タイ
観光
今バンコクに遊びに行くなら川沿いがおすすめ!

バンコクのチャオプラヤー川西岸がいま面白い

著者撮影

2018年11月、チャオプラヤー川沿いのトンブリ地区に巨大ショッピングモール「アイコンサイアム(ICONSIAM)」がオープンしました。王宮や寺院などの観光名所や、ノスタルジックな街並みが残るチャオプラヤー川沿いは魅力的なエリアだけど、ショッピングをするためにバンコク中心地に出るのがめんどう……。という悩みがありましたが、「アイコンサイアム」の出店でこの悩みも解決! 今バンコクに遊びに行くのなら、川沿いステイがおすすめです。

本文を読む



 

髙島屋も初出店
巨大ショッピングモール「アイコンサイアム」が誕生

2018年11月に満を持してオープンした「アイコンサイアム」。延べ床面積が750,000㎡に及ぶ広大な敷地には日本から髙島屋も初出店して話題になっています。


1階には水上マーケットを再現 著者撮影

「アイコンサイアム」には世界的なブランドから、タイのブランドまで様々なテナントが集結。特に楽しいのが1階の水上マーケットエリア。エアコンの効いた快適なフロアでタイらしさをプチ体験できます。


船の上のクイッティアオ屋さん 著者撮影


屋台街のような雰囲気で楽しい 著者撮影


もちろん、旬のフルーツも! 著者撮影


広々とした空間は、タイのモールならでは 著者撮影


おしゃれにアレンジしたタイグッズも 著者撮影

9階建ての「アイコンサイアム」は、ファションフロア、タイのお土産グッズ、ルーフトップの飲食店など、フロアごとにテーマがありお目当てのものも探しやすい構造。ミシュラン星付きレストランをはじめ、タイの人気ショップが入った飲食フロアも便利に使えそうです。

髙島屋は日本人旅行者向けというよりは、日本製品を買いたい現地在住の日本人やタイ人の富裕層向けといった印象。日本で買い忘れた日本製品を探したいという時に便利だと思います。


旅行者特典が受けられるツーリストカード 著者撮影

そして忘れてはいけないのが、インフォメーションカウンターで、ツーリストカードをもらうこと。割引適応でショッピングが楽しめますよ。

ICONSIAM

住所 299 Soi Charoen Nakhon 5 Charoen Nakhon Road Khlong Ton Sai, Khlong San Bangkok
電話番号 (+66)2-495-7000
時間 10:00~22:00 ※店舗により異なる
HP https://www.iconsiam.com/en
地図 GoogleMapで確認する
備考 BTSサパーンタクシン駅から無料の専用ボート、BTSクルントンブリー駅から無料のシャトルバスあり

 

「アイコンサイアム」から徒歩5分
バンコクのおしゃれスポット


倉庫を改装した素敵な空間 著者撮影

「アイコンサイアム」に行った際にぜひ一緒に訪れてほしいのが「アイコンサイアム」から徒歩5分ほどの場所にある「ジャムファクトリー(The Jam Factory)」です。カフェ+書店+インテリアショップがいっしょになったセレクトカフェみたいなショップで、隣にはこれまた素敵なレストラン「ネバーエンディングテーマ(The Never Ending Summer)」も。食事を楽しみたいという方は、こちらを利用しても良いと思います。


さまざまなグッズも売っています 著者撮影

オーナーは、著名な建築家であるデュアングリット・ブンナグ(Duangrit Bunnag)さん。同じ敷地内には自身の建築事務所やデザイン事務所なども入っていて、このエリア一体がとてもアーティスティックな雰囲気です。


隣にあるレストラン「ネバーエンディングテーマ」 著者撮影


レストランの中も素敵な空間です 著者撮影


中庭も広々。木が祀られているのもタイらしい 著者撮影

「アイコンサイアム」から少し離れるだけで、まったくの別世界。バンコクのいろいろな側面を感じられると思います。
また、野外スペースではイベントやマーケットが開催されることもあるので、ぜひFacebookや会社のウェブサイトなどもチェックしてください。

The Jam Factory

住所 41/1-5 Charoen Nakhon Rd, Khwaeng Khlong San, Khet Khlong San, Krung Thep Maha Nakhon 10600
電話番号 (+66)2-861-0950
時間 11:00〜20:00
HP https://www.facebook.com/TheJamFactoryBangkok
https://thejamfactory.life/
地図 GoogleMapで確認する

 

世界的に話題のマーケット「チャンチューイ」に行こう!


タイの中心部からはかなり外れた場所にあります 著者撮影

タイム誌が選ぶ「World’s Greatest Places 2018」に選ばれた話題のマーケット「チャンチューイ・クリエイティブ・パーク(ChangChui Creative Park)」。公共交通機関では行けない場所にありますが、川沿いに泊まっているのであれば訪れる価値は大いにあり。「アイコンサイアム」から約12Km(空いていれば車で約30分)ほど北にあります。


誇らしげに掲げられている「TIME」のポスター 著者撮影

このマーケットの面白いところは、施設内にアーティストの作品がたくさん展示されているということ。私も大好きなタイ人のグラフィティアーティスト、アレックスフェイスの作品も!


お目当てのアレックスフェイスのグラフティの前には屋台がズラリ……。昼間にもう一度来て見たい。と思いました 著者撮影

公園のランドマークになっているのが、実際の飛行機。機体の中はコースメニューのみの高級レストランですが、夜の9時からはバー利用もOKとのことです。


中は超高級レストラン。コックピットの窓からシャンデリアが 著者撮影


マーケットのいたるところにアート作品が展示してあります 著者撮影


レコードショップや古着屋さん、カフェなども多数出店しています 著者撮影

さまざまなアートのほか、雑貨や屋台なども出ているので、アートな雰囲気が好きという人にはおすすめです!

ChangChui Creative Park

住所 460/8 Sirindhorn Road Bang Phlat Bangkok
電話番号 (+66)81-817-2888
時間 グリーンゾーン11:00~21:00、ナイトゾーン16:00~23:00
(※水曜定休日)
HP https://www.changchuibangkok.com/
地図 GoogleMapで確認する

 

川沿いラグジュアリーステイを叶える「ザ ペニンシュラバンコク」


昨年20周年を迎えた「ザ ペニンシュラバンコク」 著者撮影

個人的に、タイらしさを最も感じるのがチャオプラヤー川の景色です。チャオプラヤー川と共に発展してきたバンコクは、寺院やホテルの正面玄関も実は川沿い。川から見る眺めが一番美しくなるように作られています。
「ザ ペニンシュラバンコク」の凄さは、どの部屋もリバービューにこだわっているというところです。


チャオプラヤー川を眺めながらゆったりと寛げるリビングルーム 著者撮影


寝室からの眺望も抜群 著者撮影

私のタイ旅行の楽しみの一つが、極上のスパ体験ですが、「ザ ペニンシュラ スパ」では、その素晴らしさを余すところなく実感できます。
スパはリバーサイドガーデンに囲まれた別棟にあり、18室のトリートメントルームを完備。
タイマッサージの発祥の寺院ワット・ポーのマッサージスクールと提携して開発されたオリジナルのメニューをはじめ、さまざまなメニューを提供しています。


宿泊中に利用しておきたい「ザ ペニンシュラ スパ」 著者撮影

私はシンギングボールを使って体と心に働きかける「エッセンシャル・マインド」を体験しました。友人も同じメニューを受けたのですが、人によってシンギングボールの振動の感じ方が違うという不思議な体験でした。日本では考えられないようなラグジュアリーな空間で受ける極上のスパは「これだけのためにタイに来てもいい!」と思うほどの心地よさです。


チャオプラヤー川を臨むロングプールは、リゾート感たっぷり 著者撮影

タイの文化やライフスタイルを体験できるプログラムが充実しているのも、「ザ・ペニンシュラバンコク」の魅力。ホテルが主催する「ザ ペニンシュラアカデミー」では、タイ料理やムエタイ体験、バンコクの旧市街トリップなど、タイの文化を楽しみながら学べるクラスが充実しています。


「ティプタラ」のシェフにタイ料理を教えてもらいました 著者撮影


大好きな「ヤムソムオー」(ポメロのサラダ)をリクエスト。ポメロは特別に提携している農家で栽培したもの。その他「パッタイ」「トムヤムクン」「カオニャオマムアン」を調理しました。出来栄えも満足! 著者撮影


近くの市場を散策。シェフおすすめのおいしい屋台も教えてくれました 著者撮影

私が体験したのは「ティプタラ」のシェフが教えてくれるタイ料理クラス。シェフといっしょに市場での買い物からスタート。市場を一緒に散策することで、タイの人たちのライフスタイルをより深く知ることができました。

タイの素晴らしさを詰め込んだ体験型プログラムは、内容もホスピタリティも洗練されていて、他では体験できない特別なものばかり。バンコクが初めてという人はもちろん、何度も通っていて、いつもと違った体験を探しいるというリピーター人にもおすすめ。

The Peninsula Bangkok

住所 333 Charoennakorn Road, Klongsan, Bangkok
電話番号 (+66)2-020-2888 ※(日本語での宿泊予約)0120-348-288
HP https://www.peninsula.com/ja/bangkok
地図 GoogleMapで確認する
備考 BTSサパーンタクシン駅からホテルの専用ボートあり

 
これまでは、観光重視ならチャオプラヤー川沿い、ショッピング重視ならスクンビットとステイ先を分けていましたが、今後はチャオプラヤー川沿いで、観光&ショッピングの両方を楽しむことができそう。古い町並みをリノベーションしたおしゃれスポットも増えているので、のんびり旅を楽しみたいという人は、川沿いエリアを選んでみてはいかがでしょうか?

 
(写真・文/美濃羽佐智子)

 



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム