ベトナム
グルメ
ホーチミンライターが選ぶベスト5!

あまり知られていないけれど、日本人の口に合いそうなベトナム料理

著者撮影

フォーや生春巻き、バインミー、バインセオなど日本でもおなじみのベトナム料理を本場で食べてみるのも魅力的ですが、日本ではあまり浸透していないものの、ベトナム人に愛されていて実は日本人の口にも合いそうな料理もたくさんあるんです。

本文を読む


 
今回はその中から、筆者が個人的に日本人の口に合いそうだと思うベトナム料理をランキング形式で5品紹介したいと思います!
 

第5位 ベトナム風さつま揚げ(chả cá)


著者撮影

ベトナムのさつま揚げ「チャーカー」。すり身にした新鮮な魚にディル(ハーブ)や調味料を加え、よく練って生地を作り、大きな円盤状に整えてから油で揚げます。プリプリとした弾力が楽しめ、中には胡椒がピリッと効いたものもあり、とても美味しいです。


著者撮影 写真右側がチャーカー

食べ方はいろいろ。そのまま食べても美味しいですが、カットしたものをバインミーや麺料理の具として食べたり、おかずとしてベトナム醤油をつけてごはんと一緒に食べたりしても美味しいです。個人的にはチャーカーはビールのおつまみにピッタリだと思います!

 

第4位 揚げ豆腐のレモングラスがけ(đậu hũ chiên sả ớt)


著者撮影

レモングラスと唐辛子のみじん切りをカリカリに揚げたものを、揚げ豆腐の上にかけた前菜料理「ダウフー・チェン・サー・オット」。ベトナムの家庭料理を幅広く揃えているレストランなら、大抵メニューにこの料理があると思います。


著者撮影

レモングラスの切り方・揚げ方はお店によってさまざま。みじん切りだったり、糸のように細く切ってあったり。揚げ方はカリカリに揚げたものが多いですが、しっとりしたものも。豆腐とレモングラスの組み合わせは意外に思えますが、とても美味しいですよ!

 

第3位 ベトナム風豚の角煮(Thịt kho


著者撮影

ベトナム風豚の角煮「ティットコー」。ヌクマムやココナッツジュースなどの調味料で豚のかたまり肉を煮込んだ料理で、濃く甘辛い味の豚肉で白いごはんが進みます!日本の豚の角煮と似ているので、きっと口に合うと思います。


著者撮影

「ティットコー」は大衆食堂の定番メニュー。ベトナム家庭料理のレストランではこのように土鍋で出てくるところもあります。ゆで卵入りの「ティットコーチュン」も美味!

 

第2位 炭火豚焼肉のせ和え麺(bún thịt nướng )


著者撮影

ブンティットヌン」はベトナム南部を中心に食べられている麺料理で、米麺・生野菜・ハーブ・なます・ネギ油・ピーナッツ、そして炭火で焼いた豚肉をまぜ、甘酸っぱいタレをかけて食べます。サラダ麺のような感覚で、暑いときでもさっぱりと食べられますよ。


著者撮影

炭火豚焼肉と揚げ春巻きが半分ずつのった「ブンティットヌンチャーヨー」もおすすめ!

 

第1位 炭火焼きスペアリブのせごはん(cơm tấm)


著者撮影

コムタム」はベトナム南部の庶民料理。普通のお米の3分の1ほどの大きさの砕き米を炊いたものに、おかずをのせたワンプレート料理です。おかずは下味を漬けて炭火で焼いた豚のスペアリブ(sườn nướng)がメイン。きゅうり&トマト、なますが添えられます。半熟の目玉焼きや卵とひき肉の蒸し物など他のおかずを追加することもできます。


著者撮影

ホーチミンの街を歩いていて、炭火焼きのいい匂いがしてきたら、路上でスペアリブを焼いている確率が高いです。ベトナムでは朝からがっつりコムタムを食べる人も多いです。

 

上位3位はすべて豚肉料理となりましたが、どれも本当に美味!フォーやバインミーなど定番のベトナム料理を味わったら、ぜひ記事で紹介した料理も試してみてくださいね。

 

(text & photo:グッチ)

 

ぐるりホーチミン歩き 〜美味しいと可愛いを探して〜
その他の記事を読む>

 

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム