タイ
ショッピング
アーティスティックな雰囲気が評判

バンコクのナイトマーケット「ChangChui(チャンチュイ)」の魅力を紹介!

筆者撮影

2017年6月、チャオプラヤー川西岸部に新しいナイトマーケット「ChangChui(チャンチュイ)」が誕生しました。既存のナイトマーケットには無いアーティスティックな雰囲気が評判を集め、オープンから半年経った現在も、買い物客で賑わう人気スポットとなっています。

本文を読む


 

タイファッション界の最重要人物が手掛けるマーケット

筆者撮影

17,600平方メートルの広大な敷地に、飲食店や雑貨店、ギャラリー、ライブハウスなどが点在するチャンチュイ。タイで最も有名なアパレルメーカーのひとつ、「FLYNOW」の創始者であるソムチャイ氏により手掛けられたとあって、敷地内のどこを切り取っても絵になるおしゃれなナイトマーケットなんです。

筆者撮影

筆者撮影

各店舗で販売されている商品は通常のマーケットでは見かけないユニークなものばかり。タイの若手アーティストの作品からおしゃれな古着、昔懐かしい駄菓子まで、実に幅広い商品が販売されています。個性的なタイ土産をお探しの方には特におすすめですよ。

筆者撮影

筆者撮影

筆者撮影

敷地内にはユニークなアートオブジェも多数。実際に使用されていた飛行機の現物が設置されていたりして、撮影スポットには事欠きません。敷地内を散歩するだけでも楽しめると思います。

筆者撮影

私が先日訪れた際は、クリスマス前ということで、プラスチック椅子で作られた珍しいクリスマスツリーを見ることができました。

筆者撮影

 

食べ歩きも楽しめる

筆者撮影

チャンチュイはカフェやレストランだけでなく、フードコートまで完備。飲食店の選択肢が非常に豊富です。また、敷地内の至るところで屋台やフードトラックが営業しており、食べ歩きも存分に楽しむことができますよ。

筆者撮影

販売されているフードは若者受けするインスタジェニックなものばかり。都心部のナイトマーケットに比べると、いずれも良心的な価格設定なのも嬉しいポイントです。

筆者撮影

 

アクセス方法

チャンチュイへはバンコク都心部から以下の方法でアクセスが可能です。

  1. 船 Krung Thon Bridge(Sung Hi) まで水上ボート「チャオプラヤー・エクスプレス」に乗車、エアコンバス(515・539番)に乗車し、 Bang Kruai停留所で下車。
  2. BTS BTSでビクトリーモニュメント駅まで向かった後、エアコンバス(515・539番)に乗車し、 Bang Kruai停留所で下車。
  3. タクシー Sirindhorn通りに降車場があります。Eye Ear Nose Throat Hospital(โรงพยาบาลตา หู คอ จมูก)の向かいがナイトマーケットです。

なお、帰りは、エントランス前のタクシー乗り場からタクシーに乗車するのがスムーズでおすすめです。

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます