ミャンマー
カルチャー
仏像に金箔を貼って運気アップ!

黄金に輝く仏塔が美しい!バガンの「シュエジーゴン・パゴダ」

©︎TRIPPING!

ミャンマーの世界遺産バガンにある「シュエジーゴン・パゴダ」は仏塔も基壇も金箔で覆われた、バガンを代表するパゴダ。11世紀にバガン王朝屈指の征服王であるアノーヤター王によって建設がはじまり、次代のチャンシッター王が完成させた。他のパゴダに比べて太さがありふっくらとしている仏塔のフォルムは、権力の象徴と言われている。

本文を読む



©︎TRIPPING!


©︎TRIPPING!


©︎TRIPPING!

境内にある小さなお堂に祀られた恰幅のいい仏像は、家内安全、無病息災など、自分の身のまわりのことを祈祷する仏像で、宝くじの当選を祈る人も多いそう。


©︎TRIPPING!

約3㎝四方の金箔を購入して貼ることのできる仏像も ©︎TRIPPING!

「シュエジーゴン・パゴダ」が、太陽の光を反射し黄金に輝く姿は圧巻。バガンに訪れる際は、ぜひ訪れてみて。

このスポットが紹介されている特集記事はこちら

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム