タイ
ショッピング
All In One ! タイの名産品がここに集結!

バンコクでおみやげが一度で揃う!便利で楽しい 「Talad Eathai 」

はちみつ1_著者撮影

2016年にリニューアルされた「Talad Eathai(タラート イータイ)」は、BTSプルンチット駅に直結したデパート、セントラルエンバシーの地下一階に入っているショップです。フードコート、歴史ある薬局、タイ版「料理の鉄人」チームによるお料理教室、そしてバラエティに富んだおみやげショップなどが、同じフロアに集結しています。

本文を読む


 
今回は、その中でもおみやげショップのオススメポイントをお届けしたいと思います。

「Talad Eathai」は、どこを見てもタイを代表するおみやげでいっぱい!ご自分用にも、お友達やご家族、会社の皆さんへのおみやげもきっと見つかると思います。おみやげを探して何軒もまわる時間がない時、頼りになるのがこの 「Talad Eathai」なんです!

商品のジャンルごとに陳列棚が分けられているので、天井に吊るされた看板の表示からお目当ての品を探すのも効率がいいですね。

看板著者撮影

 
様々な商品が並ぶ店内ですが、特におすすめのアイテムが揃う各種コーナーをご紹介します。

 

1. ココナッツオイルコーナー

まずは根強い人気のココナッツオイルコーナー。ココナッツオイル配合の石鹸やハンドクリームなど、関連商品も同じ一角に陳列されています。

ココナッツオイルコーナー著者撮影

ココナッツオイルは、バンコクのスーパーマーケットにも各種取り揃えられています。しかし、一箇所にこれだけの種類やサイズが揃っている場所はなかなかありません。大きさやパッケージで選ぶのもよし、オイルの抽出方法やグレードにこだわって選ぶのもよし…とにかく幅広い選択肢が嬉しいかぎり。

 

2. 軟膏コーナー

こちらは南国ならでは、の軟膏コーナー。蚊に刺されたときに付ける、アレです。

軟膏コーナー_ 著者撮影

一番小さい軟膏は38THB(=約120円)。夏のお出かけの際、持ち歩きにも便利なサイズですね。こっちのバームとそっちのバーム、どう違うんだろう?なんて悩むのも、お土産選びの醍醐味です!

タイガーバーム著者撮影

日本ではあまり目にする機会がない、タイガーバーム。バンコクの街中では、時々広告を見かけます。この昭和を感じるレトロさがかわいい!10gのタイプだと53THB(=約170円)。

 

3. はちみつコーナー

日本では、はちみつといえば国産やカナダ産が有名どころでしょうか。タイにも、実は美味しい蜂蜜がたくさんありました。

はちみつ2_著者撮影

こちらはハニービネガー。

ハニービネガー_著者撮影

パッケージが可愛いので、もらったら嬉しいプレゼントになりそうです。450THB(=約1,425円)

 
他にも、ワクワクするアイテムがずらりと。

その他アイテム_著者撮影

皆さまの宝探しの楽しみが減ってしまうので、今回はこの辺で。

 

入退店のシステムをご案内

最後に、このフロアのシステムをご紹介します。

地下1階に降りると、まず入り口で一人一枚カードを渡されます。フードコートを利用する場合は、すべてこのカードにお会計が記録されるシステムです。最後に出口にあるレジでカードを渡してお会計。

フードコートを利用しない場合も、このフロアを出るときにレジでカードを返却します。どちらにしても、退出にはこのカードが必要です。

 
セントラルエンバシー_

尚、駅からは、屋根のついた通路を利用してデパートまで行くことができるので、急に雨が降っても安心ですよ。

ぜひ、思い出に残るタイのお土産を探してみてください。

 
※価格は2016年11月時点のもの。1THB=約3円

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます