シンガポール
グルメ
一度は味わいたい人気料理の数々

シンガポールの定番ローカルフードの有名店を巡ろう

旅先のソウルフードを楽しむことは、旅行の醍醐味! 今回はシンガポールに行ったら確実に味わいたい、代表的なローカルフードが食べられるお店をご紹介。絶品ローカルフードを存分に堪能しよう。

 

1969年創業「肉骨茶」の老舗レストラン
「Song Fa Bak Kut The」


©TRIPPING!
「肉骨茶(バクテー)」は、骨付きの豚肉をニンニクと漢方、胡椒などのスパイスで煮込んだスープ料理。1969年の創業以来、多くの人に愛されている「Song Fa Bak Kut The(ソンファ・バクテー)」では、3種類のバクテーが楽しめる。漢方とスパイス香る豚骨スープに、ホロホロに煮込まれた豚肉は、病みつきになる味わいだ。

 

コスパ良しな「チリクラブ」
「No Signboard Seafood Restaurant」


©TRIPPING!
中華味噌、チリ、ケチャップ、ニンニクなどで作られたソースをカニに絡ませた「チリクラブ」。ガイドブック常連店の「No Signboard Seafood Restaurant(ノー・サインボード・シーフード・レストラン)」では、甘辛いソースにニンニクが効いた味付けで日本人も食べやすいチリクラブが堪能できる。付け合わせのパンと楽しもう。

 

ローカルから観光客まで人気の老舗「チキンライス」店
「文東記(ブン・トン・キー)」


©TRIPPING!
蒸した鶏をぶつ切りにしたものを、鶏の出汁で炊いたご飯に乗せて食べる「チキンライス」。数ある店の中でも、不動の人気を誇るのは「文東記(ブン・トン・キー)」だ。高級店に引けを取らない洗練された味付けと、なめらかでふっくらした蒸し鶏がリーズナブルな価格で楽しめるとあって、絶えず多くの人が足を運ぶ。

 

王道チキンライスが楽しめるレストラン
「威南記海南鶏飯」(ウィーナムキー ハイナンチキンライス)


©TRIPPING!
「威南記海南鶏飯」(ウィーナムキー ハイナンチキンライス)は、シンガポールでは知らない人はいないメジャー店。ここで食べるチキンライスは、甘みのある濃いめのタレが特徴で日本人好みの味付けになっている。メジャーなレストランということもあり、屋台や食堂で食べるにはまだ勇気が出ないという方にもオススメ。

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム