ミャンマー
観光
バリエーション豊富!

ミャンマーの洞窟パゴダ! ベスト10はこちら

ミャンマーは敬虔な仏教徒が国民の大多数を占める仏教国ですが、不思議な形の石や大木に宿る精霊などを祀る土着信仰も盛んです。そのため洞窟に神秘を感じるのか、大きな洞窟はたいてい神聖なパゴダになっています。
そういった洞窟パゴダのほとんどは鍾乳洞です。自然保護の観点から見れば、仏塔や仏像を安置するために何万年もかけてできあがった鍾乳石を損壊したともいえますが、そういった概念ができる前から、地元の人々が畏怖の念をこめて祀ってきたのですから仕方がないのかもしれません。

本文を読む


実は私はかなりの洞窟マニア。旅先に洞窟寺院があれば必ず訪ねるようにしていたところ、10ヶ所以上になりました。というわけで僭越ながら、個人的ベスト10を発表させていただきます。
 

10位 ミィンマティ洞窟パゴダ(シャン州)

著者撮影

洞窟というより地下通路の印象に近く、物足りなさはいなめません。しかし地元の言い伝えでは、内部の仏像はバガン時代からのものも多く、パゴダの起源は紀元前3世紀のアショカ王時代にまでさかのぼるとか。真偽の程はわかりませんが、由緒ある洞窟パゴダなのは確かそうです。

ミィンマティ洞窟パゴダ

地図 Google Mapで確認する
アクセス カローから約16km。車で1時間弱。

 

9位 ダッドータウン洞窟パゴダ(マンダレー地方)

著者撮影

ミャンマー人にもあまりメジャーではないため整備が行き届いておらず、裸足で歩かねばならないエリアに砂利やコウモリの糞が多いのがマイナスポイントです。しかし、入口近くの寝釈迦は荘厳な雰囲気があります。内部の照明設備が乏しいので、行く際は懐中電灯の携帯を。

ダッドータウン洞窟パゴダ

地図 Google Mapで確認する
アクセス チャウッセーから約17km。車で1時間弱。

 

8位 アウンターピー洞窟パゴダ(カヤー州)

著者撮影

カヤー州自体、観光客が入れるようになったのが最近なので、まだ知る人ぞ知る洞窟パゴダといえます。それだけに、鍾乳洞がかなりの部分手付かずのままで、探検気分を味わえます。中ほどから奥はパゴダというより、ほぼ鍾乳洞。こちらも訪ねる際は懐中電灯必携です。

アウンターピー洞窟パゴダ

地図 Google Mapで確認する
アクセス ロイコーから約13km。車で約30分。

 

7位 シュエウーミン洞窟パゴダ(シャン州)

著者撮影

観光地カロー市街からすぐの立地で、洞窟パゴダの中では比較的行きやすいといえます。近郊にあるピンダヤ洞窟のミニ版といった趣きで、そちらと比べるとどうしても見劣りはします。また、人工的に掘り進めた部分が多いため、鍾乳洞感もあまりないのが残念。

シュエウーミン洞窟パゴダ

地図 Google Mapで確認する
アクセス カロー中心部から約2.5km。車で約10分。

 

6位 サダン洞窟パゴダ(カレン州)

著者撮影

洞窟パゴダが集中するパーアン近郊にあります。規模が大きく、広大な空間に大仏や仏塔が散在します。ここがミャンマー人観光客に人気なのはボートで巡る洞窟ツアー。スリリングではありますが、定員以上の乗客を乗せるので安全性は不安。見るだけにしておいた方がいいかも。

サダン洞窟パゴダ

地図 Google Mapで確認する
アクセス パーアンから約25km。車で1時間弱。

 

5位 ペイチンミャウン洞窟パゴダ(マンダレー地方)

著者撮影

好き嫌いが分かれるパゴダです。入口の水場では家族連れがキャッキャッと戯れ、内部にはちゃちな造りの仏像やセメント製ワニ像などを安置。観光地から行きやすいので観光客も多く、荘厳とは程遠い雰囲気です。でも「庶民の幸福な休日」を実感でき、個人的には好きです。

ペイチンミャウン洞窟パゴダ

地図 Google Mapで確認する
アクセス ピンウールインから約25km。車で約1時間。

 

4位 バインニィ洞窟パゴダ(カレン州)

著者撮影

洞窟パゴダとしては可もなく不可もなく。しかし、境内に温泉が湧いているのが最大のポイントです。早朝なら、パゴダが湯煙にけぶるインスタ映えな光景が見られます。温泉はけっこう広く、男女別。衛生的に日本人には勇気がいりそうですが、野趣溢れる温泉水泳を楽しめます。

バインニィ洞窟パゴダ

地図 Google Mapで確認する
アクセス パーアンから約32km。車で約1時間半。

 

3位 タムサン洞窟パゴダ(シャン州)

著者撮影

パオ族の聖地のひとつで、ほんの数年前まで外国人の拝観を禁止していました。とても保存状態のよい大規模鍾乳洞ですが、見所も多く飽きません。ミャンマーの洞窟パゴダとしては珍しく、内部に靴のまま入れるのも、裸足で洞窟を歩くのに慣れない外国人には高ポイントです。

タムサン洞窟パゴダ

地図 Google Mapで確認する
アクセス タウンジーから約45km。車で約1時間半。

 

2位 ピンダヤ洞窟パゴダ(シャン州)

著者撮影

ミャンマーの3大聖地に数える人もいる超有名パゴダ。中は何層にもなっており迷路のよう。有名なだけあり寄進も多く、内部はどこまでもびっしりと仏像が覆い尽しています。奥にある2体の「汗をかく黒い仏像」は、その汗をからだに塗ると幸福が手に入ると言われています。

ピンダヤ洞窟パゴダ

地図 Google Mapで確認する
アクセス ヘーホー空港から約40km。車で約2時間。

 

1位 コーグン洞窟パゴダ(カレン州)

著者撮影

そして、私の一番のお気に入り洞窟パゴダがここ、パーアン近郊のコーグン洞窟パゴダです。
洞窟自体はさほどでもないのですが、洞窟内部や参道の崖にびっしり彫られた、ないしは漆喰細工で造られたおびただしい数の仏像が圧巻。起源は7世紀までさかのぼれ、考古学的にも重要なパゴダなのです。
洞窟入口近くには、「ここで祈ると借金がちゃらになる」という仏像があります。どのような経緯でそんなご利益をもつようになったのか興味をそそられますが、由来は不明。該当する方はお試しを。

コーグン洞窟パゴダ

地図 Google Mapで確認する
アクセス パーアンから約14km。車で1時間弱。

 
このベスト10は、あくまで私が行ったことのあるものから個人的趣味で選びました。アクセスが悪く、まだ行けていない所もあります。もしかしたら地元の人しか知らないような、もっとマニアックで、でも素晴らしい洞窟パゴダもあるかもしれません。未知のエリアがまだまだたくさんあるミャンマー。興味の尽きない国なんです。

(text & photo : 板坂 真季)

 



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム