タイ
グルメ
セントラルワールド内「ZEN」7階

バンコクのミシュラングルメが集まるおしゃれフードコート


著者撮影

バンコクの有名デパート「セントラル・ワールド」内のフードコート「LIVING HOUSE」には、ミシュランガイドに掲載されたストリートグルメが集まっています。

普通のフードコートよりは多少割高ではありますが、広々としたおしゃれな空間の中、美味しいタイ料理を食べられるのが魅力です。

本文を読む



著者撮影

場所は、バンコクのBTSチットロム駅とBTSサイアム駅の中間くらいにあるデパート「セントラルワールド」内です。

セントラルワールドには私が把握している限り2つのフードコートがあるのですが、今回紹介するLIVING HOUSEは、セントラルワールド内の「ZEN」という建物の7階に位置しています。

昨年できたばかりのため新しくきれいで、セントラルワールド内のもう一つのフードコートよりも人が少なくて落ち着いた雰囲気です。

ミシュラン・ガイドに掲載されたストリートフードが集まっていることが特徴で、美味しいと有名な「ポロフライドチキン」や、ヤワラートのクィッティアオ店「リムラオ・ンゴウ」、牛肉麵の「TEN SUNS」などが出店しています。


著者撮影


著者撮影

アーリー地区にある「オントンカオソーイ」は、看板はあるもののブースは空の状態でした。


著者撮影

ほかにもいくつか空のブースが見受けられました。新型コロナウイルスの影響で閉店したのでしょうか。

ミシュラン・ガイド掲載の有名店だけを集めたためか、価格は普通のフードコートよりも高めでした。1品100バーツ以上するものが多かったように思います。

その分、食事スペースにはソファー席などもあってレストランと遜色ない雰囲気です。


著者撮影

セントラルワールド内のもう一つのフードコートと比べると、お客さんが少なめで落ち着いて食べることができます。


著者撮影

ここのフードコートでは、最初にカウンターでプリペイドカードを購入します。このカードを使って各ブースで好きなものを購入し、帰るときにカウンターで残金を返金してもらうシステムです。

今回は2人で500バーツ入金しました。カードの有効期限は1日限りなので、返金してもらうのを忘れずに。

私はヤワラートのクィッティアオ店「リムラオ・ンゴウ」のトムヤムクンヌードルにしてみました。


トムヤムクンヌードル THB 165(約540円) 著者撮影

大きなエビがゴロンと2匹も入ったトムヤムクンヌードルです。このスープがとても美味しかった。ココナッツミルクのコクのある、濃厚なスープです。

麺はおすすめされたセンミー(極細麺)にしたけれど、私には少し多すぎたかな。

写真映えするかと思ってエビ入りにしたけれど、剥いて食べたら手がベトベトになってしまいました。エビも美味しかったけれど、よっぽどのエビ好きじゃなければルークチン(フィッシュボール)のみでもいいかな。

しかしこのスープは本当に美味しかった。フードコートでこの味のトムヤムクンが食べられるとは思っていませんでした。

こちらは「TEN SUNS」の牛肉麵。


KOBE BEEF EGG NOODLE SOUP THB 180(約590円) 著者撮影

タイのローカルグルメなのに神戸牛を使っていて豪華です。こちらもとても美味しかったそう。

飲み物は水(THB 40)を購入しましたが、ほかにジュースやビール・ワインまで売っていました。生ビールのタップも発見。


著者撮影

レストランと遜色ない品ぞろえのフードコートでした。

以上、セントラルワールド「ZEN」7階にある、ミシュラングルメが集まったフードコート「LIVING HOUSE」について紹介しました。

1品50~60バーツ程度で食べられる普通のフードコートからするとお高めですがその分美味しかったですし、レストランのようなゆったりした雰囲気でサービスも良かったです。

ワンランク上のフードコートに、ぜひ行ってみてください!

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.3円で計算(2020年9月現在)



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます