タイ
観光
上階の回廊で瞑想可能

37本の尖塔を持つ仏塔が美しいバンコクのお寺「ワット ラチャナダラム」

著者撮影

バンコク旧市街のお寺ワット ラチャナダラム内にある、仏塔ローハプラサートを見学してきました。37本の尖塔が天を突くピラミッド型の建築は壮観。ほかには無い美しさがあります。

本文を読む


ローハプラサートは最上部まで登ることができ、途中のフロアでは瞑想が可能。夜にはライトアップされて美しく輝きます。

バンコクにはほかにも美しいお寺はたくさんあるけれど、ここも素敵でした。参拝者が多くないので、心ゆくまでのんびり過ごすことがでいます。

ローハプラサートのあるお寺ワット ラチャナダラムがあるのは、バンコク旧市街。黄金の丘プーカオトーンで知られるワット・サケットのすぐ近くです。

行き方としては、以下の3種類があります。

1 タクシーまたは配車アプリグラブ(Grab)を利用する
2 MRTサームヨート駅から徒歩15分(約1.2km)
3 センセープ運河の終点パンファーリーラート船着場から徒歩6分

私はグラブ(Grab)を使って行きました。

 
寺院内の鋼鉄の仏塔「ロハプラサート」への入場時間は毎日9:00-17:00です。入場料は外国人は20バーツ、15歳以下の子供は無料でした。


著者撮影

ローハプラサートは、37の尖塔からなるピラミッド状の建築物です。


著者撮影

ローハプラサートの「ローハ」とはタイ語で金属のこと。その名のとおり、各尖塔は金属でできていて、タイの一般的なお寺とは趣がことなります。現在は金色をしていますが、数年前の写真を見ると、金色の部分が真っ黒だったようです。色が違うだけで、ずいぶんと印象が違います。

ローハプラサートの外周には、以下のような仏様の模様入りの格子戸がぐるっと設置されていました。


著者撮影

ローハプラサートの1階部分は博物館のようになっていて、ローハプラサートの建築の解説などが書いてあります。


著者撮影

中央部分には木製の螺旋階段があり、上に登ることができます。


著者撮影

上階は、瞑想用のフロアになっていて、座って瞑想する用のフロアと、歩いて瞑想する用のフロアに分かれていました。


著者撮影


著者撮影

私が訪れたのは平日の昼間でしたが、参拝者は数人ほど。ここならゆっくり瞑想に没頭できそうです。

さらに登っていくと、お寺の敷地越しにバンコクの街並みが視界に入ってきます。


著者撮影

頂上には下の写真のようなものが祀られていました。この中に仏舎利が納められているようです。


著者撮影

昼間も十分に美しいローハプラサートですが、夜はライトアップされてさらに神々しく輝きます。


著者撮影 左がローハプラサート

ローハプラサートの内部に登れるのは17時までですが、夕方から夜にかけて見に行くのもおすすめです。

ローハプラサートがあるワット・ラチャナダラムの、マハーチャイ通り側の出口付近では、たくさんのプラクルアン(お守り)が販売されていました。


著者撮影

たくさんの種類のお守りがあって驚きました。タイのお守りがほしい方は行ってみるといいかもしれません。



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム