シンガポール
グルメ
超絶おすすめは「クラブ・ビーフン」

チリ・クラブだけじゃない! シンガポールの本当に美味しいカニ料理

著者撮影

シンガポールの名物料理と言うと、チリ・クラブの名前があがりますが、シンガポール人がカニ料理を食べに行くレストランには、チリ・クラブ以外のカニ料理メニューがたくさんあります。その多くは中心部から少し外れた所にあるのですが、観光の合間にも行きやすい中心部タンジョン・パガーにあるカニ料理の隠れた名店をご紹介いたします。

本文を読む


 

中心部タンジョン・パガーにあるカニ料理の名店「Mellben Signature(メンベル・シグネチャー)」

著者撮影

こちらのお店は、HDB(団地)の一階部分にありローカルムードいっぱいのお店です。いつも混んでいるので予約をお薦めします。チャイナタウンから徒歩圏内にありますので、観光の途中に立ち寄る事も可能です。

チリ・クラブをはじめ、ラクサ・クラブ、ブラックペッパー・クラブ、ソルテッドエッグ・クラブなどなど、たくさんのカニ料理メニューがあります。その中でも私のおすすめは、「クラブ・ビーフン」です。

メルベンのクラブ・ビーフンはココナッツベースのスープですが、見た目よりもあっさりしています。麺は太目の米粉麺。ビーフンと言うよりもラクサに入っている米麺に近いです。

 

カニの旨みがビーフンに絡まって、止められない美味しさ!


著者撮影

ビーフンもスープも足してもらえるので(追加料金あり)、量が減って来たら遠慮なくオーダーして下さい。こちらのお店はアウトドアのレストランになっているので、エアコンは効いていません。暑い中で食べる鍋料理もまた格別ですし、汗をかきながら食べる価値のあるお料理だと思います。

チリ・クラブは東京など、日本でも食べられる味ですが、このクラブ・ビーフンはシンガポールでしか味わえないので、ぜひお試しください!

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード