TRIPPING! トップ × ASEAN × タイ × バンコク × ソンブーンのプーパッポンカリーはやっぱり美味しかった!
Loading
2017.5.31 16:08
Saku:フリーライター
この著者の記事 タイ料理 バンコクタイ料理 バンコクレストラン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


著者撮影

どこの土地にも、ガイドブックにも絶対に載っている有名店ってありますよね。バンコクで言えば、カニと卵のカレー風味炒め「プーパッポンカリー」で有名なレストラン「ソンブーン」もその一つです。

本文を読む


 
そんな超有名店ですが、バンコクに住んで3年も経つというのに実は一度も訪れたことがありませんでした。しかし先日遂にソンブーンを訪れることができたのでレポートしたいと思います。

ソンブーンはバンコク市内にいくつか支店があるのですが、今回訪れたのはBTSプルンチット駅直結のデパート「セントラルエンバシー」内の店舗です。


著者撮影

店内は高級感のある内装。机もゆったりと配置されていて、落ち着いて食事をすることができます。


著者撮影

メニューを見るとシーフードの有名店だけあって、数々のシーフードメニューが並んでいます。ファミリーメニューというページも有り、お子様でも食べられる辛くないメニューも用意されているようです。メニューは全て写真付き&日本語訳がありますので、注文もラクラクです。

今回はもちろん看板メニューのプーパッポンカリーをオーダーします。プーパッポンカリーは蟹と卵を炒めたカレー風味の料理で、それほど辛味が無いことから日本人に特に人気のタイ料理メニューです。ソンブーンは、このプーパッポンカリーの発祥の店ということで有名なんですよね。

殻付きの蟹を使ったものの方が見栄えは良いのですが、今回は食べやすさを重視して殻無しのヌアプーパッポンカリー(Sサイズ)にしました。本家本元のプーパッポンカリーのお味はいかに…?


著者撮影

食べてみると、たしかに美味しい!!プーパッポンカリー自体が味が濃い目の料理なのですが、その中でも蟹の味がしっかり感じられて、ちょうどよいバランスです。白いごはんが進みます。

そのほかにオーダーしたのは、タイ料理の定番とも言える空芯菜炒め。


著者撮影

それからエビのガーリック蒸しです。


著者撮影

どちらもさすがのお味でした。やはり有名店になるには、それなりの理由があるのだなと納得です!

なお、お会計は三人で上記3品と白いごはん、お水をオーダーして1,254バーツ(約4,140円)でした。

ソンブーンはバンコク市内に7店舗を展開していますが、ランチ営業しているのはセントラルエンバシー店とサイアムスクエアワン店、サムヤーン店の三店舗です。その他の店舗は夕方16時からの営業になりますのでお気をつけくださいね。

日本円表示は1バーツ≒3.3円で計算(2017年5月現在)

地図・詳細はこちら

ソンブーン セントラルエンバシー店

URL:http://www.somboonseafood.com/index.php/jp/site/home
営業時間:11:00 - 22:00
電話番号:(+66) 2 160 5965
住所:5th fl., Central Embassy 1031 Ploenchit Rd, Lumpini, Pathumwan, Bangkok 10330

mapボタン

  • バンコクの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

気軽に入りやすい!ベトナム料理のチェーン店6店

1人旅の食事におすすめ!

気軽に入りやすい!ベトナム料理のチェーン店6店
マレーシアの歴史を世界遺産で追う

東洋と西洋の融合!多民族国家マレーシア

マレーシアの歴史を世界遺産で追う
チェンマイを俳優・高杉真宙さんが巡る旅動画の予告編を公開

古都を巡る男旅!

チェンマイを俳優・高杉真宙さんが巡る旅動画の予告編を公開
シェムリアップ「カンダール・ヴィレッジ」でおしゃれアイテムハンティング!

最旬ショップエリアへ

シェムリアップ「カンダール・ヴィレッジ」でおしゃれアイテムハンティング!
インドネシアの歴史を世界遺産で追う

悠久の歴史を感じる旅に出かけよう!

インドネシアの歴史を世界遺産で追う
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu