タイ
ショッピング

タイ土産選びに欠かせない!プチプラコンビニ土産 ~カップラーメン編~

各地のコンビニに行くことは、海外旅行の楽しみのひとつ。

タイには全国にセブンイレブンがあり、多い地域には3軒となりにまたセブン、というところも。

たっぷり予定を詰め込んで、はっと気づいたら最終日。
お土産、買ってなーい!!!
ということになっても大丈夫。

ということで今回は、プチプラコンビニ土産の代表格、カップラーメン編をご紹介します。

pic1

1.MAMA グリーンカレー味
MAMAとは、タイで1番代表的な即席麺メーカー。タイ人は即席麺の事を「ママー」と呼ぶくらい、その名を轟かせています。
グリーンカレーは、日本人にも馴染みのある、タイ料理の代表格。日本でいう、「カレー味」のように、スパイシーでまったりとしたスープが麺に絡み、病みつきになりそう。

Pic2

2.MAMA トムヤムクン(ナムコン)センミー
お次もMAMAから。トムヤムクンのナムコンとは、ココナッツミルク入りのトムヤムクンのこと。そして、センミーとは、米麺の極細麺のこと。細い米麺と濃厚なトムヤムクン。カップラーメンじゃないみたいな本格的な味。パッケージがプラスチックでピンク色なのも、女子のツボかも。

Pic3

3.NISSIN カップラーメン ムーマナーオ
最近タイでプロモーションを頑張っている我らが日清から、カップヌードルのムーマナーオ味。日清はまず、麺が他社に比べてしっかりしていて食べごたえがある印象。ムーマナーオとは、豚肉のレモン和えのことだが、辛味と酸味が効いていて、夏でもさっぱりと食べられる味。

他にも手にとってみるだけでも楽しくなるような、カラフルなカップラーメン売り場。タイ文字が読めなくても、写真でどんなフレーバーなのかを想像しながら買ってみるのもいいかもしれません。

ひとつだけ、注意!
どれもタイ人仕様なので、とっても辛いです!辛そうな調味料は、量を調節しながら入れてみてくださいね。

番外編

IMG_9874

店内で寛ぐ看板犬。

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム