TRIPPING! トップ × ASEAN × シンガポール × シンガポールの火渡りの奇祭!ヒンズー教「ティミティ」
Loading
2015.10.8 11:24
この著者の記事 シンガポール祭り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年10月~11月、光の祭り「Deepavali(ディーパバリ)」の1週間前の月曜日に執り行われるヒンズー教の祭り「Theemidhi(ティミティ)」。別名「Fire Walking Festival(火渡りの祭り)」とも呼ばれる奇祭は、2015年は11月1日を予定。本国インドではその危険性から禁止されていると言われる奇祭を、シンガポールで目撃しよう!

本文を読む


 

ティミティの由来

Sri Veeramakaliamman Temple_HR_04_Fotor
 
ティミティの起源は叙事詩「Mahabharata(マハバーラタ)」。Queen Draupadi(女神ドラウパディ)が純潔を疑われ、その潔白を証明するために、熱せられた炭の上を裸足で歩いたという伝説が由来となっている。

何千人ものヒンズー教徒は、信仰心のために火渡りを行い、これにより神のご加護を受けられるという。オレンジ色に光りながら燃える炭を花に見立てて、「Flower Walking(フラワー・ウォーキング)」と呼ぶ人も。

 

儀式が行われる「スリ・マリアマン寺院」

2015_Sri Mariamman Temple_Hi-Res_03 (Danny Santos)_Fotor
 
儀式に参加する16歳以上の男性信者は、数週間前から野菜食を摂り、儀式に備える。火渡りをする直前にお清めをするのが、リトル・インディアのMRTファーラーパーク付近「Sri Srinivasa Perumal Temple(スリ・スリニバサ・ペルマル寺院)」。ここで日付が変わる頃お清めを終え、午前1時過ぎにはチャイナタウンに位置する「Sri Mariamman Temple(スリ・マリアマン寺院)」まで歩いて移動。いよいよ炭の上を歩く火渡りの儀式本番だ。

Sri Mariamman Temple_HR_03

この祭りの重要アイテムがNeem(ニーム)の葉。アーユルベーダでは伝統的治療薬としてこのニームが使われ、ヒンズー教では大切にされている意味のある植物。信者は常にNeem(ニーム)の葉を手に持ち儀式を遂行する。また、信者が体に纏う「黄色」の布もポイント。ヒンズー教では「純粋」や「精錬」を意味し、お祝いの色とされる黄色。衣装はもちろん、街中の装飾にも黄色が溢れる。

 

炭の道は4メートル以上

4メートル以上続く炭の道を歩く信者の中には、子供を肩に乗せて渡る者も。従順な信仰心を持つものは火傷を負わないと言われている。国内外から集まった何千人ものヒンズー教徒が、大行列をなして順番に火を渡って行く様は圧巻。火渡りの儀式の様子は、寺院の2階や柵の外から見学できる。寺院では、無料でインド料理の振る舞いも。

シンガポールに居るからこそ観られる奇祭を目撃しよう!

  
©All photos to Singapore Tourism Board

地図・詳細はこちら

Sri Mariamman Temple

mapボタン

この記事のタグ

シンガポール祭り
  • シンガポールの情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選

のんびりとした空気が魅力の小さな首都

ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選
これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧

リゾートもダイビングも楽しみたい欲張り派に

これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧
ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅

ジェットスターで行くベトナム旅 後編

ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅
新たなベトナムの魅力に出合う! “ダナン拠点”のベトナム旅

ジェットスターで行くベトナム旅 前編

新たなベトナムの魅力に出合う! “ダナン拠点”のベトナム旅
シンガポールチャンギ空港、第4ターミナルが開業

シームレスな搭乗体験を実現

シンガポールチャンギ空港、第4ターミナルが開業
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu