タイ
グルメ
バンコクからの1Dayトリップ

タイ人に大人気の食堂で アユタヤ名物巨大エビを食べる!

バンコクから車で約1時間というアクセスの良さで、日本からのタイツアーのコースにも必ずと言っていいほど組み込まれている、古都アユタヤ。

美しい遺跡群やゾウ乗り体験など、子供から大人まで楽しめるアクティビティーが盛りだくさんのアユタヤですが、名物の巨大エビもアユタヤでぜひ楽しみたいもののひとつ! 

ツアーで行く際はコースに組み込まれている観光客向けのレストランに行くことがほとんどだと思いますが、個人旅行で訪れるならハズレのない地元の人に人気の店に行くのが正解! というわけで、今回はアユタヤ旅でぜひ訪れたい、タイ人に大人気のエビ食堂をご紹介します。

本文を読む


ミソたっぷりの巨大エビを求めお昼前にはタイ人の大行列が!
「ルアンタイ クンパオ」


のどかな風景が楽しめる川沿いの食堂 著者撮影

遺跡があるアユタヤ市街から車で約30分。バンコクからアユタヤへ向かう道の途中、川沿いにあるお寺の境内にこの店はあります。駐車場への入り口もわかりやすいとは言えずわざわざ目指して行かないとなかなか見つからない立地ながら、地元の人やバンコクから日帰り旅行で訪れるタイ人には大人気! 日本人をはじめ外国人観光客の姿はほぼ見かけない代わりに、正午前には店の入り口を覆い尽くすくらいのタイ人の大行列が。それもそのはず、バンコク市内はもちろん、アユタヤの観光客向けの店に比べてもリーズナブルにおいしいエビの炭火焼きが食べられるとあり、タイ人の間ではとても有名な食堂なのです。


川エビの炭火焼き。サイズによって1kg1600〜1800THB 著者撮影

すべてのテーブルでオーダーしていると言っても過言ではないのが、アユタヤ名物のエビの炭火焼きです。とれたて新鮮なエビは写真で見てもわかるようにプリップリで弾力があり、濃厚なミソもたっぷり。添えられた酸っぱ辛いシーフードのタレがエビの甘みを引きたてて、止まらないおいしさです! 日本人の感覚だと1人1匹は少し多いかな、と思えるほどの大きさなのですが、エビ好きならあっという間に完食できると思うので、1人1匹オーダーするのがおすすめですよ。


プラーヌアオントートガティアム 250〜300 THB 著者撮影

もうひとつ、こちらを訪れたらぜひ食べたいのがプラーヌアオンという魚のニンニク揚げ。バンコクではなかなか見かけない高級魚ながら、アユタヤではリーズナブルにいただけます。小さなナマズのような見た目からは想像もつかない上品な味わいと柔らかな食感は感動ものです。


クントートグルア 250THB 著者撮影

生粋のエビ好き!という方は、ぜひ炭火焼き以外もお試しを。こちらの塩炒めはニンニクの香りも効いていて、ビールともごはんとも相性抜群! エビの旨みと甘みをぎゅっと閉じ込めた、香り高い仕上がりです。


ガンクンパットサイブア 80 THB 著者撮影

川エビを大量に扱うこちらの店ならではのメニューがこれ! 川エビの長い手の部分に入っている細長い身を、蓮の茎と炒めた一品です。こちらの部分はほかにクンオップウンセンでも味わえます。
アユタヤ市内からは少し離れているけれど、車でアユタヤに行く途中に寄るにはぴったりの立地。バンコクからタクシーや運転手付きのチャーター車、レンタカーなどでアユタヤを訪れる際は、ぜひ寄ってみてくださいね。

著者撮影

ルアンタイ クンパオ

住所 1/2 Thetsaban 10, Tambon Ratchakham, Ayutthaya
電話番号 (+66)81-269-5061
時間 10:00〜18:00(無休)※混み合うので予約してから行くのがおすすめです
地図 GoogleMapで確認する

 

観光の後は遺跡の前にある映えカフェでひと休み
「PRANG VIEW」


Thai Tea Binsu 著者撮影

日光を遮るものがないので、意外と体力を消耗するアユタヤの遺跡巡り。疲れた時は無理をせず、カフェなどに入って水分補給するのを忘れずに。そこでおすすめなのが、有名な遺跡の目の前にあるこちら。タイミルクティー味のかき氷やココナッツのケーキなど、タイらしさを感じさせるスイーツは、タイの若者たちにも大人気です。 


ドリンク類も色鮮やか 著者撮影

アンチャン(バタフライピー)を使ったソーダなど、色鮮やかでタイらしいドリンクも充実。今どきのタイらしく、店内もおしゃれで写真撮影をしているタイの人たちでいっぱい! 明るい自然光が差す店内は居心地がよく、思わず長居したくなる空間です。


ゆったりとした明るい店内 著者撮影


アユタヤのカラフルなトゥクトゥク 著者撮影

プラン・ビュー

住所 22/13 Naresuan, Pratuchai, Ayutthaya
電話番号 (+66)85-159-9944
時間 9:30〜20:00(無休)
HP https://www.facebook.com/Prangviewcafe/
地図 GoogleMapで確認する

 
(text & photo : 白石路以)

【連載】タイ料理ライターイチオシ! バンコク絶品食堂案内

 



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム