タイ
観光
はじめてのバンコク旅行におすすめ!

バンコクで便利な配車アプリ「グラブ(Grab)」を使ってみよう

著者撮影

バンコクでの移動手段でおすすめなのが、配車アプリのグラブ(Grab)です。アプリに目的地を入力するだけで、近くの登録車が現在地まで迎えにきてくれて、目的地まで運んでくれます。

タクシーと違ってぼったくられないことや、アプリで目的地を共有するのでドライバーと会話不要な点がとても便利で、特にバンコクに旅行にいらした方におすすめしたいアプリなんです。

そこで、グラブ(Grab)の具体的な使用方法について紹介したいと思います。

本文を読む


⇒Grab(グラブ)のアプリをダウンロードする

 

バンコクでの車移動に便利な配車アプリ「グラブ(Grab)」とは?

グラブ(Grab)とは東南アジア一帯で利用されている配車サービスアプリのことです。

アプリに目的地を入力して検索すると、周辺にいるグラブ(Grab)のドライバーが指定した場所まで迎えにきてくれて、目的地まで連れて行ってくれます。

これまでバンコクで駅から遠い場所への移動はタクシーでしたが、観光客はぼったくられやすく、英語が通じにくいので行き先を伝えるのが難しかったり、時には乗車拒否されるなどの問題がありました。

これらのタクシーの難点を一挙に解決するサービスとして、グラブ(Grab)が人気なんです。

ところで、一口でグラブ(Grab)と言っても、そのサービスはGrab Taxi(グラブタクシー)とGrab Car(グラブカー)の大きく2種類に分けられ、料金の計算方法などが異なります。

Grab Taxi(グラブタクシー) Grabに登録している普通のタクシー。乗車料金=タクシーのメーター+Booking Fee 20バーツ
Grab Car(グラブカー) 一般の人がGrabのドライバーとして登録している車。予約時にアプリ上で料金が確定する。

日本の感覚でいうとグラブカーよりも、正式なタクシーであるグラブタクシーの方が安心だと思うかもしれません。

でも私が実際に利用してみたところ、グラブカーの方がきれいな車体の車が多く運転が丁寧、きちんとGoogle Mapの経路指示に従うドライバーが多いことから、私はグラブカーの方に良い印象を持っています。私のおすすめはグラブカーです。

 

バンコクでの配車アプリ「グラブ(Grab)」の利用方法

それでは、バンコクでの配車アプリ「グラブ(Grab)」の利用方法について解説していきます。

 

日本でグラブ(Grab)のアプリをダウンロードしておく

まずはグラブ(Grab)のアプリをダウンロードします。

>⇒Grab(グラブ)のアプリをダウンロードする

登録の際に、電話番号のショートメッセージを使ったSMS認証が必要になります。ですから旅行の方は携帯の番号が使えるよう日本で登録を済ませておきましょう!FacebookアカウントとGoogleアカウントでもGrabアカウントを作成可能ですが、結局は電話番号によるSMS認証が必要になります。

もちろん電話番号が使えるSIMを購入すれば、バンコクでも設定可能です。

 

実際のバンコクでのグラブ(Grab)の利用方法

それでは実際にバンコクでグラブ(Grab)を使ってみましょう。

行き先指定はGrabのアプリ内からも可能ですが、Google Mapから指定する方が楽なので、その方法を紹介します。まずGoogle Mapを立ち上げ、行き先を検索。経路検索します。

 

 

右端の人が手を上げているマークをタップすると、下にGrabのメニューが表示されています。ここからGrab TaxiもしくはGrab Carをタップします。アプリ内で後から編集可能なのでどっちでもOKです。

 

 

「アプリを開く」をタップするとアプリが立ち上がって、次のような画面になりました。

 

 

次に、車のマークをタップして、サービスの種別を選択します。右端に価格が表示されているので参考にしつつ選んでください。この価格は時間帯や混雑具合などによって上下します。

 

 

それぞれの種別の特徴は以下のとおりです。

JustGrabジャストグラブ グラブタクシーかグラブカーのどちらか近い方が呼ばれるが、ほとんどの場合グラブカーが来る。グラブカーより少し割安。
GrabCarグラブカー 一般人が運転する乗用車。
GrabBikeグラブバイク グラブのバイクバージョン。
GrabTaxiグラブタクシー グラブに登録しているタクシー。料金はタクシーのメーターの表示金額+20THBなので、実際に目的地に着くまで料金が確定しない。
GrabVanグラブバン 10人乗りのバン。大人数で利用するときに。

 

このほかプレミアムという高級車も選択できますが、ここでは割愛します。

私の場合、グラブタクシーかグラブカーのどちらか近い方が呼ばれるJust Grabを利用することがほとんどです。グラブタクシーとグラブカーを選ぶことはできませんが、経験上ほとんどの場合グラブカーがマッチングされます。

もしクーポン(プロモコード)を持っていれば入力します。また、支払い方法はクレジットカードとキャッシュ(現金)を選択できます。

 

 

今回はLOVEというプロモコードが自分で入力しなくても自動で適用されていて、40%OFFで利用できました。上の画面の「Just Grab」が75THBと安いのは、このプロモコードが自動で適用されていたからです。

ところで、出発地はGPSで検知された現在地が入力されているはずですが、GPSの精度の関係で微妙に違う場所になっていることもあるので、出発地をタップして微調整するのがおすすめ。

 

 

現在地、目的地、車種などもろもろOKであれば緑色の「Book」ボタンを押します。

 

 

しばらくするとドライバーとマッチングされました。

 

 

車種とナンバーを確認。アプリ上でドライバーの現在地が分かるようになっています。

 

 

今回はちょっと遠くにいるドライバーとマッチングされたみたいです。

次にスムーズに合流できるようにドライバーにメッセージを送ります。今回はセブンイレブンの前にいたので、その旨を伝えました。このチャットが優秀で自動で翻訳してくれます!だから英語でOK。

 

 

写真も送れるので、近くの様子を撮影して送るとわかりやすいかと。

今回うっかり出発地の微調整を忘れていて若干違う場所にピンが立ってしまっていたんだけれど、メッセージと写真のやりとりで無事にスムーズに合流できました。

車がピックアップポイントに到着したら、こんなメッセージが送られてきます。ドライバーが到着してから5分以内に合流する必要があるので、すぐに乗り込めるように準備しておくのが望ましいと思います。

 

 

トラブルを避けるために、車に乗り込むときは必ずナンバープレートが正しいことを確認して乗り込みましょう。

ドライバーの方から簡単に行き先の確認(「〇〇でよかったですよね?」程度)はありますが、基本的には会話不要でアプリで指定した目的地に向かってくれます。

乗車中もアプリ上に現在地が表示されるので、きちんと目的地に向かっていることが確認できるので安心です。もし、乗車中に緊急事態が発生したら、アプリ内の「Emergency」をタップすれば警察に連絡できます。

 

 

目的地に着いたら、現金(Cash)の場合は支払いを済ませて下車します。クレジットカード払いの場合は、アプリ上で決済されるので何もしなくてOKです。

なお、高速道路を利用したときには、高速料金が加算されます。

降りたらアプリでドライバーさんを5段階で評価します。何も問題なければ通常5つ星をつけています。

 

 

 

その他のグラブ(Grab)の便利な機能

以上、グラブ(Grab)の基本的な利用方法について解説しましたが、ほかにも便利な機能があるのでちょっとだけ紹介します。

 

予約機能(Advanced Booking)

早朝に空港まで行くときなど、車を予約ができたらいいなってこともありますよね。実はグラブ(Grab)には事前予約機能があります。

 

車種選択画面をずっと下にスクロールしていくと、上の画像のような事前予約(Advanced Booking)の選択肢が現れます。

Booking fee(予約料金)は通常のタクシーで60バーツです。

この予約機能、便利は便利なのですが、せっかく予約したのに直前にキャンセルされてしまうこともあったりして、私自身はあまり使っていません。代わりに早めに準備して出発直前に通常どおり予約するようにしています。バンコク中心部なら意外と早朝でもグラブが走っているので今のところ困ったことはありません。

 

レンタカー機能(Rent)

時間で区切って車をドライバーごとレンタルするレンタカー機能が最近できました。私はまだ利用したことがありませんが、グループでバンコク郊外を中心に巡るときなどに使えそうです。

 

まとめ:バンコクでの車移動にグラブ(Grab)が便利!はじめての方でも簡単に使えます

以上、バンコクでの移動に便利なグラブ(Grab)についてまとめました。

ドライバーさんとほぼ会話せずに目的地まで連れて行ってもらえるし、ぼったくりや乗車拒否もないので、旅行でバンコクにいらした方に特におすすめです!

ぜひ出発前にダウンロードして、使ってみてください。

>⇒Grab(グラブ)のアプリをダウンロードする

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム