タイ
グルメ
日本でも大人気の豆花も!

美容にもいいヘルシー中華スイーツをバンコクで堪能

 
日本でも年々人気が高まり、続々と専門店もオープンしている中華スイーツ。なかでも豆乳ベースの豆花は、ヘルシーかつ美容にもいいことでとくに大人気! 豆花といえば台湾のイメージが強いかもしれませんが、実はバンコクにもあちこちに豆花を食べられる専門店があるのをご存知ですか?

今回は数ある専門店のなかでも、食通に人気の高い知る人ぞ知る屋台をピックアップ。また、日本では食べられない中華系の不思議絶品スイーツもご紹介します。

本文を読む


 

オープンと同時に人だかり!おじいちゃんが営む老舗豆花屋台
「ラーンタオフワイルンマック」


愛され続ける小さな屋台 著者撮影

ワットポーのほど近く、大きな木の木陰にある年季の入った屋台をたったひとりで切り盛りしているのは、小柄ながらも元気でおしゃべり好きなマックさん。ご近所の人たちに愛され続けるこの屋台、以前は「マック兄さんの豆花屋台」と呼ばれていましたが、開業から50年以上の歳月を経て、現在は「マックおじさんの豆花屋台」と呼ばれることもある老舗店です。


タオフワイ 13THB 著者撮影

ここで扱っているのは、タオフワイ(豆花)とチャオグワイ(仙草ゼリー)の2種類のみ。余計なつなぎなどを使わず、昔ながらの手法で丁寧に手作りされているのにもかかわらず、どちらも1杯たったの13バーツという安さ! ケーキが1個200〜300THBすることも珍しくない今のバンコクにおいて、驚きの良心的な価格設定です。


注文を受けたら、1杯ずつ丁寧に盛り付けます 著者撮影

シロップを添えて食べることが多い台湾や日本の豆花と違い、バンコクの豆花は温かい生姜スープに浮かべて食べるのが主流。生姜をピリッと効かせたスープはかなりインパクトがありますが、黒糖の甘さがふわりと広がり食べるほどにクセになる味わい! 甘みがなくなめらかな豆花との相性も抜群で、大きめのお椀いっぱいに入った豆花もあっという間に完食できちゃいます。豆花の上に浮かんでいるのは、中華風の揚げパン、油條のミニバージョンのようなもの。トッピングすることでカリッとした食感とコクが加わり、生姜スープがよりおいしく感じられるはず。暑いバンコクで熱い生姜スープ⁉︎と思うかもしれませんが、クーラーや氷入りのドリンクで体が冷えてしまうことも多いので、冷えが気になる女性には意外と嬉しいおやつ。生姜たっぷりなので、ちょっと風邪気味かも、という時にもおすすめです。


チャオグワイ 13THB 著者撮影

もう1品のチャオグワイも、未体験ならぜひ味わっていただきたいメニュー。日本語では仙草ゼリーと訳されるこのゼリー、台湾でも有名ですがバンコクでもおなじみのスイーツのひとつなんです。バンコクのあちこちで食べられますが、ここのはすっきりとした甘みとむっちりと弾力のある食感が秀逸で、個人的にはバンコク一のお気に入り。ゼリー自体に薬膳のような香りがほんの少し漂うものの、そんなにクセは強くないので見た目よりは食べやすいと思います。温かい豆花とは対照的に、こちらは氷を入れて冷やして食べるのが一般的。仙草は体の熱を取ってくれると言われているので、体内に熱がこもっている時や暑さにやられそうな時にはぴったりですよ。


オープン直後から常連客が集まる 著者撮影

オープン時間は日によって少しずつ異なりますが、11:30くらいにはオープンしていることが多いよう。おじさんが来て準備を始めるとどこからともなく常連さんたちが集まってきて、小さなテーブルはあっという間にいっぱいになります。テーブルにつけなかったお客さんたちは手に器を直接持って椅子に、椅子すら確保できない場合は壁際に立ったまま食べている姿も。観光エリアでありながら外国人客の姿は少なく、地元の人たちに長く愛され続けているとても素敵な屋台です。実は紹介するかギリギリまで迷ったほどに気に入っている場所なのですが、MRTが延びたことでアクセスもグンとしやすくなったことと、正直あと何年続くのかわからないので今のうちに楽しんでほしい……、という思いもあり、今回涙をのんで取り上げてみました(笑) おじさんは昔かたぎな朴訥な方で丁寧な接客とはちょっと違うかもしれませんが、とっても優しくていい人! お年寄りなので動きがゆっくりだったり多少順番が前後することもあるかもしれませんが、小さなことで慌てず騒がず、広い心で老舗屋台に流れるタイ時間を楽しんでくださいね。

ラーンタオフワイルンマック

住所 Phra Borom Maha Ratchawang, Bangkok
電話番号 非公開
営業時間 11:00〜16:30(ただし開店時間は日により多少異なる。また夕方は売り切れることもあり/月曜定休日)
地図 GoogleMapで確認する

 

チュルチュル麺入りの冷たいスイーツで暑さを乗りきる!
「ボックギアスートボラーン」


好きな具材を選べるのも嬉しい 著者撮影

日本では食べられない中華系スイーツに挑戦したい方には、ボックギアがおすすめ! 黒糖で甘みを付けたスープに黄色い中華麺や白くて短いモチモチ麺、小豆、さつまいも、銀杏、仙草ゼリーなどを入れた具だくさんの一品!
 

ボックギア 30 THB 著者撮影

甘さのベースは黒糖なのですっきりとしていて甘すぎず、冷たいスープが暑さに疲れた体にしみる! 氷で冷えていることもあり、麺は弾力がありもっちもちに! さらにさまざまな具材の食感と味わいが楽しめて、小腹が空いた時にもぴったりです。こちらのお店は具材をたっぷり入れてくれて味わいのバランスもいいので、近くに行ったらぜひ試してみてくださいね!


指差しオーダーもできるので、タイ語がわからなくても大丈夫 著者撮影

基本は全部のせがおすすめですが、苦手な食材などがあれば指をさして入れないで、と伝えれば大丈夫。タイのデザートは甘すぎて苦手……という方も中華系デザートは比較的あっさりしていて食べやすいと思うので、観光の合間にちょっとひと休みしたいな、という時などにトライしてみては? きっとタイの食文化の懐の深さを感じられると思いますよ!


運河沿いの人気屋台 著者撮影

ボックギアスートボラーン

住所 2 Samsen Rd., Bangkok
電話番号 (+66)85-855-5747
営業時間 10:30〜16:00(無休)
地図 https://goo.gl/maps/UoLEu8tmTRjhkULp8

 
(text & photo : 白石路以)

【連載】タイ料理ライターイチオシ! バンコク絶品食堂案内

 



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム