タイ
グルメ
ひとり旅でも気軽に行ける!

ミシュラン星付きレストランが 次々とカジュアル店をオープン

せっかくバンコクを訪れたのだからミシュラン星付きのタイ料理店に行ってみたいけど、ひとりだと行きにくいし正直お値段も気になる……。

そんな方のために、今回はバンコクの一つ星レストランが2020年の1月に続々とオープンさせた、カジュアル店を2軒ご紹介します。ミシュランシェフの味がリーズナブルに楽しめるということで、タイ人にも大人気のこの2軒。ひとり旅やコスパ重視の方にもおすすめです!

本文を読む


 

気鋭の星付きシェフが手がける
ナムプリック専門店「KROK」


さまざまな食材×ナムプリックの組み合わせが楽しめる 著者撮影

「ミシュランガイド バンコク・チェンマイ・ プーケット&パンガー 2020」で一つ星レストランの仲間入りを果たしたばかりの「80/20」は、タイ人オーナーシェフと日本人パティシエール夫妻が手がけるレストラン。タイの食材を中心に構成される料理は、タイ料理をベースにさまざまな要素を盛り込んだ新鮮かつ驚きのあるものばかり。ほかではなかなか出合えないイノベーティブな料理に魅了される人は多く、店はいつもタイ人、外国人を問わず多くの人で賑わっています。


大きなテーブルがひとつ置かれた相席スタイルの小さな店内 著者撮影

そんな彼らが「80/20」から徒歩わずか3分ほどのところにオープンさせたのは、なんとナムプリックの専門店! ナムプリックとはさまざまな食材を叩いて潰して作るタイの味噌のような、ディップのようなもの。日本での認知度はそこまで高くありませんが、タイでは高級レストランから道端の屋台までどこに行っても食べられる国民食のような料理なんです。ちなみに店名の「KROK」は、ナムプリックを作る時に使われる臼に似た道具のこと。ソムタムなどを作る時にも使われる、タイ料理作りには欠かせない調理器具です。


メニューはセットが中心で100〜200 THBほど。 著者撮影

セットのほか、好きな食材の組み合わせを選ぶことも可能 著者撮影

ナムプリックは野菜や肉、魚、卵などのほか、ごはんに添えてもおいしい、万能調味料のようなもの。さまざまな食材の旨味や香りがナムプリックのなかにぎゅっと凝縮されているので、何につけても食材のおいしさを引き立ててくれるんです! こちらではまず、セットでオーダーするのがおすすめ。各種ナムプリックに合う肉や魚とごはん、卵、野菜、ハーブがセットになっているのでタイ料理初心者でもオーダーしやすいうえ、バランスよく味わえるのも嬉しいですね。 メニューには「干しエビのナムプリックとフライドチキン」や「焼きナスと塩麹のナムプリックとその日の魚」などなど、見ているだけでワクワクするような組み合わせがたくさん並んでいます!


煎茶のアイスクリーム 著者撮影

さらに、食後にはパティシエールのさきさんが手がけるアイスクリームをぜひ! 濃厚でまろやかな口どけのアイスクリームは、辛いナムプリックを食べた後にぴったりのおいしさです。「気軽に、品質のいい料理を」味わえる店がコンセプトというだけに、野菜のシャキシャキとした食感や肉の香り、アイスクリームの口どけなど、ひとつひとつの料理から食材へのこだわりが感じられるのは、さすがのひと言! しかも一つ星店の味を200THBほどで楽しめるなんて、物価の上昇が激しいバンコクではまさに朗報です。ただナムプリックは比較的辛い料理なので、そこだけは覚悟して行ってくださいね! 


店の前にはカウンター席もあり 著者撮影

KROK

住所 78 Yotha Rd., Bangkok
電話番号 (+66)98-940-3406
営業時間 10:00〜19:00(月曜定休)
地図 GoogleMapで確認する

 

星付きシェフのパッタイと
ナチュラルワインのバー「Mayrai Padthai」


間口の狭い、小さなバー。2階席もあり 著者撮影

こちらはNYの三つ星レストランなどで経験を積み、バンコクのモダンタイ料理店「Le Du」で一つ星を獲得したTonnシェフのパッタイバー。売りはパッタイとナチュラルワインで、料理のメニューもパッタイ数種類とカオソーイ、と至ってシンプル。いかにもミシュラン星付き、という雰囲気の「Le Du」とはうって変わって、こちらは川沿いのごちゃごちゃとした空気感にぴったりのカジュアルなバーです。


パッタイ コームーヤーン 180THB 著者撮影

メインのパッタイは、Tonnシェフのおばあさんのレシピを元にしているそう。具材は写真のコームーヤーンのほかに和牛を使ったものや川エビを使ったものなど豪華なものもありますが、パッタイ自体の味わいは奇をてらわない昔ながらの素朴さ。ピーナッツの香りやもやしの食感などをしっかりと生かした奥深さが魅力で、大量の油と調味料に頼りきった屋台のパッタイとは一線を画すおいしさを楽しめます。


カオソーイ ヌア 390THB 著者撮影

パッタイと合わせて楽しみたいのがタイ北部の名物麺、カオソーイです。石鍋でグツグツと煮立った状態で提供されたり、別添えのスープを自分で加えたりと、その登場から楽しめるのはさすが星付きシェフ。実は食べる前は「ワインとカオソーイって合うのかな?」とちょっと疑問に感じていたのですが、キリッと辛さの効いたスープはスパイスの香りがほどよく広がり、意外とワインとの相性もよさそう! 


シェフの看板が目印 著者撮影

MRTのSanam Chai駅から徒歩5分ほど、ワットポーからもほど近く、観光がてら立ち寄るのにはぴったりのロケーション。ワインバーではありますが、ランチタイムから通しで営業しているのも時間が限られている観光客には嬉しいですね。

Mayrai Padthai

住所 22 Maharaj Rd., Bangkok
電話番号 (+66)81-432-4050
営業時間 12:00〜深夜(火曜定休)
地図 GoogleMapで確認する

 
(text & photo : 白石路以)

 



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム