タイ
グルメ
優雅な雰囲気が魅力

5つ星レストランから庶民の味まで勢揃い!バンコクに新しいフードコートが登場

筆者撮影

バンコク中心部にある老舗デパート「セントラル・チットロム」G階のフードコートが先日美しく生まれ変わりました。タイを代表するデパート「セントラル」の本店であり、グループ内でも特にタイ人富裕層の支持が高い店というだけあって、新しくなったフードコートもゴージャスそのものです。

本文を読む


 

BTSチットロム駅直結で便利!

セントラル・チットロムはBTSチットロム駅と歩行者専用通路「スカイウォーク」で結ばれており、観光客の方にも立ち寄りやすいデパートです。

筆者撮影

G階の「Central Food Hall」と呼ばれるスペースのうち、約4,000平方メートルにも及ぶエリアが今回のリニューアルにより大幅に刷新、より美しく利用しやすい空間へと生まれ変わりました。

筆者撮影

今回の改装は、2015年よりセントラルグループが所有する、ドイツ・ベルリンの老舗高級デパート「KaDeWe」の世界的に有名なダイニングスペースに触発されたというだけあって、改装後のエリアには優雅な雰囲気が漂います。グリル、 タパス、オーシャン、デリの4つのキッチン付きバーが並び、隣接するスーパーマーケットで購入した新鮮な食材を各バーで調理してもらうこともできるのだとか。

筆者撮影

タパスバーは、セントラルグループ関連会社が運営する5つ星ホテル内にあるスペイン料理店「Uno Mas」が運営しており、本店のシグネチャーメニューを楽しむことができるほか、リーズナブルなセットランチも提供。近隣の会社員から早くも人気を集めています。

筆者撮影

スペース内にはカレー、タイ料理のほか、量り売りの惣菜などさまざまな調理済みの料理も並び、さながら日本のデパ地下のよう。ストリートフードコーナーでは、老舗タイ料理店の料理や中華街の有名店のドリンクも楽しむことができます。どのコーナーの料理も持ち帰りが可能なので、ホテルで簡単に食事を済ませたい場合など、重宝しそうですね。

筆者撮影

 

優雅なイートインスペース

タイのフードコートでは、あらかじめ購入した食券を使って食べたいものを注文する形式が一般的ですが、こちらのフードコートでは食券購入に並ぶ必要も、空いている座席を確保すべくウロウロする必要もありません。

イートインスペースには専任のスタッフがおり、人数を伝えれば座席を用意してくれます。座席が決定したら「Occupied」の札がすぐに設置されるので安心。自ら料理カウンターに赴く必要がなく、座席で料理の注文が可能です。

筆者撮影

自身でいろいろな料理を見比べてオーダーを決めたいという場合は、各テーブル上に置かれた木札を持参して各料理カウンターを周ればOK。注文時に木札の番号を伝えれば、出来上がった料理がテーブルまで運ばれてきます。もちろん会計もテーブルでスマートに済ますことができますよ。

筆者撮影

近隣はバンコク随一のオフィス街とあって、ランチタイムには近隣で働く会社員・OLがたくさん訪れる場所ですが、通常のフードコートと異なり、混雑する時間帯でも優雅な雰囲気が漂っていて興味深いです。バンコク滞在の際は、タイの最新フードコートを是非体験してみてください。

 
こちらも合わせてCheck!
バンコクのフードコート「My Kitchen」がサイアムディスカバリーに登場!

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム