タイ
グルメ
辛くて美味しい!

バンコクの大人気ラオス料理店「ラオトムラオ」がトンローへ移転オープン

著者撮影

2019年1月末にバンコク旧市街にオープンするやいなや、瞬く間に人気店となったラオス料理店「Lao Dtom Lao(ラオトムラオ)」が先日トンローに店舗を移転。旧店舗に比べ、各段にアクセスしやすくなった新店舗に足を運んでみました。

本文を読む


Lao Dtom Laoの新店舗は、BTSトンロー駅から車で2分ほどの場所にある商業施設「Seenspace Thonglor」の2階にオープンしました。


著者撮影

一見するとダイニングバーのような素敵な外観に驚きつつ店中に入ると、インテリアもとびきりおしゃれ。スタイリッシュで洗練された空間はカップルのデートや女性同士の食事の場としてぴったりです。


著者撮影


カラフルでポップ なメニュー 著者撮影

Lao Dtom Laoではラオス人シェフが手掛ける田舎風ラオス料理を提供。メニューの多くは辛い料理から構成されており、本格スパイシーな現地の味を楽しめるのが魅力です。


ハーバルビーフスープ(180バーツ/約650円) 著者撮影


ラオス風サラダ「タム」(95バーツ/約340円) 著者撮影

辛くて美味しい料理にお酒もついつい進みます。ラオスのビール「ビアラオ」や店オリジナルのカクテルにも是非挑戦を。

著者撮影

日本人にとっては馴染みの薄いラオス料理ですが、しばしば混同されがちなタイ・イサーン料理とは似て非なる部分も多く、奥の深い料理だと思います。バンコクに滞在する機会があれば、Lao Dtom Laoで本格ラオス料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム