になってきているが、実はパタヤにもワイナリーがあるのはご存知だろうか? パタヤ中心から車で約30分の場所にあるワイナリー「シルバーレイク・ヴィンヤード」では、タイ人オーナー夫妻が、オーストラリアの醸造家・デイヴィット・ナイト氏を迎え、現在7種類のワインを醸造している。中には、アワードを受賞している銘柄も。


photo : Satomi Matsui

photo : Satomi Matsui
「シルバーレイク・ヴィンヤード」を訪れたらぜひ体験したいのが、1時間のワイナリーツアー(250THB)。湖畔に広がるぶどう畑や花畑をトロリーに乗って見学した後は、実際にここで造られたワインをテイスティング。“新緯度系ワイン”を思いきり堪能! テイスティング会場のクラブハウスでは、ワイン(1本690THB〜)を購入することも可能。お土産にするのも一案だ。


photo : Satomi Matsui

photo : Satomi Matsui
ワイナリー併設のレストラン「シルバーレイク・ワイン&グリル」では、全てのワインをグラスやボトルで味わうことができる。料理は、イタリアンをメインに、タイ料理もラインアップ。特にピザが評判で、シグネチャーは「スモークサーモンとカニ、エビ、モッツァレラチーズのピザ」(590THB)。さらに、ラムチョップのグリル(400g1,390THB)と赤ワインのペアリングや、ソムタム(180THB)と白ワインペアリングもおすすめ。


photo : Satomi Matsui

photo : Satomi Matsui
ちなみに、食事の後にぜひ立ち寄りたいのが、隣接する「カオシーチャンの大仏壁画」。プミポン前国王在位50周年を記念して丘の斜面に彫られた美しい仏像は、高さ130m、幅70mと壮大。フォトジェニックなスポットとしてタイの人々の間でも話題の場所だ。

photo : Satomi Matsui

 

多彩なラグジュアリーリゾートにステイ

photo : Satomi Matsui
世界的な外資系高級ホテルチェーンも進出しているパタヤでは、宿泊先の選択肢が多いのが嬉しい。落ち着いた環境で“ラグジュアリーな旅”を楽しみたいなら、パタヤ南部の静かなビーチ「ジョムティエン・ビーチ」沿いのホテルを選ぶのが正解。今回は2軒のホテルをご紹介。

ラヴィンドラ・ビーチ・リゾート & スパ

photo : Satomi Matsui

パタヤ中心地から車で約20分。ジョムティエン・ビーチに佇むオーシャンフロントのリゾート。タイの伝統建築をイメージした建物や、椰子の木が茂る南国らしいガーデンが、リゾート気分を盛り上げてくれる。


photo : Satomi Matsui

photo : Satomi Matsui
ガーデンビューのビルディングタイプの客室からオーシャンビューのプールヴィラまで7タイプの客室が合計277室。インフィニティプールを含め3つのプールがあり、レストラン&バーは合計5軒、スパなどの施設も充実している。

フローラル・ラックス・ホテル・モントラ・パタヤ

photo : Satomi Matsui
個性的なブティックホテルがお好みなら「フローラル・ラックス・ホテル・モントラ・パタヤ」がおすすめ。自然豊かな敷地内に、客室はわずか23室。インフィニティプールとプライベートビーチからはパタヤ湾に浮かぶラン島を望む。


photo : Satomi Matsui

photo : Satomi Matsui
毎日内容の変わるアフタヌーンティーが提供されるのも嬉しい。柔らかな風を感じるガゼボで受けるスパトリートメントは滞在中に一度は体験したい。アクセスはパタヤ中心地から車で約15分。

 

絶景ポイントでサンセットディナー

photo : Satomi Matsui
1日の締めくくりには、パタヤの海を一望しながらサンセットディナーを楽しみたい。パタヤでサンセットディナーをするなら、丘の上のレストラン「ザ・スカイ・ギャラリー」へ。ラン島まで一望する絶景が魅力で、連日多くの人で賑わう人気店だ。特に美しいサンセットが評判なので、海側のカップル席や大きなテーブル席は、予約必須。


photo : Satomi Matsui

photo : Satomi Matsui
料理は、オーセンティックなタイ料理をメインに、インターナショナル料理もメニューに並ぶ。新鮮なシーフードを使った料理はぜひオーダーを。オリジナルのトロピカルカクテルの種類も豊富。アクセスは、パタヤ中心地から車で約15分。

photo : Satomi Matsui
尚、食後に夜景を楽しむなら「プラ・タムナック山」のビューポイントへ足を運んでみて。パタヤの繁華街「ウォーキングストリート」や海に浮かぶ客船の光がキラキラ輝き、美しい夜景が広がる。


photo : Satomi Matsui

 

最旬エンターテイメントショー「カーン」を鑑賞

photo : Satomi Matsui
タイ屈指のエンターテイメントの街の顔も持つパタヤでは、スペクタクルなショーを鑑賞するのも外せない。今話題なのが、昨年スタートしたばかりの新感覚エンターテイメントショー「カーン」。ゴールドの外観がひときわ目を引く「シンハー・ディーラック・シネマティック・シアター」で上演されるショーは、タイの古典を現代風にアレンジしたストーリーがユニーク。


photo : Satomi Matsui

photo : Satomi Matsui
プロジェクションマッピングなどの最先端テクノロジーを用いた演出や、大勢のパフォーマー達によるアクロバティックなライブアクションは迫力満点。上演時間は約90分で、入場料金は大人2,500THB〜、子供1,500THB〜。

詳細はこちら

 

足をのばして秘境リゾートにでかけてみよう


写真提供:タイ国政府観光庁
旅行日数に余裕があるなら、パタヤから足を伸ばして東海岸の沖合に位置する離島に出かけてみるのはいかが? パタヤのお隣、ラヨーン県沖合に浮かぶ「サメット島」や、さらにお隣、トラート県の「チャーン島」や「クッド島」は、大規模な開発がされていないため今なお手つかずの自然が残され、穏やかな時間の流れる秘境リゾート。それぞれに、ラグジュアリーホテルもあり、そのほとんどがオーシャンフロントに佇んでいる。大自然に抱かれながら時間を忘れてのんびり過ごせば、最高にラグジュアリーなひとときになるはず。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム