TRIPPING! トップ × ASEAN × マレーシア × ランカウイ島 × 手つかずの自然に囲まれたリゾートアイランド「ランカウイ島」
Loading
2016.12.19 12:16
マレーシアのリゾート「ランカウイ島」特集 前編

手つかずの自然に囲まれたリゾートアイランド「ランカウイ島」

この著者の記事 マレーシアリゾート マレーシア離島 ランカウイ ランカウイホテル ランカウイ5つ星ホテル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真提供:マレーシア政府観光局

エメラルドグリーンに輝く海に、緑が生い茂る山々……。東南アジア屈指の美しい自然を擁するマレーシアのリゾートアイランド「ランカウイ島」。忙しい日常を離れ、手つかずの自然に囲まれた環境で存分に癒されたい!という人にぴったりのデスティネーションだ。

本文を読む


 

ランカウイ島ってどこにあるの?


 
マレー半島の北西に位置する99の島からなるランカウイ。マレーシアの中でも北寄りで、すぐそこはお隣の国、タイ。 日本からランカウイまでは、マレーシアのハブ空港であるクアラルンプール空港で乗り継いで約9時間半。日本を午前中に出発すれば、夕飯時にはランカウイに到着できる。

©TRIPPING!

日本からランカウイ島を訪れるのに便利なのが「マレーシア航空」。マレーシア最大の航空会社は、首都クアラルンプールとランカウイ島を繋ぐフライトが充実。成田、関空それぞれから午前出発のフライトを運航中。

※マレーシア航空 日本発⇒クアラルンプール 午前便
成田空港(毎日) 10:30発 / 関西空港(毎日) 11:00発 (2016年12月13日現在)

※成田空港からは月金土の週3便21:40発クアラルンプール行き、および月木の週2便09:30発コタキナバル行き直行便の就航もあり。

©TRIPPING!

マレーシアのナショナル・フラッグシップキャリアであるマレーシア航空は、スカイトラックス社が発表する「5スターエアライン賞」を今までに5回受賞。洗練されたホスピタリティー溢れるサービスが定評だ。

日本路線に導入されているA330型機では、すべての座席でオンデマンドのエンターテインメントを楽しめるパーソナルモニターを装備し、日本-クアラルンプール間のA330型機では、全席にUSBポートを装備。機内食はすべてハラル・フードで提供しているのもマレーシアの航空会社ならでは。

マレーシア航空
>>運賃、運航スケジュールを調べる

 

ランカウイ島ってどんな島?

写真提供:マレーシア政府観光局

温暖な気候と豊かな自然を生かしたカヤックやクルーズなどのアクティビティや、ラグジュアリーなホテルステイを満喫できるのも、ランカウイ島を訪れる醍醐味。

ラグジュアリーリゾート「ザ ダナ ランカウイ」   ©TRIPPING!

さらに島内がまるごと“免税”になっているので、ショッピングセンターやスーパーマーケットなどでお得にショッピングができるのが嬉しい。

街の雑貨店   ©TRIPPING!


マレーシアのビーチサンダルブランド「Flipper」  ©TRIPPING!

ランカウイ島は、マレーシアの定番土産「なまこ石けん」の産地としても有名なので、島内各所のなまこ石けん工場やショップを巡るのもおすすめ。保湿性が高いなまこ石けんは『使うと肌がしっとりする』とリピーターの多い人気アイテム。ひとつRM9~10(約270~300円)ほどと、お土産にぴったりだ。

なまこ石鹸   ©TRIPPING!

島の主要スポットとしては、ショッピングセンターやレストランなどが集まる「クア・タウン」や、巨大な鷲のモニュメントがある「イーグルスクエア」が定番。

イーグルスクエア  ©TRIPPING!

島随一の絶景を楽しめる「ランカウイ・ケーブルカー」と「スカイ・ブリッジ」も外せない。島の面積は淡路島の2/3ぐらいなので、島内の主要スポットはレンタカーやタクシーで30分~1時間弱ほどで移動できる。

スカイ・ブリッジ   ©TRIPPING!

また歴史や伝説に興味があれば、美しい女性マスリの伝説が残る「マスリの墓」を訪れるのもいい。施設内にはマレーの伝統的な高床式の家の展示や、顔を洗うと10年若返るという伝説の井戸などがある。

マスリの墓   ©TRIPPING!

 
マレーシアのリゾート「ランカウイ島」の基本情報に続き、後編では「ランカウイでやりたい5つのこと」をご紹介!実際にどんな楽しみがあるのがチェックしてみて!

後編につづく>>

 
(text : Chihiro Komata)

  • ランカウイ島の情報を

    カテゴリ別にさがす

  • グルメ ショッピングビューティ 観光
    カルチャー ビジネス 基本情報

best

best

やっぱり人気!シュエダゴンパゴダを望むミャンマーのルーフトップバー

「シュエダゴンパゴダに乾杯!」とはいかないものの……

やっぱり人気!シュエダゴンパゴダを望むミャンマーのルーフトップバー
アンコール遺跡観光に役立つ、基本TIPS3つ

個人旅行者必見!

アンコール遺跡観光に役立つ、基本TIPS3つ
ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選

のんびりとした空気が魅力の小さな首都

ラオスの首都ビエンチャンで訪れたい観光スポット4選
これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧

リゾートもダイビングも楽しみたい欲張り派に

これからがベスト! タイ・カオラックならデイトリップで大物三昧
ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅

ジェットスターで行くベトナム旅 後編

ダナンを拠点に楽しむ!“世界遺産巡り”の旅
more
more

Editor's Choice!

arrow_01
menu