東南アジア
カルチャー
人気作から隠れた名作まで

東南アジアが舞台の映画“妄想ロケ地巡り”で、ステイホームも旅気分!

新型コロナウイルスの影響から、なかなか海外渡航ができなかった2020年。早く海外旅行がしたい……! そうウズウズしている旅行好きなみなさんへ向けて、TRIPPING!ではアジアをロケ地とした映画を、現地スポットの魅力とともに多数紹介している。ここではシンガポールやタイなど、東南アジアがロケ地の映画をピックアップ。映画を観て旅行気分に浸るもよし、いつかの海外旅行のプランを立てる参考にしてもよし。ステイホーム期間中の楽しみのひとつになったら幸いだ。

本文を読む


「マリーナベイ・サンズ」から、ネイチャーリゾート「ボルネオ島」まで
シンガポール&マレーシアが舞台! 邦画ロケ地巡り vol.1


©Singapore Tourism Board

「邦画ロケ地巡り」第1弾では、シンガポールとマレーシアがロケ地となった、映画5作をご紹介。『糸』『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』『コンフィデンスマンJP プリンセス編』『セカンドバージン』『トリック劇場版 ラストステージ』と、人気作が目白押しだ。劇中スポットには「マリーナベイ・サンズ」や「マーライオン」といった定番観光地はもちろんのこと、ランカウイ島やボルネオ島といったリゾートアイランドも! 聖地巡りをする際の参考にもぜひ。

 

現地の暮らしやタイの文化が垣間見られるスポットがいっぱい!
名作ぞろい!タイが舞台の映画 邦画ロケ地巡り vol.2


©Accorhotels

実はタイが舞台の邦画作品は少なくない。そこで「邦画ロケ地巡り」第2弾では、『星になった少年 Shining Boy & Little Randy』『七夜待(ななよまち)』『プール』『MW -ムウ-』『サヨナライツカ』の5作品とともに、ぜひ訪れてほしいタイのスポットを紹介。首都バンコクのほか、山岳リゾート・チェンマイや、世界遺産アユタヤ、「タイ象保護センター」がある北部ランパーン県などに触れている。

 

カンボジア、フィリピン、ベトナム、インドネシアの4ヶ国を巡る
熱帯の東南アジアが舞台! 邦画ロケ地巡り vol.3


©ASEAN-Japan Centre

「邦画ロケ地巡り」第3弾で紹介しているのは、東南アジア4ヶ国が舞台となった4作。カンボジアでロケが行われた『僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.』、フィリピンの首都・マニラで1ヶ月におよぶ大規模撮影を実施した『劇場版MOZU』、ベトナムの首都・ハノイがロケ地の『ベトナムの風に吹かれて』、そしてインドネシアの人気リゾート・バリ島が舞台の『神様はバリにいる』を、現地スポットとともに紹介する。

 

現地の“リアル”が見えてくる、社会派がズラリ
カンボジアの魅力を再発見!どっぷり浸れる、必見カンボジア映画5選


©︎TRIPPING!

カンボジアで撮影された作品には、現地の実情を織り交ぜたドキュメンタリータッチのものが多く並ぶ。「東京ドキュメンタリー映画祭2020」上映の『東京2018 プノンペン』と『時と場の彫刻』は、2018年に『カンボジアの染織物』も制作している歌川達人監督の最新短編作。また超有名ハリウッド女優、アンジェリーナ・ジョリーが初監督を務めた『最初に父が殺された』では、ポル・ポト政権下のカンボジアを描く。カンボジア初の女性監督が手がけた『シアター・プノンペン』は、この国の女性の自由について触れた作品。どれも深く考えさせられたり、自分を振り返る機会をくれそうな映画ばかりだ。

 

2020年に公開したばかりの映画も!

菅田将暉×小松菜奈のW主演で、話題を呼んだ一作
映画『糸』シンガポールのロケ地を一挙紹介!


©Singapore Tourism Board

2020年8月に公開された『糸』は、中島みゆきの人気同名曲をモチーフに、菅田将暉と小松菜奈演じる男女の「めぐり逢い」を描いた一作。小松演じる葵が、心機一転シンガポールで働き始めるパートでは、空の玄関口「チャンギ国際空港」や、老舗五つ星ホテル「シャングリ・ラ ホテル シンガポール」などが登場。名場面である「チャイナタウン・フード・ストリート」のシーンを思い返し、現地に訪れた際は安くて美味しい屋台飯もぜひ堪能したい!

 

人気シリーズの“詐欺師トリオ”が、超リッチに大暴れ!
映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』マレーシアのロケ地を一挙紹介!


©︎The St. Regis Langkawi

人気シリーズの最新作、『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が、2020年7月に公開。今作では長澤まさみ扮するダー子、東出昌大扮するボクちゃん、小日向文世扮するリチャードの3人が、南国リゾート・マレーシアのランカウイ島で、愉快痛快な騙し合いを繰り広げる。ランカウイ島のロケ地に選ばれたのは、「セントレジス・ランカウイ」や「フォーシーズンズ リゾート ランカウイ」といった超ラグジュアリーなリゾートホテル。また劇中では、首都・クアラルンプールもロケ地として使われている。

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます