タイ
観光
大人も楽しめる!

バンコクにある、ドゥシット動物園

1913471_711587278873424_1576310647_o-1-680x906

「疲れたー、もう嫌ーっ」てモヤモヤしちゃう時がたまにありますが、そういう時は、気分転換にローカルな場所に行くようにしています。先週は、仕事として取材で行って以来好きになったドゥシット動物園で遊んできました。

本文を読む


ひとりで。

BTSのアヌッサワリー・チャイ(ヴィクトリーモニュメント)駅からバスで10分くらい。バンコクの街中から簡単に行ける動物園です。行き先に「カオディン」とタイ語で書いてあるバスに乗ればOK。乗務員のおばちゃんに「スワンサットドゥシット(ドゥシット動物園)に着いたら教えてね!」と伝えておけばさらに安心です。料金は12Bです。バスが難しければ、タクシーで行ってもいいと思います。おそらく40Bくらいでいけるのではないでしょうか?

入口で料金を払います。入場料は大人100Bです(外国人料金)。

(豆知識:動物園にかぎらず、いくつかの場所でタイ人料金より高い外国人料金が設けられていますが、タイの労働許可証を提示すれば外国人でもタイ人料金になるんですよ。)

急に思いたっていったので、園についたのは16:00くらい。大好きなアシカのショーは最終回が15:00なので間に合いませんでした。残念。

園内はトラムも走ってますが、いくつかレンタル自転車ブースもあります。1時間50Bと特に安くもないので、まる一日の移動手段としてではなく、サイクリングを楽しむ目的で私はいつも利用しています。

トラやワニを見て、ヤギに餌をあげて、湖の足漕ぎボートで遊んで・・・・。二時間という短い滞在時間の割にはかなり満喫出来たと思います。

1979293_711587212206764_1713795043_o

↑ワニの背中が好きです。

写真 2 (3)

↑やぎには20Bでミルクや野菜をあげることができます。みんな必死な形相でよってくるところが怖くもあり、可愛くもある。

お勧めは大きな鳥のコーナー。さすが南国!というようなサイズやカラフルな鳥は迫力満点です。また、ドゥシット動物園の人気者といえばカバのメーマリ(マリお母さんという意味)。メーマリやその子どもたちが泳ぐ様子が水槽で見られますので興味があれば行ってみるのもいいと思います。

日曜日だったので、普通のタイ人のカップルや家族が楽しそうに過ごしていました。そういうなんでもないタイ人の普通の休日を眺めながらのーんびりできるのが好き。

ひとり動物園もいいものです。

写真 4 (2)

足漕ぎボート。ひとりだと転覆しそうだったので、係りのおじさんにつきあってもらいました。楽しかったです。一期一会ですね。

IMG_0285[1]

20Bで作れる記念メダルを集め始めました。サイアムの水族館、サイアムオーシャンワールドや、チョンブリーのカオキアオ動物園とドゥシット動物園で作った。売店などにひっそりとマシーンがあるんで探してみてくださいね。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム