タイ
ショッピング
バンコクの最旬スポット!

見どころをレポート! バンコクにオープンした「アイコンサイアム」

著者撮影

タイ最大の商業施設「アイコンサイアム(Icon Siam)」が先日、バンコク・チャオプラヤー川西岸エリアに開業しました。話題の新施設にオープン早々足を運んできましたので、見どころなどご紹介したいと思います。

本文を読む


 

バラエティに富んだテナントが並ぶ

タイ最大の売り場面積52万5,000平方メートルを誇るとされるアイコンサイアムはとにかく巨大。2棟のモール内には世界的高級ブランドの旗艦店14店舗を含む計500店舗以上の小売店、計100店舗以上の飲食店がテナントとして入居しており、買い物と食事の両方を楽しむことができます。


著者撮影

小売店については、タイ国内の有名ショップが軒並み集結していることに加え、タイ初上陸のテナントも数多く出店。バンコクでショッピングを楽しみたいという方にとっては必見のスポットといえます。


「NaRaYa」などタイ土産の定番ショップも出店 著者撮影


タイ初出店を果たした@cosme store 著者撮影


待ち望まれていたタイ初のApple storeもオープン 著者撮影

 

高島屋が出店

バラエティ豊かなテナントのなかでも特に注目を集めているのが、中核テナントとして出店している日本の百貨店「高島屋」です。日本産の生鮮食品や加工品、日本の飲食店への注目度が特に高く、開業日にはオープン前から1,000人以上が行列を成したそう。


著者撮影

G階のフードコート、4階のレストラン街「ローズダイニング」には日本全国から選りすぐられた飲食店が集結しており、連日賑わいをみせています。バンコク滞在中に日本食が食べたくなったら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


G階の飲食店にはカウンター席を用意。1人でも気軽に立ち寄れる。 著者撮影


平日にもかかわらず大勢の人たちで賑わうG階フードコート 著者撮影

ローズダイニングにはタイ初出店の高級レストランが集結 著者撮影
 

タイ77県の魅力を伝える「SookSiam」

タイのローカルフードが好きな方におすすめしたいのは、G階にある「SookSiam」と呼ばれるマーケット。15,000平方メートルにも及ぶ広大な売り場には、タイ全77県の美味しいローカルフードや工芸品、洋服や雑貨が集められており、市場感覚でショッピングや食事を楽しむことができます。


著者撮影

水上マーケットを模したコーナーや、各地の文化を伝える展示もあり、散策しているとちょっとした旅行気分を味わうことができますよ。OTOP製品も数多く揃うので、タイ土産探しにもおすすめの場所です。


著者撮影
著者撮影

 

今後の展開にも要注目

以上、バンコクにあらたにオープンした商業施設、アイコンサイアムの見どころをご紹介しました。今後はスカイビューレストランやミュージアムの開業が予定されているほか、BTSクルントンブリー駅とアイコンサイアムを繋ぐモノレールも開通予定となっており、ますます充実した商業施設に発展していくことが予想されます。今後の展開も楽しみです。



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム