カンボジア
ショッピング
遺跡観光の後はマーケットへ!

達人に聞く!シェムリアップ、ナイトマーケットの楽しみ方

photo: 北山 義浩

東南アジアの旅の醍醐味は、なんといってもマーケット巡り!アンコールワットの街シェムリアップもその例外ではなく、中でも最近はナイトマーケットが盛り上がりを見せています。

本文を読む


 
今回は特に人気のある「メイド・イン・カンボジアマーケット」「アンコール・ナイトマーケット」をご紹介。どんなものが買えるの?楽しみ方は?限られた時間の中、もれなく効率よく巡るには?

そこで、ナイトマーケットに詳しい「ナイトマーケットの達人」に、楽しみ方の極意を伝授してもらいました!!

 
では、まずは2つのマーケットを簡単にご紹介!

 

カンボジア産のプレミアム雑貨がずらり
メイド・イン・カンボジアマーケット

02photo: 北山 義浩

「キングズロード」というレストランが集まる川沿いの一角の中庭で開催されているマーケット。名前のとおりカンボジアで作られたオリジナル商品のみを扱っています。欧米系のNGO団体や、街中に店舗を持つ店など、テナントはちゃんとしたところばかり。基本値段交渉はなく、マーケットというよりショップの集まりといったほうがしっくりくるかもしれません。クオリティの高いおみやげを探すならもってこいの場所です。

メイド・イン・カンボジアマーケット(Made in Cambodia Market)

住所 East of Old Market Bridge, Achar Sva St, Siem Reap
営業時間 12:00〜22:00 (毎日開催)
HP https://kingsroadangkor.com/made-in-cambodia-market-new-site/?fbclid=IwAR3aCaJd3ikfSWbWMhqP2Czmvz_Qo7ARVlKB6sPMqV3dF5DXEHTbExgNocs


 

バラマキみやげの宝庫!日本人経営のテナントも
アンコール・ナイトマーケット

03photo: 北山 義浩

数あるナイトマーケットの中で、最も古くからあるマーケット。安くてかわいいアジア雑貨や旅行中に着たいご当地Tシャツなど、バラマキ土産にちょうど良いおみやげが揃います。そんな中、日本人によるオリジナリティある雑貨店が複数入っていることもウリ。マーケット周辺は安宿街で、BBQ屋台や格安マッサージなどもあり、これぞアジア!的な雰囲気が楽しめる夜市です。

アンコール・ナイトマーケット(Angkor Night Market)

住所 Angkor Night Market St, Stung Thmey Village, Sangkat Svay Dangkum, Siem Reap
営業時間 17:00〜24:00 (毎日開催)
HP http://angkornightmarket.com/

 

ナイトマーケットの楽しみ方。達人おすすめモデルプラン!

04
Sui-Johの額田さん(右)と奥様のシナさん 著者撮影

ではここで達人登場!両マーケットに出店している、カンボジア発のファッションブランドSui-Johの額田竜司さん&シナさんご夫妻に、2つのマーケットをいかに上手に巡って楽しむかをお聞きしました。達人リコメンドのおすすめプランを、いざご紹介!

 

17:00:「メイド・イン・カンボジアマーケット」でショッピング開始!

まずは”メイドイン”から出発。こちらのマーケットはお昼からやっているので、夕方にはすべてのお店が出揃っていて盛況感いっぱい!

達人コメント:
『ここでしか買えない雑貨もたくさんあるので要チェック!!』

05
クオリティの高い手織りスカーフもずらり photo: 北山 義浩

06
カンボジアの米焼酎をおしゃれにアレンジしたソンバイ 著者撮影

 

17:30:マーケット内でショーを鑑賞

07
地元バンドによるミニライブ photo: 北山 義浩

週に4日ほどミニライブや伝統舞踊などの無料ショーが開催されています。曜日によっては、人気のファーサーカスのパフォーマンスも!

 

18:00:キングズロードでちょっと早めの夕食♪

08
クメール料理のロハット(左)と人気カフェブルーパンプキン(右) photo: 北山 義浩

マーケットのあるキングズロードには、外国人向けのレストランやカフェがいっぱい。ここで、早めの夕食をとっちゃいましょう。

達人コメント:
『本格イタリアンのテラッツァ、飲茶が評判のエンペラー・オブ・チャイナなど多国籍料理も!だけど、クメール料理がとびきりおいしいロハットが達人イチオシ!』

 

19:00:アンコール・ナイトマーケットへ移動!

移動手段は徒歩、またはトゥクトゥクで。徒歩でも10分程度で着いちゃう至近距離。明るい繁華街を通るので、散策がてら歩くのもいいですね♪

 

19:20:アンコール・ナイトマーケットでお買い物!

ナイトマーケットに到着!ちょっと入り組んだ形で、左側がマーケットA、中央の別マーケットを挟んで右側がBとなっています。順路としては、日系テナント集まるBから入って、その後Aに移動。買い物を楽しんだ後は、Aの「アイランドバー」で一杯飲んだり、マッサージでリラックスしたり♪が達人おすすめの巡り方!
※いくつかのテナントは、中央のマーケットに移動しました

達人コメント:
『マーケット自体は5時オープンだけど、夜8時頃からが断然おすすめ!』

09
ご当地Tシャツとカンボジアスカーフ「クロマー」 photo: 北山 義浩

10
バナナの繊維で作ったスタイリッシュな小物Ashi(現在は中央のマーケットに移動) photo: 北山 義浩

11
ワンちゃんの服とおそろいグッズが楽しいShippos(現在は中央のマーケットに移動) photo: 北山 義浩

12
Hari Haraのアクセサリーは在住女子に大人気(現在は中央のマーケットに移動) photo: 北山 義浩

13
Aの入口にあるランドマーク的バー「アイランドバー」 photo: 北山 義浩

14
マーケット奥にある屋外マッサージ。1時間数ドル~とお値打ち photo: 北山 義浩

 
いかがでしたか?シェムリアップは比較的治安もよく、夜の散策も楽しめます。遺跡観光の後は、ナイトマーケットで素敵な旅の思い出を作ってくださいね♪

(text: 矢羽野 晶子)

【連載】シェムリアップてくてく散歩 〜楽しくて、ちょっとディープな街歩き~



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム