シンガポール
グルメ
日本の有名人も訪れる!

からだに優しくきれいになれるシンガポールの薬膳料理レストラン

Four Point Sheraton(フォー・ポイント・シェラトン・ホテル)の2階。少しレトロな雰囲気の薬膳料理屋さん 筆者撮影

特に薬膳料理と銘打たないお料理でも、多くの中華料理にはなつめやクコの実などの薬膳が多く使われていますが、今回ご紹介するレストラン「Imperial Restaurant」はローカルのお料理の先生もおすすめの本格薬膳料理のお店です。

Cold Jelly Fish Salad(きくらげの冷製サラダ) 筆者撮影

前菜はキュウリときくらげとパクチーの中華ドレッシングあえ。食物繊維を多く含むきくらげは、女性向けの食材とよく聞きます。きくらげの臭みもなく、あっさりしていてとても食べやすく調理されていました。旅行中は便秘気味になる事も多いので、嬉しい一品です。

Fu Rong(Fluffy Egg White)w/Dried Scallop(メレンゲと干し貝柱のオーブン焼き) 筆者撮影

お店の方がお料理の効能を説明してくれるのですが、メレンゲ(卵のしろみを泡立てたもの)はお肌にとても良いそうです。水分量があがりしっとりするのだとか。「美」をセールスポイントにしてる日本の某芸能人は、このお店に来た時は必ずこのお料理を注文するそうです。美容に良いだけではなく、干し貝柱の風味がほのかにして、とても美味しい一品でした。

冬瓜ときぬがさだけのスープ 筆者撮影

血の巡りを良くするスープ、と説明を受けたのですが、食べているうちに身体がぽかぽかしてきて血流が良くなったのを実感しました。味はあっさりと「優しい味」と言う表現がぴったり。量も一般的な中華のコースのスープよりは多いのですが、あっと言う間に飲めてしまいました。

Black Bean Curd in Carrot Sauce(黒豆の豆腐の人参ソースかけ)とOlive Vegetable Fried Rice w/ Green Soya Beans(オリーブと枝豆のチャーハン) 筆者撮影

あっさりした炒飯と言うのも珍しいのですが、絶妙な味付けで最後でお腹がいっぱいなのに、食べ続けてしまえる味。枝豆のシャキシャキ感がアクセントになっていました。

薬膳料理は苦味が強く食べにくいのかと思っていましたが、自然の風味でいただくお料理は身体にじんわり効く、ヘルシー感覚満載なお料理でした。

旅行で疲れた身体に優しい薬膳料理。美容にも良いそうなので、ぜひお試しください。



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム