マレーシア
観光
カメラ片手に巡りたい!

カラフルな街、クアラルンプールのフォトジェニックな名所

マレーシアのクアラルンプールには、女子旅でオススメのフォトジェニックな観光スポットがたくさん。ここでしか見られない絶景ポイントに、オシャレなモスク、華やかな中国寺院と、インスタ映え間違いなしのスポットをご紹介。

本文を読む


 

マレーシアのウユニ塩湖!? 「スカイミラー」


写真提供:Sky Mirror Malaysia

スカイミラーはクアラルンプールの隣の州、セランゴール州の沖合ある砂の島。新月と満月の前後4日間だけ現れ、さらに上陸できるのは干潮時のみというレアなスポット。砂の表面を海水が覆い、その地表が鏡のように反射する。まるでボリビアのウユニ塩湖を彷彿とさせる絶景を楽しむことができる。

 

乙女心をくすぐる「ピンクモスク」


©TRIPPING!

クアラルンプールから車で約30分、行政都市・プトラジャヤにあるピンクモスク。その名の通り、遠くからでも目を引くピンク色の外観が印象的。外観だけでなく、内装もピンク一色。壁一面には、植物の紋様など可愛らしいイスラミック装飾が広がっている。女子にはたまらない“可愛い”が詰まったスポット。

 

東南アジア最大級の規模「ブルーモスク」


写真提供:マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

マレーシアを代表するモスクのひとつ。外観は、鮮やかなブルーと白のコントラストが美しい。宗教建築の中でも世界最大である直径52mの巨大なドームと、ドームを取り囲むようにそびえ立つ、高さ140mの4本のミナレット(塔)は、近くで見ると迫力満点。異国情緒あふれる建物の造りも一見の価値あり。

 

鮮やかな中華装飾に目を奪われる「天后宮」


©TRIPPING!

KLセントラル駅から車で約10分の場所にある「天后宮(てんごうぐう)」は、マレーシア最大の中国寺院。赤、黄色、緑、青の極彩色で彩られ、精巧な装飾の施された建築様式に注目が集まっている。本堂に繋がる中庭には無数のちょうちんが吊るされ、鮮やかな朱色のちょうちんが一面に広がる様子は圧巻。

 

美にご利益がある「仙師四師宮」


写真提供:マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

中国寺院「仙師四師宮(せんしししぐう)」は、クアラルンプールの中華街・ペタリングストリートから徒歩3分のところにある。建物と建物の間に挟まれた、独特な存在感を放つ門が目印。寺院内は、壁や柱、装飾などすべて朱色で統一されており、中国寺院らしい趣や、華やさが存分に感じられる。

 

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム