マレーシア
ショッピング
東南アジアならではのアイテムをスーパーでゲット

スーパーでお土産ハンティング!在住者おススメのマレーシア土産10選 

近隣諸国へのアクセスがよく、東南アジアのハブとして機能しているマレーシア・クアラルンプール。マレーシアのスーパーには、アジア各国のアイテムが豊富に揃っており、お土産ハンティングにうってつけ!

今回は、スーパーで見つけた、おすすめマレーシア土産をご紹介します。

本文を読む


1. キュートなデザイン缶パッケージ『BOHティー』

筆者撮影

マレーシア発の紅茶ブランドといえば、高原であるキャメロンハイランドで栽培されているBOHティー。スーパーでは種類豊富なBOHティーが売られており迷ってしまいますが、女性におススメなのがこちらのデザイン缶のもの。ボタニカルなデザインが施された缶の中に、使いやすいティーバッグが入っており、そのままキッチンに置いてもお洒落です。

 

2. 『OLD TOWN WHITE COFFEE』インスタントコーヒー

筆者撮影

マレーシアのホワイトコーヒーといえば、その発祥となった老舗店「オールドタウンホワイトコーヒー」が有名です。濃厚で甘いコーヒーは、マレーシアに来たら1度は体験してほしい名物ドリンク。「オールドタウンホワイトコーヒー」での一杯が気に入ったら、是非ともお土産にして欲しいのがこのインスタントタイプ。お湯を注ぐだけで簡単にホワイトコーヒーを自宅で味わえます。「Less Sugar(甘さ控えめ)」「Mocha(モカ)」などのバリエーションがあるので、お好みのものを選ぶのが◎。

 

3. 『化学調味料不使用のアジア料理調味料』

筆者撮影

エスニック料理好きな方へのお土産にピッタリなのが、チキンライスやタイカレー、ラクサなどのお料理を簡単に作れる調味料。日本の輸入食品店で買うよりも安く買うことができます。スーパーにズラっと並ぶ調味料の中で、注目して欲しいのが「NO MSG」「No Preservatives」「No Artificial coloring」という文字。これはそれぞれ、「化学調味料不使用」「防腐剤不使用」「人工着色料不使用」という意味。中身の成分が気になる方は、是非この表記の有無をチェックしてみてください。

筆者撮影

 

4. 『AYAM(アヤム)』ココナッツミルク

筆者撮影

エスニック料理を作る方に喜ばれるのが、お料理やデザートのコクを出すアイテムとして欠かせないココナッツミルク。スーパーに豊富に並ぶココナッツミルクの中で、おススメはマレーシアの老舗ブランド「AYAM (アヤム)」のもの。日本でも輸入食品店ではよく見られる人気ブランドで、日本で買うよりもかなりリーズナブルに買う事ができるんです。ちなみに写真の200ml入りは、日本円でおよそ74円。注意点は、液体なので機内に持ち込む手荷物には入れられないこと。預け荷物に入れることをお忘れなく!

筆者撮影

 

5. サラワク産『ブラックペッパー&ホワイトペッパー』

筆者撮影

実はマレーシアは、胡椒の生産国世界第6位。その中でもほとんどの胡椒が東マレーシアにあるサラワク州という地域で作られています。日本で販売されている有名ブランドの胡椒も、よく見ると「サラワク産」と書いているものも。本場の薫り高いブラックペッパーやホワイトペッパーをお土産にしてみてはいかがでしょう。

筆者撮影

 

6. ミネラル豊富な『ヒマラヤソルト』

筆者撮影

食用だけでなく、マッサージやバスソルトに使うなど、美容アイテムとしても大人気のヒマラヤソルト。日本ではお値段が高い印象ですが、ここマレーシアでは驚くほどリーズナブルに買う事ができちゃいます。例えば下の写真のパキスタン産ヒマラヤピンクソルトは、たっぷり500g入って日本円でおよそ81円と超プチプラ!重量がありかさばってしまうので沢山は買えませんが、荷物に余裕があれば、自分へのお土産にも是非買っていきたいアイテムの一つです。

筆者撮影

 

7. 『チアシード』・『デーツ』など話題のスーパーフード

筆者撮影

筆者撮影

日本で話題のスーパーフード、チアシードやデーツもマレーシアではスーパーで気軽に購入が可能です。特にデーツはマレーシアに多いイスラム教徒の方々にとってはお馴染みのフルーツ。日本で買うものよりも、大粒で質のよいものが揃っています。また、栄養豊富でダイエット効果が高いと言われるチアシードも、日本に比べるとお手頃価格で購入が可能。持ち運びやすく、かわいいパッケージで小分けにされたユニークなオーガニックチアシード(日本円でおよそ426円)も見つけました。

筆者撮影

 

8. ユニークなパッケージが目印『ショウユミー』

筆者撮影

ちょっと怪しげな日本語が書かれているこちらのお菓子、実はマレーシアのスーパーやコンビニに必ず並ぶ、大人気のヌードルスナックなんです。カリカリのヌードルスナックに、万人受けする甘じょっぱいフレーバーがついており、子どもの頃に大好きだった日本のヌードルスナックを思い出させてくれます。おススメは、緑のパッケージのオリジナルフレーバー。怪しい日本語のユニークなパッケージも、「マレーシアにこんなの売ってたんだよ」と話のネタになりそうです。

 

9. 東南アジアのご当地テイスト『日清カップヌードル』

筆者撮影

日清のカップヌードルは、ここマレーシアでも人気のカップラーメンの一つ。東南アジアならではの、スパイシーテイストなカップヌードルをお土産にしてみてはいかがでしょう。私のおススメは、ピリ辛な中にシーフードの旨味も感じられる「Chili Crab(チリクラブ)」と「Black Pepper Crab(ブラックペッパークラブ)」、そしてマレーシア・シンガポール名物料理である「Laksa(ラクサ)」です。お値段は1つおよそ113円。日本では買えない特別感が嬉しいお土産となります。

カップラーメン チリクラブ味 筆者撮影

カップラーメン ブラックペッパークラブ味 筆者撮影

カップラーメン ラクサ味 筆者撮影

 

10. エスニックさ全開!『袋入りインスタントラーメン』

筆者撮影

気軽にローカルテイストを求めるなら、ローカルブランドの袋入りインスタントラーメンがおススメ。中でも「Indomie(インドミー)」のミーゴレンシリーズはローカルに大人気の定番ヌードル!また、2014年に「世界一美味しいインスタントラーメン」に輝いた「My Kuali」の「ペナンホワイトカレーヌードル」もお土産に大人気の商品です。どちらも日本の輸入食品店で買うと3倍~4倍のお値段がするので、お得感もかなりあり!

筆者撮影

アジア各国から特産品が集まるマレーシア。今回は「スーパーで購入できるお土産」にフォーカスしておススメの10アイテムをご紹介してみました。日本より物価が安いので、楽しくお土産選びできるのが嬉しいですよね。マレーシアは共働き世帯が多いため、土日のスーパーは大混雑することも。ゆっくりお土産選びをしたいなら、平日の午前中が比較的空いていておススメです。

 

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム