マレーシア
観光
基本情報(マレーシア・クアラルンプール)

時計台が目印!クアラルンプール「スルタン・アブドゥル・サマド・ビル」

1440
写真提供:マレーシア政府観光局

イギリス統治時代に連邦事務局としての役割を果たし、現在は裁判所として利用されている「Sultan Abdul Samed Building(スルタン・アブドゥル・サマド・ビル)」。その美しい煉瓦造りの建物と時計台は、見る者を優雅な気持ちにさせる。道を挟んだ向かいの「独立広場」からの光景はフォトジェニック。

本文を読む


 

美しい煉瓦造りの建物

スルタン・アブドゥル・サマド・ビルは、1897年にイギリスの植民地経営のために造られ、現在は最高裁判所として利用される歴史的建造物。イギリス建築のビクトリア様式と、イスラム建築のムーア様式の建築技術が融合する煉瓦造りの建物は、他に類を見ない美しさで見る者を圧倒する。
全長137メートルもある壮大な建物の中心には、高さ41メートルの時計台が設置され、クアラルンプールの観光名所として人々が多く訪れる場所。

 

独立広場からの写真を撮ろう

現在も裁判所として利用されているため、一般客が中に入ることはできないが、この巨大で美しい建物にはクアラルンプールを訪れたらぜひ足を運びたい。
南北に幅広く伸びるこの建物の全貌を眺めるには、Jalan Raja(ラジャ通り)を挟んだ向かいの「Merdeka Square(独立広場)」からがベスト。この広場は1957年、マレーシアの独立を宣言した歴史的場所でもある。

 
スルタン・アブドゥル・サマド・ビルには、プトラ線「Pasar Seni 駅」、もしくは「Masjid Jamek (マスジットジャメ)駅」で下車し、徒歩10分程度。

 
Sultan Abdul Samed Building(スルタン・アブドゥル・サマド・ビル)
・住所:Bangunan Sultan Abdul Samad Jalan Raja Laut 50350 Kuala Lumpur, Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan, Malaysia
・入場料金:入場不可
・アクセス方法:

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム