TRIPPING! トップ × ASEAN × ベトナム × ホイアン × ベトナム世界遺産の街・ホイアンでリゾートステイ
Loading
2015.4.24 18:00
この著者の記事 Feature MY HOTEL CHOICE ベトナムホテル ホイアンホテル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

56175555-H1-Anantara_River_View_Suite_Balcony
©ANANTARA HOI AN RESORT

毎月、旧暦14日の満月の夜になると、家々の軒先に吊るされたランタンの灯りが、ベトナム中部にある古都・ホイアンの街を幻想的に照らし出す。これが有名な「ランタン祭り」だ。中世に東西貿易で栄えたホイアンは、今も木造建築の美しい街並みを留めており、

本文を読む


1999年には世界文化遺産にも登録された。のどかな山岳風景とリゾートビーチが広がる美しいこのエリアは、国際空港のオープンを機に世界中から熱い視線が注がれるようになった。成田からの直行便も就航し、日本からのアクセシビリティもぐんと向上。今回の「MY HOTEL CHOICE」では、そんな新リゾート地ホイアンの魅力を堪能すべく、ランタン祭りの中心ポイントまで徒歩圏内もしくは、車で10分以内のホテルをピックアップ! 滞在先のホテルのロケーションをリバーサイドにするか、ピーチサイドにするかは、ぜひお好みで。

 

1. Hotel Royal Hoi An Mgallery Collection
ホテル ロイヤル ホイアン M ギャラリー コレクション

3492-17
© Accorhotels

 
ホイアンの街の目抜き通り、バクダン通り沿いに流れるのがトゥボン川だ。豊かな水をたたえた穏やかな川面には、村人が昔ながらの小舟で釣りをする様子が眺められたりと、のんびりとした空気に満ちている。「ホテル ロイヤル ホイアン M ギャラリー コレクション」は、川のほとりに立つ高級ホテル。2014年12月にオープンしたばかりで比較的新しいこのホテルは、コロニアル調のクラシックな外観に、アジアンテイストのインテリアや内装のディテールがうまく融合した洒落たデザインが特徴的。
3497-70
© Accorhotels

 
ダイニングシーンでは、新鮮なベトナムの食材を使ったアジアンフュージョンとヨーロピアンを融合した多国籍料理を提供する「FAIFO CAFÉ」とSUSHIやYAKITORIなどを振る舞う日本料理レストラン「Wa Ka Ku」の2軒があるが、どちらでも暮れなずむサンセットを眺めながら、テラスでくつろぎのディナーを楽しむことができる。スパ、フィットネス、屋外プールやサウナも完備し、アコーホテルズグループの最高級ホテルとして、施設の充実ぶりは申し分ない。
9574_sl_01_p_1024x768
© Accorhotels

 
客室の窓から見渡せる川辺の光景は、まるで一幅の山水画を見ているかのようで、自然とゆるやかな気分へと導いてくれる。いつまでも見つめていたくなるような居心地のいい景色が目前にあるけれども、もしホイアンのもうひとつの顔でもあるビーチの魅力を知りたければ、ビーチへ向かう無料シャトルバスに飛び乗ってみてはいかがだろう。

*部屋数:119室
———————————–
住所:39 Dao Duy Tu Street Cam Pho Ward 51000 HOI AN, Vietnam
TEL:(+84)510/3950777
Email:reservation@hotelroyalhoian.com
www.accorhotels.com/ja/hotel-9574-hotel-royal-hoi-an-mgallery-collection

 

  • ホイアンの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

屋台でのんびりタイ料理 タイ風焼き肉を食らう

熱帯写真家フォトエッセイ

屋台でのんびりタイ料理 タイ風焼き肉を食らう
セブ島最強の穴場、モアルボアルがベストシーズンに突入!

美しいサンゴの園はアジア随一

セブ島最強の穴場、モアルボアルがベストシーズンに突入!
バンコクで楽しむ!大満足の絶品マーケット朝ごはん

週末は早起きして朝市へ

バンコクで楽しむ!大満足の絶品マーケット朝ごはん
プリファード ホテルズ&リゾーツが ボラカイ&マニラの“女子旅”特別オファー

フィリピン旅行を愉しむスペシャルプラン

プリファード ホテルズ&リゾーツが ボラカイ&マニラの“女子旅”特別オファー
【編集部の旅日記】関西からシンガポールまでスクートの直行便を利用してみた!

LCC初のシンガポール直行便へ搭乗

【編集部の旅日記】関西からシンガポールまでスクートの直行便を利用してみた!
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu