タイ
グルメ
大きなトトロと一緒に記念撮影も

トトロの世界がテーマ! ジブリ公認レストランがバンコクにオープン

著者撮影

バンコクで最近話題になっているのが、2018年5月にオープンしたトトロの世界をテーマにしたレストラン「メイのレストラン(May’s Garden House Restaurant)」です。
もちろんメニューはトトロをモチーフにしたかわいいものばかり!ジブリ好きなら必見です。

本文を読む


なぜジブリ公認レストランがバンコクに?


著者撮影

なぜジブリ公認のレストランがタイ・バンコクに誕生したのか、不思議に思う人もいることでしょう。その答えは、「メイのレストラン」のメニューに記されていました。

バンコクにジブリ公認レストランができたきっかけになったのは、スタジオジブリの鈴木敏夫氏です。
鈴木氏がタイの東部コラートのパクトンチャイ村を訪れた際、そののどかな風景を見てトトロの世界を思い出しました。

また、鈴木氏はその村の小さな店で売っていた手羽先の味に感動しますが、田舎の村では人が集まらないのでもうすぐ閉店をすると告げられてしまいます。「都会だったら絶対に大受けする味なのに…」と残念に思いその味をバンコクで提供しようと考えたことが、このメイのレストランの構想につながったんだそうです。

このレストランが生まれた背景には、タイのパクトンチャイ村と鈴木氏との深い結び付きがあったんですね。

 

バンコク都心にある庭付き一軒家レストラン


著者撮影

「メイのレストラン」があるのは、BTSアソーク駅から徒歩10分ほどの場所です。

高層ビルが立ち並ぶスクンビット通りからソイ29という路地に入りしばらく行くと、都心にもかかわらず庭付きの一軒家レストランが現れます。
レストラン入り口では、しっかりとトトロの看板がお出迎えです。


著者撮影

庭にはサツキとメイのお父さんが乗っていた車が置いてあったりして、トトロの世界が再現されています。


著者撮影

レストランの中に入ってすぐの場所には大きなトトロが!これはテンションが上ります。


著者撮影

レストラン内は黄色の壁紙で、とってもかわいらしい雰囲気です。


著者撮影

ナプキンやお皿、ランチョンマットなど細かいところまでトトロのモチーフで統一されていて、さすがはジブリ公認レストランです。


著者撮影

 

トトロの世界を再現したかわいいメニューたち

それでは、「メイのレストラン」で提供されているメニューを紹介します。

まずは、鈴木敏夫氏がとても気に入り、このレストランができるきっかけになったパクトンチャイ村の手羽先です。


本場・名古屋人も納得のパクトンチャイ手羽先 180バーツ+(約640円) 著者撮影

カラッとあがってて、たしかに絶品でした!

この他にも、タイ料理メニューがたくさんあるので、バンコクに来たならせっかくならばタイ料理を楽しみたいという方にもおすすめです。


暑さに負けないためのガーリック鶏肉ソテー(ジャスミンライス付き) 250バーツ+(約880円) 著者の友人が撮影

でも、このレストランに来たならトトロをモチーフにしたかわいいデザートはぜひ食べて欲しい!
こちらはメイの帽子というメニュー。柚子の香りがさわやかなアイスクリームを使ったメニューです。


メイの帽子 300バーツ+(約1060円) 著者撮影

食べ物と一緒にテーブルにジブリのキャラクターのぬいぐるみを持ってきてくださるので、それと一緒に撮影すればかわいさ倍増です。

以上、バンコクに新しくできたジブリ公認の「メイのレストラン」について紹介しました。

「メイのレストラン」はオープンはしているものの、まだまだ未完成なんだそう。これから設備やフードメニューのプレゼンテーションが充実していき、ネコバスがやってくる計画もあるんだとか。これからどんな風に変化していくのか、とても楽しみです。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます