タイ
観光
スリリングな体験も!

地上314mの展望台!バンコクの新名所「マハナコンスカイウォーク」

著者撮影

バンコクを代表する超高層ビル「キング・パワー・マハナコン(King Power Mahanakhon)」に展望台「マハナコンスカイウォーク(Mahanakhon SkyWalk)」がオープンし、話題を集めています。最上階に設置された地上314メートルの屋外展望台からはバンコクの街並みを360度見渡すことができるほか、ガラス張りの展望デッキ上では空中散歩をしているようなスリリングな体験も味わうことができます。

本文を読む


著者撮影

「マハナコンスカイウォーク」は、「キング・パワー・マハナコン」の74、75階に位置する屋内展望回廊、78階に設置された屋外展望台の3フロアから成ります。


著者撮影

1階の受付でチケットを購入したら、タイ最速といわれる超高速エレベーターに乗って一気に74階へ。エレベーターを降りるや否や、広大なパノラマビューが目に入ってきて気分が高揚しますよ。

屋内展望台でバンコクの街並みを360度楽しんだあとは、いよいよ最上階の屋外展望台へ。SF映画に登場するような近未来的なデザインのエレベーターに乗って、78階へ移動します。


著者撮影

屋外展望台に到着するとそこには人・人・人!17~19時のサンセットタイムがやはり一番人気があるそうで、この時間帯にガラス張りの展望デッキを体験するためには行列が必須のようです。


著者撮影

バーで購入したビール片手に私たちも行列に加わりました。暮れ行く空を眺めながら飲むビールは最高です。


著者撮影

行列の先頭が近づいてくると、スタッフからシューズカバーを手渡されます。カバーを装着していざガラス床へ!


著者撮影

世界でも屈指の広さを誇るというガラス張りフロアでは、皆思い思いのポーズで写真撮影を楽しんでいます。実は高所恐怖症の私、最初はガラス上をこわごわと歩いていたのですが、次第に高さに慣れてくるから不思議なものです。寝転がったり、揃いのポーズをしたりと、後半は写真撮影を思う存分楽しんできました。

著者撮影

ただ、写真撮影にあたっては一点だけ注意点が。ガラス張りフロアの上ではカメラやスマートフォン等を一切出すことができませんのでご注意を。写真撮影はガラス張りフロアの外からのみ許可されていますので、複数人で訪れて交互に写真を撮影することをおすすめします。

 

以上、バンコクで話題の展望台「マハナコンスカイウォーク」をご紹介しました。現在オープニングプロモーションが実施されており、2019年1月末までは特別価格765バーツ(約2,650円)で屋内展望回廊・屋外展望台の両方を楽しむことができます。

年末年始にバンコクを訪れる予定がある方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム