TRIPPING! トップ × ASEAN × カンボジア × シェムリアップ × 雰囲気重視の遺跡スポット+α <アンコール・トム編>
Loading
2017.5.24 23:26
矢羽野 晶子:編集者&ライター
この著者の記事 アンコール遺跡群 シェムリアップ観光
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

photo: 北山義浩

一生に一度は行きたい世界遺産、アンコール遺跡群。航空券もとったし、ホテル予約もOK!さて、遺跡について勉強するか!と気合をいれてガイドブックを開いてみたはいいけれど、レリーフが…なんとかヴァルマンが…伽藍が…?聞きなれない言葉のオンパレード。ページをめくるたびに、頭の中は「?」でいっぱい。そんな方も多いのではないでしょうか?

本文を読む


「森感」も遺跡の持つ魅力のひとつ  photo: 北山義浩

もちろん、歴史や背景をきちんと理解したほうが、一層楽しめることは間違いありません。だけど、上段から見渡す景色、遺跡と森のコントラスト、木々から差し込む光…。見たり肌で感じたりして、その空気感を味わうことも楽しみ方のひとつです。今回は、アンコール・ワットに並ぶ人気遺跡「アンコール・トム」内の、雰囲気の良いちょっとニッチなスポットをご紹介します。

 

まずは、アンコール・トムについて簡単に説明♪

アンコール・トムのど真ん中にあるバイヨン寺院 photo: 北山義浩

1辺3kmの正方形の敷地内に造られた、12世紀末~13世紀初頭に都が置かれた場所。アンコール・トムとはこの敷地全体の総称で、この中にバイヨンはじめ多くの遺跡が点在しています。

 

サルもいる!ワクワク感MAXの林道
南大門からバイヨンへ続く道

南大門のまっすぐ先には大遺跡バイヨンがそびえ立つ  photo: 北山義浩

観光ルートの王道である、南大門→バイヨン。門をくぐると、バイヨンへ伸びる一本道に入ります。道を囲むように立つ高い木々、そこを抜けた先には大遺跡バイヨンがある…。「トンネルをくぐると…」と、まるで『雪国』の一節のような、ワクワクした気分を味わえます。

木に登って遊ぶサルたち   著者撮影

道路脇には野生のサルが常駐。木の実を食べたり寝そべったりと、なんとも微笑ましい姿を披露してくれます。

 

うっそうとしたプチ・フォレストを行く
バプーオン~ピミアナカスの裏道

背後にチラリと見えるピミアナカス  photo: 北山義浩

バイヨンの北西にある、大型のピラミッド型遺跡「バプーオン」の裏から「ピミアナカス」に続く野道。周囲は木や草が生い茂り、辺り一帯がうっそうとしています。

崩れた遺跡の石が散乱している  photo: 北山義浩

遺跡に絡みつく大木  photo: 北山義浩

ぼうぼうと生えた草の中、散らばる砂岩を踏みしめて行く道すがらは、プチ・アドベンチャー感いっぱい。アドベンチャー感といえば「ベンメリア」や「タ・プローム」が有名ですが、似たような雰囲気を味わえますよ。

 

王になった気分で眺めてみよう
象のテラス&ライ王のテラスから望む景色

象の浮き彫りがびっしり  photo: 北山義浩

バイヨンの北にまっすぐ伸びる、全長300メートルを超す「象のテラス」と、その隣にある「ライ王のテラス」。双方とも壁に施された浮き彫りが注目されがちですが、この壇上から望む景色は壮大で一見の価値ありです。

ライ王像の目の前に広がる、見晴らし抜群の景色  photo: 北山義浩

この2つのテラスは、それぞれ高さ4m、6mと結構高い!象のテラスでは、かつて王様が軍隊を階下に集めて儀式をしたと言われています。ぜひテラスの上から、王様の目線で眺めてみてください。

 

苔むした塔門に風情を感じる
北大門周辺

苔むして緑色の北大門。上の南大門と比較してみて  photo: 北山義浩

街からの入場口である、南大門の対極にある「北大門」。通常のルートではあまり通らないマイナーな門です。そのため、ひと気がなくひっそりと佇むこの塔門。木に囲まれているせいもあり、全体が苔むしていて、独特の風情を湛えています。
門を抜けた先の環濠(お堀)も、水中から枯れ木が無造作に顔を出していて、不思議な空気感を醸し出しています。

 

(おまけ1)乗らずともゾウと触れ合える方法

象乗りは1人20ドル(1頭につき2名まで)  photo: 北山義浩

バイヨン周囲を闊歩する象たち。ちょっと近づいてみたいけど、乗るまでもないかなぁ…という方におすすめなのが、エサやり。バイヨン周囲ある象乗り場には果物が販売されていて、タイミングがあえば象に直接食べさせることができます。パイナップルも皮ごとぺろり。豪快に食べる様を間近で見られますよ。
※象の活動時間は8:00~10:30。

 

(おまけ2)アンコール・トム内のお寺は密かなパワスポ

ライ王のテラス裏にある「ワット・タントク」の大仏も1000年級   著者撮影

アンコール・トムの中には、いくつかお寺や大仏が点在しています。それらの多くはアンコール時代からのもので、カンボジア人のパワスポとしても知られています。遺跡めぐりの途中に、少し足をとめてお参りしてみてはいかがでしょう?  

 
(text: 矢羽野 晶子)

 
シェムリアップてくてく散歩
〜楽しくて、ちょっとディープな街歩き
他の記事を読む>

  • シェムリアップの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

やっぱり人気!シュエダゴンパゴダを望むミャンマーのルーフトップバー

「シュエダゴンパゴダに乾杯!」とはいかないものの……

やっぱり人気!シュエダゴンパゴダを望むミャンマーのルーフトップバー
アンコール遺跡観光に役立つ、基本TIPS3つ

個人旅行者必見!

アンコール遺跡観光に役立つ、基本TIPS3つ
ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選

のんびりとした空気が魅力の小さな首都

ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選
これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧

リゾートもダイビングも楽しみたい欲張り派に

これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧
ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅

ジェットスターで行くベトナム旅 後編

ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu