ベトナム
カルチャー

ベトナムの銀行が設置したATM付き公衆トイレ

ホーチミンのトイレ事情

海外旅行の際、気になることのひとつがその国のトイレ事情

ホーチミンは公衆トイレの数自体が少なく、あったとしても有料で1回2,000VND(10円)ほど使用料がかかります。有料でも衛生的ではないので、もし街歩き中にトイレに行きたくなったら、デパートやホテルのトイレを使用することをおすすめします!

IMG_0110

Sacombankが設置したきれいな公衆トイレ

トイレ事情があまり良くないホーチミンのために、ベトナムの銀行・Sacombank(サコムバンク)が資金援助をして、今年きれいな公衆トイレを市内に12基設置しました。

(2014年3月時点での数。今はもっと数が増えているかもしれません)

 

旅行者の方が行かれる可能性がある場所は、9月23日公園とタオダン公園でしょう。今回はベンタイン市場からもバックパッカー街からも近い、9月23日公園のトイレをご紹介!

IMG_0108

外観、とてもきれいです!
バリアフリーなので、車椅子の方でも快適に利用できます。

外にはベンチがあるので、連れ合いを座って待つことができますね。

IMG_0110

銀行が作ったトイレだけあり、外にはATMが設置されています。

IMG_0113

利用するときは入口でスリッパに履き替えましょう。

IMG_0111

中は比較的清潔ですよ。

ホーチミンでトイレを使用する際の注意点

・男性用トイレには「NAM」、女性用には「NU」と書かれています。

・デパートやホテルでもトイレットペーパーがないことがあるので、ポケットティッシュを持ち歩くようにしましょう。

・使用済みのトイレットペーパーはトイレに流さず(下水管が詰まってしまうため)、横に置いてあるカゴに捨てましょう。

・トイレの横に設置されているシャワーはお尻洗浄用のものです。

 

あなたにおすすめ

何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

RECOMMEND COLUMN
連載コラム

RECOMMEND
COLUMN
連載コラム