ベトナム
グルメ
木のぬくもりを全身で感じられる空間

わざわざ行く価値がある、ハノイの癒やし系隠れ家カフェ

著者撮影

カフェ天国のハノイ。どんなに町外れでも、ひと角ごとにカフェがあります。ベトナムの人は休憩時間(仕事時間でも?)は、とにかくみんな一緒にコーヒー飲みながら話します。仕事の話も、恋の話も、家庭のことも。

そんなカフェ天国のハノイに住んで、出会った瞬間「あぁ、ここ私が探していた場所だ…」と思ったカフェを紹介します。カフェ全体にやさしい時間が流れていて…。深呼吸を思わずしてしまう、そんな場所です。

本文を読む


 

にぎやかな旧市街地から少し離れて

著者撮影

ハノイ観光の中心地。大聖堂からタクシーに乗って30分ほど。少し郊外に今回紹介したい『Nabe Coffee』があります。このあたりは市街地のにぎやかさはなく、ベトナム人の普段の暮らしをかいま見れるエリアでもあります。

著者撮影

写真奥に見える小さなドアを入ります。扉の中には、オーナーさんがベトナム中から集めた、可愛らしい雑貨の数々。私が訪れたときは、小さな女の子がウクレレの練習をしていました。

カウンターで商品を注文し、先に代金を払います。そして好きな席を選ぶのですが…。

全席、家具と雰囲気が違うから…どこに座るか選べない!

1階の雑貨がたくさん置いてあるスペースもかわいい。でも2階は雰囲気が少し変わり、呼吸が深くなる木の香りで満ちています。

著者撮影

控えめな緑と、木製の家具の数々。ひとめ見た時、「あぁ、ここが私が欲しかった場所だ」と感じたのです。

著者撮影

ウッディーな雰囲気で統一されているものの、席ごとに違いがあります。どの席にするのか…決まりません! 嬉しいけど悩ましい。

著者撮影

お昼間は店内の灯りは最小限で。窓からさんさんと降り注ぐ太陽光が、店内を明るく照らします。どこまでも自然体な空間だから、肩の力がすーっとぬ抜けてしまいます。

著者撮影

3階は木工作品を作るアトリエになっています。自由に見学できますが、手を触れないように注意。またこのキッチン! かわいすぎやしませんか? 料理がきっと楽しくなる、そんな理想のキッチンです。

おすすめはベトナムの伝統的な夏の飲み物

著者撮影

写真は私のお気に入りの、ベトナムで古くから愛飲されているパイナップルとミントのジュース。カラカラに乾いた喉を、スッキリと潤してくれます。飲み物はコーヒーとフルーツジュースがメイン。値段は30,000ベトナムドン(約150円)から。市街地と比べると100円ほど安くとてもリーズナブルです。電源Wi-Fiも完備されているので、ここで作業やブログを書くのもおすすめ。

著者撮影

看板猫がお昼寝しながら、あなたを待っていますよ!



何をむ?

国名・都市名、ジャンルを選ぶと、読みたい記事を絞りこみできます

FEATURE
特集

のテーマ

のテーマ

立ち情報

立ち情報

KEYWORD
注目キーワード