タイ
ショッピング

カオコータレープー・ナチュラルファーム ~タイオーガニック製品の先駆者を訪ねて~

DSCF0576

タイでも今でこそ、「オーガニック」という言葉は当たり前となり、いたるところでオーガニック・フェアが開催されるまでになった。

しかしそれもここ数年のこと。

それまでオーガニック、という言葉もその意味も知らない人の多い中、地道に自社製品の開発を続けてきた企業がある。それが、お土産の定番にもなっている「カオコータレープー」だ。

石鹸などの主要製品はバンコクの主要スーパーで売られていて、質の良さと価格の安さから根強いファンも多い。

今回ご紹介するのは本家本元、カオコーにあるオーガニックファームをはじめとする、レストラン、スパ、ショップ、リゾート併設の巨大施設だ。

DSCF0572

入口に、大きな看板が立っているのでわかりやすい。

広大な敷地内を散歩して歩くのもよし、高台からの景色は期待できないが、一泊700B-3000Bとリーズナブルに泊まれるリゾートに宿泊するもよし、カオコータレープーの製品を上から下まで買い揃えるのもよし。

バンコクから車で約380kmと、決して気軽に来れる場所ではないが、それでもせっかく来たら是非立ち寄って欲しいのが、併設のレストランだ。

__ 3

まさに産地直送。今、そこで育てている植物たちの採れたて野菜サラダ。このお花たちも生でおいしく頂くことが出来る。ドレッシングももちろん手作り。きのこは揚げてあるという手の込みよう。

__ 1

いろいろなきのこがぎっしりと入ったきのこのトムヤム。酸っぱ辛い風味ときのこの出汁が口をスッキリとさせてくれる一品。

__ 2

私が必ず頼むのが、このチャーハン。実はこちら、お米も育てているのだ。数種類の中でも、つぶつぶの食感を感じる玄米を使ったチャーハンは、お米に負けないくらいの量のお野菜もたっぷり混ぜられている。

__ 4

同じく玄米をつかった鶏肉のカレー炒め。ハーブの香りが強く混ざり合い、タイ料理の奥深さを感じられる。

__ 5

サービスに頂いたバナナは、ショップで販売している黒ごまをつけて。OMEGA3たっぷりとのことで、この後黒ごまを買ったのは言うまでもない。

DSCF0622

カオコータレープーの製品は、驚くほど多岐に渡る。

DSCF0615

 

DSCF0616

 

DSCF0610

シャンプーなどのヘアケア製品から、石鹸、バーム、ココナッツオイル、アロマオイルやルームスプレー、お水、ハーブティー、ジャム、クッキー、そして新鮮野菜にお米など。

すべてのものがバンコクのスーパーで気軽に手に入るわけではないが、バンコクにもカオコータレープーの直営店があるため、気になる方はこちらに足を運んでみても。(バンコクの直営店は、ショップ、スパ、レストラン併設)

外からも内からもキレイになれる要素がたっぷり詰まったオーガニックファーム。バンコク近郊での旅に飽きてきたら、候補に入れてみてはいかが?

 

こちらも合わせてCheck!
>>海外上級者の旅スタイル!レンタカーで行くタイのスイス「カオコー」

>>人気タイ料理「ガイヤーン(鶏の炭火焼)」の聖地でイサーン料理

 

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム