マレーシア
観光
東南アジア最大規模のモスク

鮮やかな青色に魅せられる!クアラルンプールから「ブルーモスク」へ行こう

写真提供:マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

東南アジア最大級の規模を誇り、マレーシアを代表するモスクのひとつが、鮮やかなブルーと白のコントラストが美しい「スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク」、通称“ブルーモスク”だ。

直径52mの巨大なドームを取り囲むように、高さ140mの4本のミナレット(塔)が空高くそびえ立ち、その姿は圧巻。ドームの大きさは宗教建築の中で世界最大。

本文を読む


 
写真提供:マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

1988年に創建されてから、セランゴールの人々の祈りの場であると共に、コミュニティーの中心として存在してきたブルーモスク。建物の中には、2つの巨大なプレイホールに加え、図書館や多目的ホール、教室、結婚登録所が完備されている。

写真提供:マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

マレー建築と中東のイスラム建築が見事に融合した建築様式は、異国情緒たっぷりで、近年は多くの観光客が世界中から訪れている。礼拝の時間以外であれば、観光客も建物を見学して回ることが可能だ。

女性だけ入室するのとのできるプレイホールの上階  ©TRIPPING!

美しい幾何学模様の壁や、大理石の廊下、豪華なシャンデリアや真っ青なステンドグラスなど、イスラム様式の美しい空間が広がる建物の内部は、一見の価値あり。

©TRIPPING!

尚、ブルーモスクでは自由見学ができないため、ボランティアガイドによるガイドツアーに参加して見学する必要がある。イスラム教やイスラム建築のことについて話を伺いながら、ブルーモスクの各所を見学して回ることができ貴重な体験になるはず。基本的には英語でのガイドになるので、英語が苦手な人は毎週火曜日の10:00〜12:00の間に実施されている日本語ガイドツアーに参加してみよう。

日本語ガイドの池田さん。マレーシア人の旦那様との結婚を機にイスラム教徒に   ©TRIPPING!

ちなみに女性は、入口横の受付でトゥドゥン(頭にかぶる布)とローブを借り、身につけてから入館する。

写真提供:マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

アクセスは、クアラルンプール中心街から車で約40分。電車でアクセスする場合は、KLセントラル駅から、KLコミューターに乗車してシャーアラム駅で下車。さらにタクシーで約10分。※渋滞時は除く

 
スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク
(ブルーモスク)

・HP:http://www.mssaas.gov.my/
・住所:Persiaran Masjid, 4000 Shah Alam, Selangor Darul Ehsan
・電話:(+60)3 5519 9988
・見学可能時間:
10:00~12:00 14:00~16:00 (月-木)
10:00~12:00 14:00~16:00 17:00~18:00(土日)
※金曜は礼拝のため見学不可

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム