カンボジア
観光
遺跡観光の合間に楽しみたい!

女子におすすめの1DAYフリープラン@シェムリアップ

Photo: Park Hyatt Siem Reap

アンコール遺跡観光の合間に、ぽっかり1日空いてしまったけど…何をしよう?ということ、ありますよね。そんな時に最適な、シェムリアップの滞在を120%楽しめるモデルプランをご提案!ローカル体験あり、スパあり、アフタヌーンティーあり…と女性に嬉しい盛り沢山のプランです。

本文を読む


今回ご紹介するコースは、街の中心・オールドマーケットから始まり、オールドマーケットに終わるというもの。すべて徒歩で回ることを想定しています。遠出をしなくても、主要なスポットがぎゅっと詰まっているのがシェムリアップのいいところ。

それでは、シェムリアップ1DAYツアーの始まりです!

 

9:00 オールドマーケットで地元の熱気を感じる!


コミュニケーションの場でもある市場 著者撮影

まずはカンボジア人の台所「オールドマーケット」を覗いてみましょう。カンボジア女性は、朝一番に市場へ買いだしへ行くのが日課です。生鮮売場では「いくら?」「ちょっとまけてよ!」などと、元気な声が響き渡って活気でいっぱい!通常ツアーでは、午後に立ち寄ることが多いのですが、その頃にはこの様子は見られません。地元の人の生活を垣間見れる、貴重なひとときです。

季節のフルーツが並ぶ 著者撮影

 

9:30 正統派レストランでゆったりクメール朝食

ガーデン席で開放感いっぱいの朝食タイム 著者撮影

さて、ローカル体験の後は、少し遅めの朝食をとりましょう。マーケットから川沿いに少し北上した場所にあるレストラン「マリス」は、上品なクメール料理を味わえる名店です。クイティウ、肉のせごはん、お粥など、朝食メニューが豊富に揃っています。とっても高級な雰囲気なのに、1品4USドル~とお財布にやさしいのもポイント高し!

マリス・レストラン Malis Restaurant

住所 Porkambo Ave., Siem Reap
電話 (+855)15-824-888
時間 6:30~22:00(朝食は6:30~10:00)
HP https://www.malis-restaurant.com/siemreap/

 

10:30 デイスパのパッケージで極上の癒し体験

植物の絵をあしらった明るいスパルーム Photo: Frangipani Spa

シェムリアップの嬉しいところは、素敵なスパが沢山あってしかも安いこと!日本では手の出ないような贅沢パッケージも、ここではその半額以下、ということも珍しくありません。

今回ご紹介するのは、カンダール・ビレッジにある「フランジパニ・スパ」。新旧の交代が激しいこの街で、10年以上も看板を守り、愛され続けている老舗の実力派スパです。

単品メニューもありますが、せっかくなのでパッケージにチャレンジしてみましょう。「フランジパニ・リラクシング(127USドル/195分)」は、ボディスクラブ、アロマテラピーマッサージ、フェイシャルといったフルコース。日ごろがんばる自分にご褒美しましょ♪

フランジパニ・スパ Frangipani Spa

住所 No.24 Hup Guan St., Siem Reap
電話 (+855)12-982-062
時間 10:00~22:00
HP http://frangipanisiemreap.com/jp

 

14:00 アフタヌーンティーで遅めのランチ&ティータイム

生春巻きや甘味などが楽しめるクメールセット Photo: Park Hyatt Siem Reap

スパでピカピカになった後は、ラグジュアリーな気分そのままに5つ星ホテルへ!スパから徒歩5分、パークハイアット・シェムリアップのラウンジ「リビング・ルーム」で、アフタヌーンティーのランチ&ティータイムはいかがでしょう?

アフタヌーンティーセットはウェスタン(25USドル++)とクメール(28USドル++)があり、お茶はおかわり自由。通常のフードメニューやドリンクもあるので、お好みでそちらもどうぞ。

ふかふかのソファでくつろぎたい Photo: Park Hyatt Siem Reap

書斎をイメージしたリビング・ルームは、まるで街中の隠れ家のよう。コロニアル風の調度品もおしゃれです。落ち着いた時間が流れる中、午後のひとときをまったり過ごすのに最適です。

リビング・ルーム The Living Room

住所 In Park Hyatt Siem Reap, Sivatha Blvd., Siem Reap
電話 (+855)63-211-234
時間 6:30~深夜(アフタヌーンティー:14:00~17:00)
HP https://www.hyatt.com/en-US/hotel/cambodia/park-hyatt-siem-reap/repph/dining

 

16:00 名店は路地裏にあり!?オールドマーケットエリアでお買い物

Photo: SUSU

日が少し陰り始めたら、街へお土産ハントへ出かけましょう!ショップが集まるオールドマーケット周辺ですが、路面店もさることながら、路地裏にこそセンスの良いお店が隠れているんです。今回はその中から、とっておきの2店をご紹介します。

1.SUSU

底部分がイグサのオリジナル商品。人気は中央右のポーチM(15USドル) Photo: SUSU

郊外にある工房で農村の女性たちが手作りしている雑貨ブランドSUSU。パブストリートとレーン通りをつなぐ路地にあります。カンボジア産のイグサを使ったトートバッグ(20USドル~)は丈夫で使いやすく、在住日本人にもユーザーが多いんですよ。
日本では「SALASUSU」という新ブランドで展開を始めていますが、この元となったSUSUはシェムリアップ限定!ご当地グッズを手に入れちゃいましょう。

スースー SUSU

住所 The Lane, Siem Reap
電話 (+855)93-633-866
時間 14:00~22:00
HP https://www.school.salasusu.com/susu

2.Ashi

右の恐竜柄はタ・プローム遺跡のレリーフがモチーフ Photo: Ashi

こちらは、破れにくく加工されたバナナペーパー「Ashi」を使った雑貨店。シヴァタ通りからオールドマーケット方面へ1本南にある、7番通りの路地にあります。
注目は、今年登場したカラフル&ポップなプリント柄シリーズ。特に、遺跡レリーフやフルーツなど、カンボジアらしいイラストをあしらった柄ポーチ(M:8USドル、S:6USドル)は、どれもかわいくて迷っちゃう!かさばらないのでお土産にもぴったりです。

アシ Ashi

住所 St.7, Siem Reap
電話 (+855)96-876-2010
時間 9:00~22:00
HP http://kumae.net/ashi/

 

18:00 パブストリートへGO!カンボジアンカクテルで締めの一杯

夜になると賑わいをみせるパブストリート 著者撮影

さて、楽しかった一日も終わり。今日を振り返りつつ乾杯しましょう!パブストリートは、いわばシェムリアップのストリートバル。気軽に一杯飲める店がずらりと並んでいます。女性ひとりでふらりと入っても、全然問題ありません。
ドラフトビールも最高だけど、私のおすすめはモヒート。モヒートといえば、ライムやミントが効いた爽やかなカクテルですが、カンボジアのモヒートはとっても贅沢なんです!

カンポットペッパーモヒート(4.75USドル) 著者撮影

こちらは、パブストリートの入口(東側)にあるバー「バナナリーフ」のモヒート。生コショウとライムに、これでもか!というくらい沢山のフレッシュミントが入った、ザ・カンボジアンカクテル。口に葉っぱが入ってくるのが玉にキズですが、こんな贅沢なカクテルは現地ならでは。ぜひ、カンボジアの自然を味わってください。

バナナリーフ Banana Leaf

住所 Pub St., Siem Reap
電話 (+855)63-966-441
時間 17:00~1:00
HP https://bananaleaf-restaurant.com/

 
(text : 矢羽野 晶子)

 

【連載】シェムリアップてくてく散歩 〜楽しくて、ちょっとディープな街歩き~

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム