タイ
グルメ
タイベースのイノベーティブ

2019年版で新たにミシュラン星付きの仲間入りを果たした「Le Du」へ

去年に続き、今年も幾つかのタイ料理店が選ばれたミシュランバンコク版。去年から引き続き選出されたレストランもありますが、新たに加わった店もタイ料理だけで6軒も!なかでもぜひ一度は訪れたいのが、タイ料理をベースにした個性的なイノベーティブフュージョンの数々が味わえる「Le Du」です。

本文を読む


 

NYで経験を積んだシェフが生むオリジナリティ溢れるタイ料理
「ル ドゥ」

著者撮影

「Le Du」のオーナーシェフは、ニューヨークの名門料理学校を卒業後、現地の三ツ星レストランなどで経験を積んだThitid Tassanakajohn氏。こちら以外にタイ家庭料理のレストランも手がけるシェフが作る料理は、タイ料理のベースをしっかりと生かしつつ、ニューヨークで学んだテクニックを取り入れた今までにないスタイルが特徴。「タイ イノベーティブ」とも呼ぶべきその手法はオープン直後から食通のタイ人の間では話題でしたが、バンコクでの経験を重ねることでより洗練されたシェフだけのオリジナリティが広く評価され、ついに今年ミシュランのひとつ星を獲得!今では店内は連日満席、予約必須の人気店となっています。


魚料理から2品。Wild Mushroom(Smoked pumpkin,
dried river fish broth)
著者撮影

Grouper(Salted fish, chu-chee curry, pork) 著者撮影

コースは4品と6品の2種類。6品を試したい気持ちはありますが、4品でも十分すぎるほどのボリューム。スタッフの方も「日本人女性には4品がおすすめ」とのことで、こちらにして正解でした。お酒好きな方はオリジナリティのあるタイ料理とワインのペアリングを楽しむのもおすすめです。


こちらも魚料理から。River Prawn(Pork belly jam, shrimp paste and organic rice) 著者撮影

とくに印象に残った料理がこちら。弾力のある川エビの身に絡まるソースは、濃厚かつまろやか。ハーブの香りで爽やかさをプラスしたオーガニックライスとの相性もよく、とても味わい深い一品で、ほぼすべてのテーブルでサーブされていたのも納得の仕上がりでした。


メインからCharcoal Grilled Pork Jowl 著者撮影

驚くほど柔らかく焼き上げられたポークに、中華オリーブやスパイスを合わせた繊細な味わいが印象的。すべての料理に共通して言えることですが、タイ料理の手法や食材を生かしつつ革新的な調理法で仕上げる料理は、斬新ながらも尖ったところがなく優しく柔らかな味わい。タイ料理に慣れていない方でも抵抗なく食べられそうな料理ばかりなので、誰を案内しても喜ばれそうです。


デザートのCoconut Pnanna Cotta 著者撮影

写真のココナッツパンナコッタのほかにも、チェンマイのチョコレートを使ったものやレモングラスを使用したものなど、デザートにもタイらしさがあちこちに。ニューヨークでの経験があるだけに、その味わいは確かなので「タイのデザートは苦手」という方もきっと満足できるはず。ワッと驚くような料理ではないながら、日本では絶対に食べられない個性的なタイ料理体験をしてみたい方にはぴったりの一軒です。


4品のコースは2990THB 著者撮影

(text & photo : 白石路以)



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます