ミャンマー
ホテル/宿泊
MY HOTEL CHOICE in ヤンゴン

続々登場!ミャンマー・ヤンゴンで外資系ホテルチェーンにステイする

Lobby Area
©PARKROYAL Yangon hotel

“アジアのラストフロンティア”と言われるミャンマー。ロマンティックでミステリアス。そんな魅惑の仏教国に、世界中のトラベラーが熱い視線を送っている。ミャンマーの旧都であるヤンゴンは、ここ数年、インターナショナルホテルチェーンをはじめとするワールドクラスのホテルが続々とオープンし、観光地としてのインフラも急速に整い出している。ミャンマーは初めてという人が多いはずなので、ここは安心して快適に過ごせる外資系大手ホテルチェーンを選びたい。

本文を読む


そこで今回の「MY HOTEL CHOICE」では、ヤンゴンの中でも、選りすぐりのワールドクラスの外資系ホテルチェーンをピックアップ。

 

1. Sule Shangri-La, Yangon
スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン

36f013l
©SHANGRI-LA HOTELS & RESORTS

スーレー・パゴダやボージョーアウンサンマーケットなど、ヤンゴンの主要観光名所に程近い繁華街の中心部に、エレガントなムードをたたえた一軒のラグジュアリーホテルがある。香港に本拠地を置き、アジア太平洋地域を代表するラグジュアリー ホテルグループであるシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツが運営する5つ星ホテル「スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン」に一歩足を踏み入れてみれば、ヤンゴンの街の賑やかな雑踏とは別世界。

アジアや中東の主要都市、中国の観光地やフィジーなどのリゾート地に95のホテルとリゾートを展開するシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツは、都会のど真ん中でも、オアシスのようなリゾート空間でくつろげる、極上のホテルエクスペリエンスを提供する。そのブランドスピリッツは、ヤンゴンでも健在。

36r015l
©SHANGRI-LA HOTELS & RESORTS

広々としたゲストルームとスイートが合計479室。窓からは歴史あるヤンゴンの街並みや緑豊かな樹木、輝くパゴダが望める。こんなシティービューはヤンゴンでしかお目にかかれない。室内にはモダンなインテリアと高級感あふれる調度品、各種アメニティも完備。バスルームも広々としていて、居心地は申し分ない。

36f016l
©SHANGRI-LA HOTELS & RESORTS

シグネチャーレストランの夏宮では、ランチタイムに人気の飲茶や新鮮なシーフード、アラカルトメニュー、バンケットディナーコースまで、本格的な広東料理を楽しめる。せっかくミャンマーに来たのだからローカルなミャンマー料理にトライしたい!と思えば、ロビー階にあるカフェスーレーの朝食ビュッフェへ足を向けてみて。

————————
*宿泊料金:一泊USD 190~
*部屋数:479室

住所:#223 Sule Pagoda Road, G.P.O. Box 888, Yangon, Myanmar
TEL: (+95)1 242 828
Email:ssyn@shangri-la.com
http://www.shangri-la.com/jp/yangon/suleshangrila/

 

2. PARKROYAL Yangon hotel
パークロイヤル ヤンゴン ホテル

Facade-night
©PARKROYAL Yangon hotel

アジアとオーストラリアの主要都市に、開発中を含め17のホテル、リゾート、サービススイートを擁するパークロイヤル ホテルズ &リゾーツが、ヤンゴンの中心街に構えるのが、地元でも老舗高級ホテルとして知られる「パークロイヤル ヤンゴン」だ。ローカルな伝統、地域性を大切にしつつも、ワールドクラスの洗練されたホテルエクスペリエンスを提供する。フレンドリーなムードのスタッフによるホスピタリティなど、気取りのない居心地の良さにも定評があるホテルチェーンだ。

Deluxe Room 1
©PARKROYAL Yangon hotel

「パークロイヤル ヤンゴン」は、ヤンゴン観光の拠点としても最適なロケーションに位置している。2,600年の歴史を誇るシュエダゴン・パゴダや有名なボージョーアウンサンマーケットなどヤンゴン観光のハイライトとなる観光スポットをはじめ、地元の人々で賑わう食べ物横町、昔ながらの市場、そしてモダンなショッピングスポットなど、ヤンゴンの楽しみ方は多彩。ローカルに詳しい受付カウンターのスタッフによる口コミも頼りになるはず。公共交通機関「バス カー」に乗って街中散策へ繰り出して。

spice brasserie
©PARKROYAL Yangon hotel

大手外資系ホテルへステイするなら、食事のクオリティも保証されているので安心。「パークロイヤル ヤンゴン」では、ミャンマーチキンカレーといった地元の味覚も美味と評判。その他、西洋料理ビュッフェ、中華レストラン、日本料理店など豊富なダイニングチョイスを用意。ザ・ミュージッククラブでは、カクテルを片手に賑やかなダンスフロアで楽しいひと時を過ごして。

————————
*宿泊料金:USD 190~ (税5%、サービス料10%別)
*部屋数:334室

住所:33 Alan Pya Phaya Road,Dagon Township, Yangon, Myanmar
TEL:(+95)1 250 388
Email:enquiry.prygn@parkroyalhotels.com
https://www.parkroyalhotels.com/ja/hotels-resorts/myanmar/yangon.html

 

3. Novotel Yangon Max
ノボテル ヤンゴン マックス

ノボテル2
©Accorhotels

「ノボテル ヤンゴン マックス」は、フランス・パリを拠点に94カ国で約3800ものホテルを展開するホテルチェーンで、ヨーロッパのトラベラーの間では、その名を知らない人はいないというほどの知名度と規模を誇るアコーホテルズが運営する一軒だ。

http://www.accorhotels.com/9045
©Accorhotels

「革新的なホテル」を意味する「ノボテル」は、アコーホテルズが展開するホテルの中でも、世界中のどんな場所でもワールドスタンダードを提供するミッドスケールクラスのホテルブランド。ビジネスやファミリーでのレジャー、カジュアルな女子ひとり旅にも使えて、日本人も安心して利用できる便利さが魅力。

「ノボテル ヤンゴン マックス」は、ヤンゴン国際空港から車で20分、ヤンゴン市街の北郊のミャンマー最大のショッピングモール、ジャンクション・スクエアから歩いてすぐにロケーションしていて、ヤンゴンのダウンタウンを満喫するのにもぴったり。

ノボテル3
©Accorhotels

最も好印象なのは、ホテルの設備の清潔感。ホテルがキレイだと旅へのモチベーションもおのずと上がる。ミャンマー風のアレンジを加えたスタイリッシュなゲストルームに、機能的な最新設備を備えたゲストルームやフィットネスセンター、アーバンリゾートらしい屋外プールとプールサイドバー、屋外テニスコート、3 軒のレストラン、4 軒のバー・ラウンジは、いずれも新しくスタイリッシュ。

————————
*宿泊料金:HPを確認
*部屋数:420室

住所:459 Pyay Road, Kamayut Tsp,PO BOX 895,Yangon, Myanmar
TEL: (+95)1 230 5858
Email:H9045-RE@accor.com
http://www.accorhotels.co.jp/

 

4. Chatrium Hotel Royal Lake Yangon
チャトリウム ホテル ロイヤル レイク ヤンゴン

Chatrium Hotel Royal Lake, Yangon, Myanmar
©Chatrium Hotels & Residences

ヤンゴンの中心に位置するガンドージ湖のほとりに佇む、コロニアル調の優雅なエクステリアを持つ5つ星ホテル「チャトリウム ホテル ロイヤル レイク ヤンゴン」は、ヤンゴンでも有数のラグジュアリーホテル。街の喧騒から離れて、緑豊かな水辺の静かな環境の中で、神秘の国・ミャンマーに流れる、ゆったりとした時間に身を任せることができる。

GALLERY-restaurants-Lobby_Lounge_3_e9271f
©Chatrium Hotels & Residences

チャトリウムグループは、微笑みの国タイの最上級のおもてなしを提供したいというブランドコンセプトのもとに誕生し、ヤンゴン以外に、タイ・バンコクに4つのホテルと1か月以上の長期滞在用のサービスアパートメント1軒を有しているホテルグループ。いずれもビジネスから、レジャー、女子旅に至るまでの幅広いニーズに応えるハイグレードなホテルを揃える。

豪華な内装の広々としたゲストルームには、シックでコージーなインテリアや調度品が配され、高級ホテルならではの洗練された居心地の良さを感じさせる。ホテルの自慢は部屋から望める湖の朝夕のドラマティックな景色。サンセットテラスへ行き、心行くまで夕日の時間を過ごしてもいい。

Chatrium Hotel Royal Lake, Yangon, Myanmar
Chatrium Hotels & Residences

館内には6つのレストランとバー、ネミタ・スパ、ビーチスタイルのプールなど、リゾート気分を盛り上げる要素をフル完備。特に南国の木々に囲まれたプールは、さすがタイを本拠地とするリゾートチェーンだけあって優雅なムード満点。おいしいカクテルやジュースを飲みながら、何もしない贅沢な時間を楽しんで。

————————
*宿泊料金:一泊 17543円~
*部屋数:342室

住所:40, Natmauk Road, Tamwe Township,Yangon 11211, Myanmar
TEL:(+95) 1 544 500
Email: info.chry@chatrium.com
http://www.chatrium.com/chatrium_hotel_yangon/default-ja.html

 

Belmond Governor’s Residence
ベルモンド ガバナース・レジデンス (ミャンマー、ヤンゴン)

GRS-EXT-05
©BELMOND HOTELS

人生一度は訪れたいと思わせる絶景が点在するミャンマー。一生の思い出に残る旅をグレードアップさせるなら、ステイ先をワンランクアップさせてみてはいかが?
本連載のホテルセレクトからは少々値が張るものの、番外編としてぜひご紹介したい一軒が、「ベルモンド ガバナース・レジデンス」だ。

世界中に45軒のラグジュアリーホテル、豪華列車、リバークルーズを展開し、夢のような景勝地や、エキサイティングな体験を約束する観光地へいざなうベルモンドが運営する「ベルモンド ガバナース・レジデンス」は、まさにミャンマーにおける夢のようなバカンスをかなえる理想的な一軒。

GRS-POOL-03
©BELMOND HOTELS

何よりこのホテルを特別なものにしているのが、時を超えた味わい深さがにじみ出た、ストーリーテリングな面持ちのコロニアル調の建物だ。ここは、1920年代に建てられたミャンマー南部の州知事の旧邸宅を改造したホテルで、蓮の池を擁した緑豊かな庭園に囲まれ、随所に古き良き時代のノスタルジーを宿している。

客室は全面ウッドフロア。彫刻が施された見事なチーク材の調度品と贅沢なシルクで彩られ、リラクシングソファ、大理石のバスタブ、心を落ち着かせるやわらかなランタンの灯り…。すべてがクラシカルに統一されていて、このホテルの歴史と物語を語るために存在しているようなものばかり。

GRS-ACC-BED-01
©BELMOND HOTELS

庭園の緑を眺めながらチェスを打ったり、ライブラリーを訪れたり、専用スパのガバナーズ・オアシスでボディセラピーやビューティ・トリートメントを堪能したりと、ホテルで過ごすどんな時間も、安らぎに満ちた充足感をもたらしてくれる。特に屋外のロマンティックなロケーションでゆっくりとディナーを楽しめるマンダレイ・レストランでの時間は、メモリアルな夜の幕開けを予感させる。何度でも訪れたくなる場所をミャンマーで見つけたいという人は、一度訪れてみる価値がある一軒だ。

————————
*宿泊料金:一泊 549USD~
*部屋数:49室

住所:35 Taw Win Road,Dagon Township,Yangon,Myanmar
TEL:(+95)1 229 860
E-mail: reservations.tgr@belmond.com
http://www.belmond.com/ja/governors-residence-yangon/

 

(text : Miwa Ogata)
 

TRIPPING!編集部がリアルに泊まりたいホテルをピックアップ!
【MY HOTEL CHOICE】
>>その他の記事はこちら

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム