カンボジア
ショッピング
つけるだけで華やぐ!

お土産にもぴったり!カンボジア発アクセサリー「Graines du Cambodge」

著者撮影

年中ほぼ夏服のカンボジアでは大ぶりでカラフルなアクセサリーが重宝します。ここシェムリアップでも可愛いアクセサリーがたくさん見つかるんですよ。
日本ももうすぐ夏、ということで、今回は夏のファッションに似合いそうなカンボジアならではのアクセサリーをご紹介します!

本文を読む


 

意外な素材で作られているアクセサリー

著者撮影

小豆ほどのサイズのビーズのような何かでできたネックレス…一体何だと思いますか?実はこれ、種なんです!カンボジアにある木から採れる実の種、これを素敵なアクセサリーに変身させているのが「Graines Du Cambodge」(グレインドゥカンボッジ)というブランドです。

 

鮮やかな色に目が釘付け

著者撮影

驚くのは素材だけではありません。こんな燃えるような真っ赤な色の着色なんだろう…と思いきや、なんと100%天然!とのこと。種として採れた時点ですでにこの色なんだそう。赤以外にも、白、ブラウン、ベージュがあり、もちろんすべてナチュラルカラー。豪華一点主義で赤、何にでも合わせやすそうなアースカラーと、好みに合わせて選べるのが嬉しいですね。私も白のネックレスを持っていますが、まったく飽きがこず、どんなコーディネートにも使えるので重宝しています。

 

お店の2階で手作り

著者撮影

ネックレスやブレスレットを中心に商品が揃っており、全て手作りされています。お店の2階が工房で、若い女性たちが所狭しと集まってもくもくと作業に取り組んでいました。使える種の選別、穴あけ、製作、とそれぞれ担当が決まっていて、デザインはオーナーであるカンボジア人のラニーさんが手がけています。オールドマーケットエリアにある直営の2店舗に加え、市内の土産店や、5つ星ホテルのブティックに卸しているそうです。

 

目移りしてしまうアクセサリーの数々

著者撮影

店内には、シーズアクセサリーのほかに、天然石を使ったペンダントヘッドやブレスレットなどもおいてあり、アクセサリーで埋め尽くされています。ゆっくり買い物しやすい広さの店舗も高ポイントです。

 

散策中立ち寄りやすいロケーション

著者撮影

写真の店舗はオールドマーケット北側にあります。飲食店や土産店が並ぶ通りなので、散策中に気軽に立ち寄れますよ。

ラニーさんがふと目にした種を手にとり、「これで何かできるかもしれない」という直感から始まったというこのブランド。それは、彼女が人生を模索していたときだったそうなのですが、今では市内に2店舗を構えるほどの成功ぶりです。そんなストーリーにも元気をもらえそうなアクセサリーを、いつものコーディネートに加えてみてはいかがでしょうか?

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます